なりきり掲示板(過去ログ)

【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】
日時: 2014/06/08 10:51
名前: Alice ◆PceToXXaTU

此処は水上国。海の上に浮かぶ国だ。
水中国、つまり水中にある国とは姉妹国である。

共通点は四つ。水関係の国、異能者がいる国、全て想像上の水族の血を受け継ぐ者であること。


そして最後は、全員が何かを失っているということ。



>>1…注意事項
>>2…登録書
>>3>>26…スレ主キャラ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14



Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.49 )
日時: 2014/06/08 22:19
名前: Alice ◆PceToXXaTU
参照: 千円札の裏の、水面に映る逆富士がアララト山だった件について←

「……」
久し振りだからか、二人だと会話が続かない。
仕事の応援をするべきか、普通の世間話をするべきか、唯に教わった事を此処で話し、伝えておくべきか。
此処は相手の目を見て感情を読み取ろうと思ったのだが、目を見た瞬間、何もされていないのに酷い頭痛が一瞬襲った。

Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.50 )
日時: 2014/06/08 22:20
名前: 隼希

「じゃあ行くか…」

諷李「お気を付けて。訓練のあとは水中国へ行かれるのですか?」

「ああ…」

Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.51 )
日時: 2014/06/08 22:22
名前: フレア

「あなたは.....」

その様子を見て、何かが分かったのだろう
何かを言おうとするが止める

Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.52 )
日時: 2014/06/08 22:48
名前: Alice ◆PceToXXaTU

>>50
「では私は、唯御嬢様をお迎えに行って参ります。嫌な予感もしますし」

>>51
「……?」
首を傾げる。頭痛は治まった。

Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.53 )
日時: 2014/06/08 22:54
名前: フレア

「もう、そんな頃合いですの...」

考えるように呟くと、楽しそうにクスクス笑う

「はやく、唯様のとこにいったほうがいいですよ〜?」

Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.54 )
日時: 2014/06/08 23:02
名前: Alice ◆PceToXXaTU

「ですが…」
月読家次期当主、唯御嬢様の教え。必ずその場に誰か一人は残る事。
その教えに逆らえば、アダムとイヴのようになってしまう。月読家の当主、次期当主の教えは絶対である。
それが代々、月読家の使用人を務める我が家庭の家訓だ。

Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.55 )
日時: 2014/06/08 23:04
名前: 隼希

剣術の稽古を終え水中国へ行く準備をする。

諷李「参りましょうか」

「ああ。」

Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.56 )
日時: 2014/06/08 23:05
名前: フレア

「....」

一瞬で冷たいオーラを纏う

「行けと言っているんです」

それや絶対、誰にも逆らうことはできない
それが、私の声の力

Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.57 )
日時: 2014/06/08 23:10
名前: 隼希

「はっ!」

水を操り水中国へのトンネルを作る。

諷李「私が先に参ります」

彼に危険が無いようにてにナイフを持つ。

Re: 【戦闘・恋愛】水族のロストデイズ【募集中】 ( No.58 )
日時: 2014/06/08 23:11
名前: Alice ◆PceToXXaTU

>>55
その頃丁度、唯は水中国の入り口である門の上に座っていた。
今は水中なので人魚姫の姿。

>>56

「……奏様の御命令であろうと、家訓は絶対です」
目が燃えるように赤く光っている。
奏の発した声が、凍らせる能力により、届く前に凍る。

「唯様は、水中国の入り口にいるとわかっているのですから。メイド長が戻るまで、私はこの場は離れません。メイド長と違って私は、誰にでも忠実ではないので」
有無を言わせんとばかりに、目の光を一層強くさせる。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大5000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。