雑談掲示板

第十一回SS大会 お題「無」 結果発表
日時: 2014/02/27 20:57
名前: 風死(元風猫 ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.info/bbs/index.cgi?mode=view&no=16247

第十一回SS大会 お題「無」
>>523に第十一回大会結果紹介

始めましての方は、初めまして! お久し振りの方達はお久しぶり♪
何番煎じだよとか主が一番分っているので言わないで(汗
余りに批判が強ければ、削除依頼しますので!

題名の通りSSを掲載しあう感じです。
一大会毎にお題を主(風猫)が決めますので皆様は御題にそったSSを投稿して下さい♪
基本的に文字数制限などはなしで小説の投稿の期間は、お題発表から大体一ヶ月とさせて貰います♪
そして、それからニ週間位投票期間を設けたいと思います。
なお、SSには夫々、題名を付けて下さい。題名は、他の人のと被らないように注意ください。
 

投票について変更させて貰います。
気に入った作品を三つ選んで題名でも作者名でも良いので書いて下さい♪
それだけでOKです^^

では、沢山の作品待ってます!
宜しくお願いします。

意味がわからないという方は、私にお聞き願います♪
尚、主も時々、投稿すると思います。
最後に、他者の評価に、波風を立てたりしないように!



~今迄の質問に対する答え~

・文字数は特に決まっていません。 
三百文字とかの短い文章でも物語の体をなしていればOKです。 
また、二万とか三万位とかの長さの文章でもOKですよ^^
・評価のときは、自分の小説には原則投票しないで下さい。
・一大会で一人がエントリーできるのは一作品だけです。書き直しとか物語を完全に書き直すとかはOKですよ?

――――連絡欄――――

第一回大会 優秀賞作品一覧 >>17に掲載!

第二回SS大会 エントリー作品一覧 >>84に掲載!

第二回大会 優秀賞作品一覧 >>110に掲載!

第三回SS大会 エントリー作品一覧 >>171に掲載!

第三回大会 優秀賞作品一覧 >>185に掲載!

第四回SS大会 エントリー作品一覧 >>224に掲載!

第四回SS大会 結果発表 >>239に掲載!

第五回SS大会 エントリー作品一覧 >>284に掲載!

第五回SS大会 結果発表 >>296に掲載!

第六回SS大会 エントリー作品一覧 >>335に掲載!

第六回SS大会 結果発表 >>340に掲載!

第七回SS大会 エントリー作品一覧 >>377に掲載!

第七回SS大会 結果発表 >>391に掲載!

第八回SS大会 エントリー作品一覧 >>408に掲載!

第八回SS大会 結果発表 >>420に掲載!

第九回SS大会 エントリー作品一覧 >>444に掲載!

第九回SS大会 結果発表 >>453に掲載!

第十回SS大会 エントリー作品一覧 >>481に掲載!

第十回SS大会 結果発表 >>495に掲載!

第十一回SS大会 エントリー作品一覧 >>515に掲載!

第十一回SS大会 結果発表 >>523に掲載!

_____報告
第四回大会より投票の仕方を変えました。改めて宜しくお願いします。

連レスもどる



Re: 第十一回SS大会 お題「無」 投稿期間 1/1まで!  ( No.510 )
日時: 2013/12/19 23:29
名前: 瑚雲◆6leuycUnLw (ID: kodaC5OE)

 Part2

 
 その後どうやって家まで戻ったのか、もう覚えてはいなかった。
 ただ真っ赤に膨れた頬を見たお婆ちゃんの姿が今でも目に焼き付いている。
 大丈夫かいって、誰かにいじめられたのかいって。
 僕はそのどちらも否定した。
 それは、僕のせいでもあったから。

 
 「……はい、それでは皆、また明日!」
 「「「「「さようならぁーっ!」」」」」

 椅子を机の中にしまう忙しい音の中。
 僕は掃除当番でもない為そそくさと教室から出ていった。
 そっと頬に貼ってあるシップに触れる。
 やっぱり痛いな、と改めて思った。
 
 田んぼを通り過ぎていく。
 俯いたまま、地面に転がった小さい石なんかを眺めながら歩いていた。
 
 「……でさあ……」
 「だよなーっ! ……んで……」
 「あ、それが……」

 声が聞こえてぱっと顔を起こす。
 何だ……あのクラスメイト達か。
 彼らは堂々と道路の真ん中でケタケタ笑いながら歩いている。
 そういえば奴らも同じ通学路だった。
 自然にも頬の痛みが蒸し返される。

 歩くテンポを遅めようと、そう思った時。

 
 「————え」


 彼らの真横から、突然車が飛び出してきた。

 「危ない————!!!!」

 必死になって僕は叫んだ。
 昨日よりもっと、もっと強い声で精一杯叫んだ。
 関係ないのに。大嫌いなはずなのに。
 覚えていないのに、体だけは覚えてる。
 事故が起こる、あの瞬間の恐怖だけが頭を過った。

 「うわああああ!!!」

 激しく甲高い音で車が唸る。
 急ブレーキでぐんと曲がった車の目の前に、彼らがいた。
 いや、その前に、何故か僕がそこにいた。

 「はあ……はあ……っ」
 「お、おおおいお前!! な、何なんだよ、何が起こって……!」
 「おいやべえぞこいつ! 血! 血が、血が出て……!」
 「救急車だあ!! 救急車呼ぶぞ!!」
 
 痛さと眩暈と夏の日差しが僕をぐるぐるにして、そのまま意識を失った。
 
 でも僕はその時、運良くも全てを思い出したんだと思う。



 
 「ん……っ」

 
 微かに瞼を揺らして、そっと視界を開いた。
 ぼやけてはいるけれども、どうやら真っ白い部屋の中のようで。
 頭もなんだかぼーっとしている。
 包帯でぐるぐる巻きにされている腕や足を、見てみた。
 ああ、僕轢かれたんだっけ。
 なんだかそんな気はしなかった。
 
 直後、バタンという勢いのある音が僕の耳に突き刺さった。 
 僕も驚いて、その音が鳴った方へ向いた。
 そこには。

 「あ……!」
 「おい、大丈夫か!?」
 「うわ! す、すっげえ包帯……」
  
 僕を苛めていた、3人がいた。

 「え、えと……」
 「その、俺たち……」
 「ご、ごめん!」
 「!」

 な、何だ、一体……?
 もしかして、自分たちのせいで僕が怪我したから、謝りに来たのか?
 罪滅ぼしの、つもりなのかな。

 「……別に」
 「! お、お前!」
 「ちょ、ちょっと抑えろよ!」
 「喧嘩はやめよーぜ!?」
 「お前……! お、俺たちが、どんだけ……!」

 ぐっと、握りしめていた拳、今度は静かに僕の前に差し出した。
 僕が何気なく顔を上げると、そいつはぱっと顔を逸らした。
 そして、ん、ともう一度僕の顔の前で腕を上げる。

 「……やる」
 「……?」
 「やるってば!」

 ダン! と何かを押し付けて、一番大きな男子は病室から消えていった。
 残された2人は、僕に向かって苦しく笑う。

 「わ、悪いな……ホントに。それ、受け取ってやって?」
 「本当の本当に俺たち、心配してたんだぜ? その、今まで悪かったな……」
 「今度また一緒にサッカーとかやろうぜ! じゃあな!」

 2人はそれだけ言うと、あっという間に病室からいなくなった。
 ぽかんとした僕は、布団の上に乗っかっていたある物を見た。
 それは。

 「え……」

 小さな、飴玉だった。

 「何で、こんなもの……」

 包み紙がやたらと安っぽくて、思わずそれを優しく開いた。
 大きな飴玉が、ころんと姿を現す。
 ん?

 「包み紙に、何か……」

 かさっと、開いてみる。

 『悪かった。ごめん。————でも』


 「え……」


 『ごめん。俺はお前がキオクソーシツってやつだって、知ってたんだ』


 
 思い出した。

 僕は、彼らの友達だったんだ。

 でも、ちがう。
 
 僕は、記憶喪失になって次の日。

 始業式の日に言ったんだ。

 『頭の悪い奴嫌いだ』って。

 嫌いだって、言ったんだ。

 友達だったのに、言ったんだ。

 
 「はは……バカなのは……僕の方じゃないか……」


 今更、思い出したんだ。

連レスもどる