雑談掲示板

第十一回SS大会 お題「無」 結果発表
日時: 2014/02/27 20:57
名前: 風死(元風猫 ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.info/bbs/index.cgi?mode=view&no=16247

第十一回SS大会 お題「無」
>>523に第十一回大会結果紹介

始めましての方は、初めまして! お久し振りの方達はお久しぶり♪
何番煎じだよとか主が一番分っているので言わないで(汗
余りに批判が強ければ、削除依頼しますので!

題名の通りSSを掲載しあう感じです。
一大会毎にお題を主(風猫)が決めますので皆様は御題にそったSSを投稿して下さい♪
基本的に文字数制限などはなしで小説の投稿の期間は、お題発表から大体一ヶ月とさせて貰います♪
そして、それからニ週間位投票期間を設けたいと思います。
なお、SSには夫々、題名を付けて下さい。題名は、他の人のと被らないように注意ください。
 

投票について変更させて貰います。
気に入った作品を三つ選んで題名でも作者名でも良いので書いて下さい♪
それだけでOKです^^

では、沢山の作品待ってます!
宜しくお願いします。

意味がわからないという方は、私にお聞き願います♪
尚、主も時々、投稿すると思います。
最後に、他者の評価に、波風を立てたりしないように!



~今迄の質問に対する答え~

・文字数は特に決まっていません。 
三百文字とかの短い文章でも物語の体をなしていればOKです。 
また、二万とか三万位とかの長さの文章でもOKですよ^^
・評価のときは、自分の小説には原則投票しないで下さい。
・一大会で一人がエントリーできるのは一作品だけです。書き直しとか物語を完全に書き直すとかはOKですよ?

――――連絡欄――――

第一回大会 優秀賞作品一覧 >>17に掲載!

第二回SS大会 エントリー作品一覧 >>84に掲載!

第二回大会 優秀賞作品一覧 >>110に掲載!

第三回SS大会 エントリー作品一覧 >>171に掲載!

第三回大会 優秀賞作品一覧 >>185に掲載!

第四回SS大会 エントリー作品一覧 >>224に掲載!

第四回SS大会 結果発表 >>239に掲載!

第五回SS大会 エントリー作品一覧 >>284に掲載!

第五回SS大会 結果発表 >>296に掲載!

第六回SS大会 エントリー作品一覧 >>335に掲載!

第六回SS大会 結果発表 >>340に掲載!

第七回SS大会 エントリー作品一覧 >>377に掲載!

第七回SS大会 結果発表 >>391に掲載!

第八回SS大会 エントリー作品一覧 >>408に掲載!

第八回SS大会 結果発表 >>420に掲載!

第九回SS大会 エントリー作品一覧 >>444に掲載!

第九回SS大会 結果発表 >>453に掲載!

第十回SS大会 エントリー作品一覧 >>481に掲載!

第十回SS大会 結果発表 >>495に掲載!

第十一回SS大会 エントリー作品一覧 >>515に掲載!

第十一回SS大会 結果発表 >>523に掲載!

_____報告
第四回大会より投票の仕方を変えました。改めて宜しくお願いします。

連レスもどる



Re: 第十一回SS大会 お題「無」 投稿期間 1/1まで!  ( No.511 )
日時: 2013/12/19 23:32
名前: 瑚雲◆6leuycUnLw (ID: kodaC5OE)

 Part3


 「……んん? 何かしら……え……————日記……?」


 『9月1日 天気 晴れ

  ちょっと前の僕には、記憶がなかった。
  仕方がないので、今の気持ちとかを書き留めたいと思う。
  ずるいって? だって先生が言ったんだ。何でも良い、って。

 
  夏休み最終日。僕の両親は死んだ。
  その時、僕の記憶も一緒にどっかへいってしまったらしい。
  僕は記憶を失ったまま、学校に通うことに決めた。


  記憶のない僕は、始業式のときに困った。
  誰が友達だったとか、そんなこと当然覚えてなくて。


  だから言ってしまったんだ。
  僕にちょっかいを出す人たち全員に、『大嫌い』だって。
  今になって、後悔してる。


  僕に記憶はなかった。
  だから、誰がどう傷つこうが構わなかった。
  それが例え、ほんの少し前まで、友達だった人たちでも。


  仕方なかった。
  僕には、記憶がなかったんだ。
  こんなに泣いてしまうほど、後悔するなんて、思ってもみなかったんだ。

  
  記憶を思い出した今。
  口に出すのは、ちょっと難しい。
  だからここには書く。
  

  ごめん。ありがとう。


  お母さんも、お父さんも死んでしまって。
  悔しくて悲しくて、今はいっぱいいっぱいだけど。
  この日記を書き終える頃には笑っていたい。

  
  先生ごめんなさい。
  そして皆も。

  僕は皆が言っていた通り、弱虫だ。
  今だって、言えないことをツラツラとこんなところに書いてる。


  だから、ここにだったら何でも書くよ。
  だって、この日記の先は何が描かれるか分からない。
  真っ白な景色ばかり広がっているから。
  僕の思ったこと、全部書けるような、そんな気がするから。

  
  さて、そろそろ、3ページが終わりそうだ。
  書きたいことも、言いたいこともたくさんあるけど。
  今はやめとこう。
  今度、いつか、口で笑って言える日が来たら。
  その日に全て、ぶっちゃけよう。


  僕はきっと、今日という日を忘れない。
  何度、何も無いような、何も覚えていないような。
  また真っ白い世界に放り投げられても。


  忘れない。』



 「……もう……こういうことは、いつも先生に言って、って、何度も……」

 
 
 どうやら、提出期限には間に合ったようだ。 
 先生が一人で、嬉し泣きしていた。
 思わず、僕も泣いてしまいそうだった。


 
 帰り道。
 僕の足に、トンと何かが当たった。
 
 振り返ると、あの3人が————友達が。
 思い切り、手を振っていた。

 僕は足元転がったサッカーボールを拾って、駆け出した。


 もう、空っぽじゃない。

                                  END
 
 *久々にやったら事故りました。
  SSって難しい! うん!(泣)

  まあ、うん……あれですよ。
  人は一人じゃないよって、心を満たしてくれる何かが必ずあるよって。
  たったそれだけのことです。

  長い上に意味不明でした。
  まあ、最後の最後まで楽しんだ、ということで(笑)
  ではでは〜。

連レスもどる