雑談掲示板

第十一回SS大会 お題「無」 結果発表
日時: 2014/02/27 20:57
名前: 死(元猫 ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.info/bbs/index.cgi?mode=view&no=16247

第十一回SS大会 お題「無」
>>523に第十一回大会結果紹介

始めましての方は、初めまして! お久し振りの方達はお久しぶり♪
何番煎じだよとか主が一番分っているので言わないで(汗
余りに批判が強ければ、削除依頼しますので!

題名の通りSSを掲載しあう感じです。
一大会毎にお題を主(猫)が決めますので皆様は御題にそったSSを投稿して下さい♪
基本的に文字数制限などはなしで小説の投稿の期間は、お題発表から大体一ヶ月とさせて貰います♪
そして、それからニ週間位投票期間を設けたいと思います。
なお、SSには夫々、題名を付けて下さい。題名は、他の人のと被らないように注意ください。
 

投票について変更させて貰います。
気に入った作品を三つ選んで題名でも作者名でも良いので書いて下さい♪
それだけでOKです^^

では、沢山の作品待ってます!
宜しくお願いします。

意味がわからないという方は、私にお聞き願います♪
尚、主も時々、投稿すると思います。
最後に、他者の評価に、波を立てたりしないように!



~今迄の質問に対する答え~

・文字数は特に決まっていません。 
三百文字とかの短い文章でも物語の体をなしていればOKです。 
また、二万とか三万位とかの長さの文章でもOKですよ^^
・評価のときは、自分の小説には原則投票しないで下さい。
・一大会で一人がエントリーできるのは一作品だけです。書き直しとか物語を完全に書き直すとかはOKですよ?

――――連絡欄――――

第一回大会 優秀賞作品一覧 >>17に掲載!

第二回SS大会 エントリー作品一覧 >>84に掲載!

第二回大会 優秀賞作品一覧 >>110に掲載!

第三回SS大会 エントリー作品一覧 >>171に掲載!

第三回大会 優秀賞作品一覧 >>185に掲載!

第四回SS大会 エントリー作品一覧 >>224に掲載!

第四回SS大会 結果発表 >>239に掲載!

第五回SS大会 エントリー作品一覧 >>284に掲載!

第五回SS大会 結果発表 >>296に掲載!

第六回SS大会 エントリー作品一覧 >>335に掲載!

第六回SS大会 結果発表 >>340に掲載!

第七回SS大会 エントリー作品一覧 >>377に掲載!

第七回SS大会 結果発表 >>391に掲載!

第八回SS大会 エントリー作品一覧 >>408に掲載!

第八回SS大会 結果発表 >>420に掲載!

第九回SS大会 エントリー作品一覧 >>444に掲載!

第九回SS大会 結果発表 >>453に掲載!

第十回SS大会 エントリー作品一覧 >>481に掲載!

第十回SS大会 結果発表 >>495に掲載!

第十一回SS大会 エントリー作品一覧 >>515に掲載!

第十一回SS大会 結果発表 >>523に掲載!

_____報告
第四回大会より投票の仕方を変えました。改めて宜しくお願いします。

ハイライト解除

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 全レス



Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/5~2/19まで! ( No.160 )
日時: 2012/02/19 00:27
名前: アビス

~~あとがき~~


面白そうな企画やってる!って思ったらsだったんですねw

第二回にはちょっと間に合わなかったんで、この第三回目で投稿させてもらいました。
中々テーマに沿ってって言うのが難しかったですけど、楽しく作れました。

Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.161 )
日時: 2012/02/19 11:12
名前: 白波 ◆cOg4HY4At.

┃ブルーマンと雨と二十の扉┃

 五月二八日天気は梅雨が近いこの季節には似合わず久々の快晴。この日に僕は友達とブルーマンというパフォーマーを飛行機に乗り、福岡に行って見に行った。
 そして、その三日後の三一日に僕は神奈川にある、その友達の家に二人でいた。

「やっぱりブルーマン凄かったよなー。あ、そうだ。お前、二十の扉ってゲーム知ってる? 昔NHKラジオでやってたクイズ番組なんだけど……」
 三日前のことについて語っていると、友人がいきなり話題を変えてきた。
「いや、知らないな。説明してくれ」
「ん。了解」

 そう言って友人は僕に二十の扉というゲームの説明を簡潔に話し始める。
「二十の扉っていうのは、まずは適当にお題を決めてそれを解答者が当てるゲームな。で、ヒントは質問出来る最高二十個の項目。まあ、最後には答えを言わなきゃだから実質十九個になるんだけどな」
「へぇ、面白そうじゃん。で、それを僕とやろうってわけ?」
「まあ、そういうわけ。雨も降って辛気くさいし」
「乗った」

 窓に当たる雨が少しうるさい。質問を考えたり、答えを考えたりするのに支障をきたさければいいのだけど……。
「じゃあ、質問開始するよ。それの色は?」
「基本は青。まあ、いつも青ってわけじゃないけど。実際に今は違うし」
 青ねぇ……。三日前のせいかな? あれしか浮かばないんだけど……今はちがうってのも満たしてるし。

「じゃあ二つめー。僕はそれを見たことがある?」
 僕の質問に彼は即答する。
「ある。無いはずがない」
 即答出来るというのが、やっぱりあれっぽいな。あれを前提として話しを進めてみようか。
「それは食べれる?」
「無理。食べれるヤツは人間じゃねぇよ」
「立て続けに四つ目。それは売ってる?」
「んー……微妙なところだなー……。それ自体は買えないけど、それに関係あるものなら買える」
 まあ、そりゃああれは買えないか。多少は確信が持ててきた……。まあ、一応十九個全部使って一発で当てよう。

「なんか無機質だなー……話しながらやっか」
「話題はブルーマンか? お前めっちゃハマってたじゃん」
「ん。そうだよ。何も言わずに分かるとは、流石は親友。その意思疎通と推理力をゲームにも活かせたら良いのにな」
 流石にこの言葉に対しては僕も苦笑いを浮かべながら「いや、僕でも四個ぐらいじゃ確信は持てないって」と言う。あと、誰でも分かるから。とはあえて付け加えずに答えた。
「まあ、それもそうか。でも、ブルーマンってなんで青いんだろうな?」
「目立つから? 顔を隠すならマスクでも付ければいいんだし、顔が青ければ目立つからとかじゃない? いや、実際は知らないけど」
 あの寡黙な三人の青いキャラクターを考えた初代ブルーマンは本当に凄いと思う。あの発想はどうやって生まれたのだろう……今の僕の中では結構な謎だ。

「あ、五つ目行くよ。それは音を出すことが出来る?」
「そのもの自体は全くと言って良いほど音を出さないけど、別のモノから音を出すな。だから音はでるっちゃあ出る」
 それ自体は音を出さないけど、それが使ったり出したりするものから音が出るのか……。
 友よ。いくら三日前のことが印象に残っているからって安直過ぎやしないか?
 特に関係のないお題を出せば良いものを……。

「六つ目。それは人を……」
 ここまで言った途端に僕の声は雷によって遮られる。
 結構光ったし、そこそこ近くに落ちたのかもしれないな。
「うわっ、雷まで出て来たよ……。で、六つ目は何?」
 この雨の中自宅へ帰るのは僕の方だというのに、僕よりも友人の方が嫌そうな顔をする。
 質問を催促する口調も心なしか元気が無くなったような気がしなくもない。
「ん? あぁ。それは人を魅力する?」
 この質問に対して彼はわざとらしく溜め息を一つ吐き「なぁ、お前実際はわかってるんじゃないのか?」と、僕に問ってきた。
「まあ、大まかには。でも、どうせなら質問を出来るだけ使って確信得てから一発で当てたいじゃん?」
「そういうこと。じゃあ、答えるよ。魅力する。あれは人を少なからず魅せるものだ」
「続けて次。それをお前は好き?」
「好き」
 これもほとんど即答。
 こうなれば答えは分かったようなものだ。まあ、一応質問全てを使い切る予定だけど。

「ちょっと俺、飲み物取ってくる。お前は何飲む?」
「僕はドクターペッパーで」
「黙れそんなマイナーな飲み物は家にない。マウンテンデューで良いな?」
 僕はそれも充分マイナーな飲み物だと思うけど……。まあ、この家にマウンテンデュー以外の飲み物なんて最初から無かったと考えて諦めることにしよう。
 今は質問の内容を考えなきゃ。
 あと、取り敢えず質問を整理するか……。
色は?
基本的に青。いつもは違って今も違う。

見たことは?
絶対にある。

食べれる?
無理。食べれたら人間じゃないらしい。

売ってる?
それ自体は売ってない。しかし、それに関係あるものなら買える。

音は?
出ないけど、それに関係あるものを媒介としてなら可。

それは人を魅力する?
少なからずは。

お前は好き?
好き

 こんなところか……。あとは細かい部分を埋めてけば完全に確証が持てるな。
 僕がそんなに質問と回答をまとめている間にも、雨の強さは増していって、窓を壊れよと言わんばかりに強く叩き続けている。
 すると、友人がコップ一杯にマウンテンデューだと思われる飲み物を入れたコップを二杯持ってきて、テーブルの上に無造作に置いた。

「お待たせ」
 僕の方に置かれたコップのマウンテンデューであろう飲み物はなぜか青く、流石に僕は気になったので彼に質問する。
「これ、本当にマウンテンデュー?」
「うん。賞味期限が切れそうだったから、ブルーハワイのシロップも勝手に入れさせてもらったけど。ほら、せっかくブルーマンを見に行ったんだし、記念ってことで」
 よく見ると彼の方のコップのマウンテンデューもブルーハワイシロップによって青く染まっていて、僕に対する嫌がらせということに変わりは無いにせよ、僕だけがブルーハワイということではなかったので少し許せた。

Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.162 )
日時: 2012/02/19 11:18
名前: 白波 ◆cOg4HY4At.

┃ブルーマンと雨と二十の扉┃

「まあいいや。一気に質問二つ使う。思い付いたから」
「じゃあ、ちょうど十個になるのか」
 僕はその言葉に疑問を覚えた。
 二つ使うと九個になるはずでは? まあ、聞けば分かるかと思って「なぁ、二つ質問だったら九個じゃね?」と聞く。
「えっ? 本当にマウンテンデューって質問したじゃん」
「はっ? 普通それ含む? まあ、答えはほとんど分かってるから良いんだけど」
 我ながら寛容だなぁとか思ったが、まあ、答えはほとんど分かっているからだろう。
「じゃあ、質問をどうぞ」
「それは僕かお前の家にある?
 それと、硬かったりする?」
「一つ目は無い。断言出来る。
 二つ目は知らないとしか言いようが無いな」
 十個の質問の内全てがアレを否定する答えじゃないということはやはり……。

 コップ一杯に注がれたマウンテンデューブルーハワイ味(笑)を僕は無視して彼と適当な話しをする。
 情報を引き出そうとか、余計な選択肢を抹消しようとか企みまくりなんだけれど……。

「そう言えば、ブルーマンの楽器って独特だよな。お前もそう思わない?」
 特に話題が思い付いた訳でもないので、僕は結局ブルーマンの話題を振る。
 このゲームをやっているからだろうか、ブルーマンの話題しか思い付かない……。
「あ、それは分かる。あれってブルーマンオリジナルらしいぜ?」
「へぇ……そうなんだ」
 いつのまにそんなことを調べたんだろう。昨日かな? 僕からの質問に答えれてるんだし、多分ウィキったんだろうなー……。

「てか、質問詰まってきた。一回で当てようかと思ってたけど、ちょい遊ぶ。それはドラえもん?」
 僕はこの質問内容に自分自身で少し笑った。
 確実に間違っている答えなのに、今までの質問の回答を全て満たしているのが個人的にツボに入ったからで、ドラえもんというワードがツボな訳では全くない。
「まあ、違うんだけどさ、今までの質問全部満たしているのがすげぇな」
 どうやら彼もそのことに気付いたらしく、苦笑いに近い笑みを浮かべる。

「じゃあ、十二、三個目の質問。それは機会? それとも植物?」
「どっちでもない」
 これも予想通り。よし、確信持ててきた。

「あ、ブルーマンのチケット代渡すの忘れてた。はい、五千六百円」
 僕は彼に取ってもらったチケットの代金を渡すのを含めて彼の家に来たことを思い出し、財布から五千六百円を取り出して彼に渡した。
 ん……これで質問作れたな。さっき聴くの忘れてたし。
「あ、ついでに質問。お前はそれを買ったことある?」
 彼は金をポケットに入れながらついでのように「ある。最近も買った」と答えた。
 まあ、そりゃあそうだな。でなきゃライブ行けないし。
 僕はこいつに買ってもらったから直接は買ってないんだけど……。

「残り六個だぜ? 実質五個。大丈夫か? 当てる気あるの?」
「あるよ。えげつないぐらいに、大人気ないくらいに」
 実際に外堀を着実に埋めているのだから、当てる気は有るとわかるだろう。
 実際こいつも僕に当てる気が有ることぐらいは分かっていると思う。

「じゃあ、十五個目。それは世界に一つだけ?」
「俺の中では」
 あれって一つ以上あるのか?
 いや、人によっては違う。

「てか、ブルーマンの青って綺麗に取れるのかな?」
「わかんね。でも、多少のこるかもしれねぇな。皮膚に悪そうだ」
 あんなに青く塗って皮膚呼吸が出来るのかという議論に発展しかけたが、再び鳴った雷と窓をけたたましく打ちつける雨がその議論を止め、元の二十の扉へと僕らを戻した。

「十六個目。今までの僕の質問から答えに辿り着くことは出来る?」
「……お前次第だが、多分出来る」
 もはやここら辺は保険で、念のための確認といった部分が強い。
 僕の質問が解答に触れていなかったら後の三つと解答で答えを答えなければならなかったら正直絶望しなきゃだけど、そんなことはなかったらしい。

「十七個目。それは汚れてる?」
「お前は会話からさらっと質問作るよな。うん。汚れてると俺は思う」
「十八個目。基本的に青って言ったけど、真っ青なの?」
「薄い青。水色って言っても良いな。後質問一つ、解答一つになるぜ? まあ、答え分かってんだろうけどさ」

 今までの質問を総合すると、僕の頭に浮かんでいる正解の可能性があるワードはこいつの性格を含めて二つしかない。
 そして、僕はそれを一つに変えるための質問を口にする。
「それは人間?」
 この質問に彼は完全に当てられるといったの表情を浮かべ「違う。人間じゃない」と答えた。





「最後。それ“空”でしょ?」





「…………ご名答」
 彼がそう言うと、コップ一杯に注がれているマウンテンデューブルーハワイ味(笑)の青が、光に照らされて綺麗に光った。
 どこから光が差し込んだのかと外を見ると先程までの雷雨は三日振りの綺麗な青空へと変わっていて、それは僕らにとても強い印象を与えた。

Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.163 )
日時: 2012/02/19 13:00
名前: 白波 ◆cOg4HY4At.

あとがき
 セリフ多いなー。まあ、この話しの性質上仕方ないのかもしれないけど。
 そんなことを思いながら書き上げました。
 昔見た短編に二十の扉というゲームがあり、ネタが思いつかなかったため二十の扉を思い出した僕はウィキって二十の扉というゲームをそのまま使いました。
 まあ、ただ書くだけではつまらないので、ブルーマンを答えだと錯覚させるような書き方をしましたが、テーマ『空』なのであまり引っかからなかったかもしれませんね。
 空ということが分かるポイントは最初の方に集中しています。詳しくはこの後の解説で。
 では、白波SSブルーマンと雨と二十の扉でした。

解説
解説が必要そうな質問のみをピックアップして解説していきます。

・四つ目のそれは売ってる? という質問に半分肯定のような解答を出したのは、空というものは買えなくても空の旅や、天体観測のような形で空というものは売り物になっているからです。

・五つ目の音は、雷や雨という形で音を出すからです。

・十四個目の買ったこと――の質問で、一番最初の文章並びに四つ目の質問が来ます。
 最初の文章で、福岡には飛行機で行ったという記述がなされており、四つ目の質問で彼の価値観で空の旅は売り物というようになっているので、結果最近飛行機のチケットを買ったということになります。
 また、僕に関しても、飛行機のチケットは自分で払っているという描写はなく、友人に一時立て替えてもらっていたということは充分有り得るので、十四個目の質問に矛盾がなくなっています。

・ドラえもんになぜ矛盾が生じていなかったのか。
 ドラえもんは元々黄色のため、いつもは違うという解釈をし、あのドラえもん以外は今も黄色のため、今も違うという答えを出しました。
 売ってる? に関しては、ドラえもんというロボットは売っていないけれど、それに関係する商品ならば買えるということからこういう答えでも矛盾はしません。
 音は、ドラえもんはフィクションなのでドラえもん自体は音を出さないけれど、水田わさび、大山のぶよという声優を媒介にして音を出すということです。

・ちなみに、マウンテンデューブルーハワイ味(笑)は最後まで両者口をつけませんでした。
・晴れは二十八が最後で、その前も三十一までも雨はずっと降っていました。

Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.164 )
日時: 2012/02/20 11:44
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=10044

        ~Prologue~

  何処までも青く突き抜けるような空。
  それは、誰の物でもないはずだって僕は思っている。
  空は羽を持った鳥達の領域で羽を持たない僕ら猫は夢見る事も許されない。
  それでも僕達はあの青に希望を感じるのだ。僕達は海と言う存在を知らない。
  海もまた、僕達には許されない領域とされているから……そして海は遠く遠くて。
  あぁ、何て空は近く見えるのだろう。顔を上に向ければあの青がある。手を伸ばしても届かないけれど……
  翼があれば届くのかな? あぁ、きっとあの翼があれば海までも行ける……
  諦めるな。希望を持て! 手を伸ばして夢を叶える覚悟で歩んでいけ! そうだ……空を行く船。空を飛んでいく飛空挺。僕は、それを造って愛する人と共に飛ぼう。


Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.165 )
日時: 2012/02/22 09:42
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=10044

       Title「I arrive in the sky. If I raise a palm」


  「空は、青いニャァ……」
 青年は空を見えげるといつものように呟く。それは空に対する憧憬と羨望そして憧れに満ちた声だった。猫のような耳の生えた白の長髪のモスグリーンの儚げな瞳の青年だ。彼は誰に言うでもなく唯呟き思いを馳せる。
  「いつかきっと、この空を飛ぶんだ……誰に頼まれたんでもない。唯飛びたいから……」
 空は何時も見上げれば其処にあるのに幾ら手を伸ばしても届かない。だが、彼は空に好みを任せたいと強く願う。あの雪原のように白き雲を越えた先には何があるのか確かめたい。そして、自分たちの住む世界の遥か遠く。山の向こうには何があるのか。
 そして何より空を、あの何処までも止め処ない青と戯れるのはどんな気分なのだろう。好奇心は絶えない。深く強い好奇心が空を飛びたいと言う夢をより一層彼に強くさせる。爽やかな気分で彼は、夢見心地に目的地へと歩む。

  しばらく鼻歌雑じりに歩いていると雲から太陽がのぞく。思わず彼は目を細めた。視界があやふやになった次の瞬間だ。彼の目に不快な影が映る。羽を生やした人型の生物。鳥人と呼ばれる空を我が物顔で跋扈する身勝手な輩だ。
  「あぁ、あいつ等に馬鹿にされることもなくなるんだ。空を飛べれば……」
 白髪の青年は相手がまだ気付いていないことを鳥人の動きから察し草丈の高い場所へと逃げ出す。彼等は獰猛で勝手な一族だ。生息数は青年の属する種族より少ないが彼等は、飛行可能ゆえの活動範囲の広さと身体能力の高さでこの土地の頂点となった。
 彼等は、自分以外の種族を空も飛べないと軽蔑し自分達を空に魅入られた誇り高き汚れない戦士などと評し誇張する。青年は思う。いつか彼らを見返してやると。羽など無くても空は飛べるのだとその目に見せ付けてやるんだ、と強く心に決めている。
 だからここで見付かる訳にはいかない。虐めまわせれて殺されたら本末転倒だし何より傷付けば夢の達成への道程が遠のくのだから。本来ならあんな身勝手で傲慢な輩から逃げるなど嫌なのだが、命が掛かっているのだから別問題だ。
  「おぉ? あれは空を飛べぬ者ではないか? 白昼同道と地べたを歩いて目障りだ……どれ、少し虐めてやろうか」
 しかし、相手は目敏かった。鳥人は青年の姿自体は見なかったが不自然な草の揺れ方で自分以外の物の存在を察知したのだ。そしてその鋭い眼光で相手が何者かを認知する。羽の無い空を飛べぬ人型の生物。何かと思えば空を飛べぬ這い蹲る小物か。
 鳥族の男は馬鹿にしたように鼻を鳴らし情けなく撤退する虫けらを暇潰しがてら叩きのめしてやろうと滑空体勢に入る。そして凄まじい速度で草むらへと突っ込む。その距離は見る見るうちに青年へと接近して行く。
  「ニャッ!? 気付かれた!?」
  「気付かぬなどとこの誇り高く賢いサイアーを馬鹿にしおって。死ぬが良い!」
 耳で逸早く滑空するときのを切るような音を察知し青年は鳥人の男の爪による一撃をいなす。そして後ろへと飛び退り距離をとり相手を見据える。そこには鳥人にしては理知的な貌の赤と青のオッドアイの腰まで届く長髪の男が居た。青年はこのサイアーと名乗る男を知っている。
 当然だろう。この土地で知らぬ者は居ないハーレイ一族と呼ばれる鳥人族最高の血脈を誇る者達の次期当主候補なのだから。その誉れに違わぬ教養と武の持ち主と賞賛されているが正直青年としては、その当主候補がこの様な屑では高が知れていると言う評価だ。
 青年は鼻を鳴らす。
  「出来るのかい? ハーレイ家の次期当主は一人じぁ何も出来ない腰抜けだって聞いてるけど?」
  「何を――――!?」
 青年の挑発にサイアーは一瞬胡乱げな表情を浮かべる。今まで彼はそのような言葉を受けたことが無いのだろう。だが、すぐにそれを挑発と理解しサイアーは犬歯を剥き出しにして苛立ちを顕にする。
 彼は度量の狭い男だ。賢く武にも秀でているがその手の煽りに対して耐性が無い。容易く男は青年のそれに乗って抜刀する。一対一でも本来なら容易く殺せる相手だ。恐れる必要など無い。そう、心に言い聞かせて一太刀を放つ。
  「……僕は何もここに逃げただけって訳じゃないんだニャ? ここは、かつて戦場だった……」
 しかし鋭敏な動きが特徴の猫族の青年には一太刀目は決まらなかった。それどころか何か腹部に違和感がある。違和感を感じてすぐに尋常ではない激痛が全身を駆け巡った。不自然な脂汗がサイアーの額を濡らす。一体何が……怪訝に彼は顔を歪める。
 目の前の青年の言葉を苦悶に耐えねばならないサイアーはすぐに理解できなかった。だが、すぐに考察し合点が行く。彼の言うことが真実ならかつてここは絶好のブッシュとして機能し多くの罠が眠っているのだろう。
 その歯牙に貫かれて死んだ同胞も少なくは無いはずだ。サイアー・ハーレイは戦慄く。目の前の青年は勝算が有ったから戦ったのだ。自分の短慮さを呪い目の前の男に憧憬すら感じる。
  「戦場……」
  「そうさ。此処は、君たちの同士の血で穢れてる。汚い場所ニャ……懺悔しても許しを請うてももう、君は助からない」
 冷たく青年は言い放つ。目の前の男に欠片ほどの同情も無い冷たい射抜くような瞳。青年はそのブッシュにある全ての罠の性能と場所を把握して居た。そしてサイアー・ハーレイはそこが罠に溢れていることすら知らなかった。仕掛け槍によって貫かれた体から大量に血が流れ出す。彼は手を広げ慟哭し倒れこむ。自らの体から槍を引き抜き。
 草原が血に満ちて行く。汚く臭い嫌な液体だ。彼の死骸を見て青年は思う。こんな所で死ぬ訳には行かないのだ、と。そして今後を憂う。すぐにばれることは無いだろうが鳥人達の監視と糾弾が厳しくなるのは明白だからだ。
  「急がないとニャ……」
 青年は古い死体置き場に上空を気にしながらサイアーの亡骸を運ぶ。そして異臭漂う死骸の中にまだ新しい彼の死骸を放り投げ古い死体で彼の亡骸を隠す。額に汗を滲ませながら彼は呟く。
  「はぁ、タピスに……怒られるニャ。臭いって……」
 要件を済ませた青年は、再び歩みだす自らの目的地へと。自分の愛する妹が待っているから。我侭で勝甘えん坊だが優しくて兄思いなタピスと言う唯一の家族が待っている。青年は手を伸ばす。
 もう、両親はいないのは分っている。鳥人たちに八つ裂きにして殺されたのだ。だから、たった一人の妹は護る。青年が強く心に決めたことだ。彼にとって何より掛替えが無い物は家族と空を飛ぶと言う夢。

Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.166 )
日時: 2012/02/22 09:44
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=10044


 そこは開けた盆地だった。周りを山々で囲まれていて進入し辛いのもあるが鳥人族が神聖視して入ってまずはこない。鳥人族の聖地を穢すなどどうでも良いことだ。なぜなら彼等は自分達をこの上なく穢しているから。
 一言で言うなら鳥人達の邪魔の入らないこの場所は研究や実験に持って来いだということだ。盆地のほぼ中央に安っぽい小屋がある。青年は疾駆する。そこが彼の実験所だ。
  「アンリお兄ニャーん! おっそぉい!」
 扉を開けると明るい声が響く。自分の愛する妹タピスの声だ。黒の撥ねた癖毛の猫耳と褐色の肌の活発そうな大きな緑の瞳の少女。彼女の口から青年の名はアンリと言うらしい。ところで彼は実家から道中を歩いていたのになぜ彼女がここに居るのか。理由は簡単だ。昨日実験が遅くまで立て込んで彼女が眠ってしまったのだ。
 兄アンリは、起すのも悪いと思い然したる危険も無いことを理解してそっと布団を掛けて実家に戻った。一人の夜。家族は居ない。鳥人達の目を逃れるため地下に造られた家はランプを消すと真の孤独を感じ体が強張ったのを覚えている。
 寂しかった。アンリはすぐに彼女に飛びつきたい衝動に駆られるが抑える。彼女に血の臭いが移るのが嫌だから。穢したくないから。
  「ごめんニャ……鳥人に見付かって撒くのに苦労したニャ」
 アンリは何で遅かったのかと問いたげなタピスの表情を汲み取り遅れた理由を簡潔に述べる。それなら仕方ないと彼女は敢えてそれ以上言及はしなかった。敵に気取られないために迂回するのは当然だ。重度のシスコンのアンリに箱入り同然に育てられた彼女でもそれ位は分る。だが、彼女は気付いていた。彼から放たれる異臭に。
  『血の臭い……お兄ニャん?』
  「どうしたのかニャタピス?」
 渋面を造るタピスに気付きアンリはそれを気遣う。しかしタピスは気遣って貰うわけには行かないと何でも無いと首を振る。
  「そうかニャ。顔色が……」
  「何でも無いニャ! それよりももうすぐ空を飛べるようになるんだよね!?
  タピスは楽しみで仕方ないニャ! ファイトォオーだよお兄ニャん!」
 なおも心配するアンリをタピスは制した。半ば声が荒げている。彼も彼女の気持ちを汲み取りそれ以上言及はしなかった。そうだ。目的は何だ。五年も夢見て一日も休まず勤しんだだろう。空を飛ぶ。タピスと言う愛すべき妹を連れて。
 彼は、タピスの華奢な肩を弱く叩き彼女後ろにある工具と図面を手に取る。そして図面を開いて思案しだす。何が足りないのか分析しているのだ。二人を乗せて空を飛ぶために必要な翼面積や強力なエンジン、邪の抵抗を受けないフォルム。
 何度も造っては試行し失敗し使える部品を回収しては作り直す。孤独な作業の中でいつも支えてくれたのは他でもない妹だ。
  「タピス……次で完成だ。いままで支えてくれて有難う。もうすぐ飛べるよ」
 ふいにアンリの口から感謝の言葉が漏れる。天井があるから空は見えないが感慨深いものがあり空を見上げるように天上を眺めた。
  「タピスはお兄ニャんの頑張る姿が大好きニャ……だから全然苦じゃなかったニャ?
  速くお兄ニャんの横に座って空を一緒に旅したいニャ」
  「あぁ、僕もニャ」
 底抜けに純粋で天真爛漫なタピスに何時だってアンリは癒される。身内も居なくて周りが敵ばかりな気がしたからかも知れない。純粋に強くタピスも彼を思っている。彼女の言葉に頬を染めながらアンリは言う。二人の思いは近いと認識し一筋の涙が流れた。

Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.167 )
日時: 2012/02/21 23:24
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=10044

 夜が更けた。
 適度に草をなびかせる程度の頬撫でるが心地良い。いつも深夜まで行われる。アンリ達の実験は行われる。横でいびきをかいて眠っているタピスを揺らして起す。眠たそうに目を擦りながら欠伸を一つ。
  「ごめん。お兄ニャん……寝ちゃった」
  「構わないよ。僕はタピスが居てくれるだけで千人力だニャ」
 申し訳無さそうにタピスは詫びる。そんな彼女に微笑を浮かべてアンリは囁く。その言葉にタピスは頬を赤らめる。「可愛いな」と言いながらアンリは彼女の頭を撫でた。不意に目を泳がせたタピスの視線の先には新しい飛空挺の途中段階。
  「格好良ニャァ……」
  「あぁ、これに乗って空を行こう。父さん達を殺した蛮族の跋扈して良い場所じゃないんだ。空は……」
 まだ、骨組みも出来ていないが長い年月寄り添ったのだ。完成形がどのようなものかなど設計図を見れば想像できる。今までで最も趣向を凝らした造りになるだろう。そう、想像すると胸が躍った。近縁に痛いてはいけないと言い聞かせていた恋慕の情が湧く。
 頬を赤らめるタピスに気付かず青年は拳を挙げ硬質の声を上げる。空への神聖視。憧憬。それを踏みにじる者達への憤懣の念。全てタピスは理解しているから。だからこそ思う。あの偉大な空に恨みなんて抱えて行かないで欲しいと。
  「お兄ニャん? あいつ等が憎いのは分るけど……空は誰の物でもないから恨まないで」
  「タピス……」
 タピスに諌められ彼は肩を下ろす。「空は誰の物でもない」、それは自分自身の理論だ。恨みは綺麗な感情じゃないから神聖な場所に運んではいけない。そう沸き立つ怨念を抑えながら心に言い聞かせる。
  「そうだニャ。恨むんじゃなくて共存……出来た方が楽しいもんニャ」
 彼は無理な笑みを浮かべて、そう口にした。

  「お兄ニャん!」
  「あぁ、人が倒れている……あれは鳥人?」
 帰路。夜は鳥人達の目が利かないからゆったりとした気分で歩ける。しかし二人の道中に不愉快なものが飛び込む。それは血塗れの青年だ。茶色の短髪の引き締まった体格の長身痩躯。背中には鳥人の証明たる羽が生えている。彼は黒の羽を有しているようだ。
 タピスの悲鳴を含んだ声にアンリも引き攣った表情を浮かべる。だがすぐに羽を見てその憐憫にも似た感情を潜めた。奴らは自分達を糾弾し罵倒する蛮族ではないか。しかしタピスの言葉が頭に響く。その後、自分は言ったではないか共存と言う言葉を。
  「お兄ニャん?」
  「……肩から胴にかけて袈裟懸けに……出血量は酷く見えるが思ったより浅い。助かるかもしれないニャ」
 彼は駆け寄り青年の傷口を調べる。彼らと比べて猫の目を持つアンリは夜目が利く。飛行機作りで養った観察力を遺憾なく発揮し青年の傷をそれ程のものでも無いと判断。しかし家にある設備では心許ない。正直
危険な実験を多く行っているあの盆地の小屋に応急処置用の道具はほとんど移しているのだ。
  「タピス! 研究所に戻ろう。これが共存の第一歩になることを願う」
 彼等はあの場所を研究所と呼ぶ。二人は、青年を研究所に運ぶことを決めたようだ。細面ながら意外と体力のあるアンリが青年を運ぶ。何だか吹っ切れたようなこの上なく爽やかの表情の兄を見てタピスは頷く。
  「うん! お兄ニャん有難う!」
 なぜ、礼を言われたのか分らず彼は苦笑し頬を掻いた。

Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.168 )
日時: 2012/04/28 17:29
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=10044

  「ここはどこだ?」
  「お兄ニャーん! 鳥人族の人が気付いたよぉ!」
 青年が目を覚ました場所は見覚えの無い場所だった。目の前には猫族と思しき見覚えの無い褐色肌の女性。そして、少し先に白の長髪の儚げな表情の青年。どちらも猫族だ。自分の部族が軽蔑していた一族に助けられたと言うことになる。
 彼は体を震わせて猛り狂う。プライドが許さない。助けて貰っておいて嘆くような奴を助けたのかという悲嘆の念をアンリは一瞬感じたが、それは口には出さず冷然とした口調で告げる。
  「まだ、絶対安静だよ。応急処置はしたけどまだ傷は塞がっていない」
 自分の傷の深さを確認して男は悶え苦しむ。痛みは未だ毛ほども解消されていないのだ。アンリは、小さく息を吐く。次にこの男が何を言うのか大体想像が付いたから。青年は拳でベッドを殴りつけ歯軋りする。
  「えぇい! なぜこの俺が猫族などに……」
 そして、一族末代までの恥だとでも言わんばかりに吐き捨てた。
  「僕だってタピスが君に哀れみの目を向けなければ君を助ける気など無かったよ。
  君たちは自分を気高いとか思っているのだろうけど僕から言わせれば害獣だ……身勝手な」
  「陸上を無様に這いずり回る様は何て汚らわしいんだろうな?」
 赤と青の切れ長のオッドアイで青年はアンリを睨む。それに対しアンリは応えた様子も無く思いの丈を吐露する。それに対し青年も凄絶な笑みを浮べ罵倒する。そこからは泥沼だ。数十分罵倒の応酬。それを仲裁したのはタピスだった。
  「好い加減にしないかニャ……そもそも貴方は鳥族からそんな簡単に追放されて何でそんなに自分の種族を高潔に扱うのかニャ?
  鳥族を持ち上げすぎて他の種族を下に見すぎて……そう言うの了見が狭いって言うんだよ?」
 目の前の男はハーレイ家当主候補サイアーのお護衛として去年抜擢されたらしい。多くの功績を立てたが一つの失敗で解任。更にはその解任を良しとせず食い下がった結果処断されたらしい。その失敗とはサイアーを一人にさせたこと。無論本位ではなくサイアーが一人にしてくれと希ったからだ。だが青年の言い分など利く耳持たず切り捨てられたらしい。替え等幾らでも居るのだと言い捨てられて。
 それが崇高な一族を気取る者達のすることか。タピスは恫喝する。兄ほど表面に出ていないが彼女とて彼等鳥族を恨む気持ちは強い。しかしなればこそ血みどろの殺し合いをいつまでも見て居たくない、次の世代にまで糸を引かせたくないと思うのだ。
 徐々に語気を強めていくタピス。握り拳からは地が流れ出している。それを沈黙したまま青年は聞く。唇を引き結び。
  「お兄ニャんはすぐに空に至る……貴方達の特権じゃなくなるんだニャ!」
 そしてタピスは言い終えると息を整えるために深呼吸した。青年は俯く。捨てられたことなど最初から知っている。そして、自分の居た集団がそれほどすばらしい物でも無いと言うことを。だが彼女の最後の言葉は聞き捨てならなかった。
  「そうだな。お前の言うとおりだ……空を飛ぶか。羽を持たぬものが……見てみたいな」
  「見せてやろうか? 三ヶ月はかかるだろうけどニャ……」
 遠くを見るような目で青年は呟く。ただ純粋に興味が有った。その純粋な好奇心に満ちた声にアンリは共感を憶える。
  「俺の名はリガルド・ハーレイ。宜しくな……」
 男は今更だなと反省気味に名乗り笑みを浮かべた。

Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.169 )
日時: 2012/02/21 23:21
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=10044

 
 その日以来リガルドは研究所に住み込みアンリに言われた作業をこなすようになる。食材は彼等が家から運んできてくれて事なきを得ていた。彼の助力もあり予想以上に最新の飛空挺は完成する。名は空を貫く槍を想像し「グングニル」と名づけた。
  「しかし、グングニルか……大仰だな」
  「この偉大な空に挑むんだ。名前負けしてられないニャ」
 感慨深げに三人はグングニルを見詰める。鳥族に伝わる神の武器の名を拝借した物だ。大仰であると同時にアンチテーゼと小さな親睦の証が其処には篭められていた。仲間は三人になったが飛空挺の搭乗制限は二人だ。リガルドは遠慮するようにタピスに譲った。
  「リガルドも随分丸くなったニャ?」
  「そうか? 重荷が落ちたからかもな……」
 そんな優しさを見せる彼を見てタピスは微笑む。それに対しリガルドは頬を赤らめあらぬ方向を向く。そして、感慨深げに過去に思いを馳せ忌わしい記憶を振り払う。思えば少しも楽しくは無かった。形式ばって居てそれでいて傲慢で。
 自分の求めるものが自由だったのだと思い知る。仲間と笑い譲り合い目標に向かって走って行く。空と言う偉大なものに翼も無しに挑む者達の姿を見て柄にも無く感動してしまった自分がいることに彼は微笑む。
  「見ていてくれよニャ……」
  「あぁ、楽しんで来い。空をよ……」
 アンリとリガルドは難く握手した。エンジンの嘶く音が体に響く。彼は飛空挺から離れ彼等が無事にフライトを終えることを祈る。

 飛空挺は順調に高度を増し小さくなっていく。
  「凄いな。あそこまで飛べるとは……」
 リガルドは輝く陽光に目を眇めながら二人の乗る飛空挺を見詰める。しかし視界に嫌なものを捉えた。それはここにはいてはいけないはずの物。この土地「アルバレス」を神聖視し近付かぬと決めたはずのもの。すなわち鳥人。彼の元同士だ。
  「なぜ、鳥人がここに!?」
  「空を穢すなああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ! 蛮族があぁぁぁぁぁぁ!」
 確実にアンリ達の乗る飛空挺に向かっている。彼等を排除しようとしているのは明確だ。まだまだアンリ達の飛空挺は実験段階の域を出ておらず遅い。何れ追い付かれる。三ヶ月の間に喧嘩し笑い濃密な期間を送ったリガルドには彼らへの強い情が有った。
  「何が蛮族だ!? そう言うのを了見が狭いって言うんだよおぉぉぉ!」
 彼は猛り今だ痛みの残る体に鞭打って全力で飛翔する。そして鳥人の男の前へと現れ腹部に蹴りを食らわす。青のモヒカン頭の三毛猫のような瞳の鳥人。彼はその男に覚えがあった。他でもない。リガルドにあの重傷を負わせた人物だ。
  「てめぇ、生きてたのか?」
  「……邪魔はさせない。あんたへの恨みなんてもうほとんど無いが……あいつらの邪魔はさせない!」
 激痛に悶絶しながら男はリガルドを睥睨する。彼は矢張り殺す気で斬ったのかと嘆息し氷のように冷たい瞳で男を睨む。無抵抗の離反者を殺すしか能の無い詰まらない男だ。言い訳も聞かずわざと死地にサイアーを追い遣り死なせたなどと言い張った愚か者。
 そんな詰まらない男がリガルドの眼光に怯えぬはずは無く。男は顔を引き攣らせた。だが男はすぐ冷静になる。相手は病み上がりでまだ包帯をしている身だ。それに引き換え此方は武器もある。しかも長物の槍だ。負ける要素が無い。
  「邪魔はさせない? てめぇその状態で俺に勝てっと思ってんのかあぁぁぁぁぁ!?」
 男は勝ち誇ったように叫ぶ。しかしリガルドは平然としていてむしろ挑発するように口角を上げて見せた。男は苛立ちをあらわにして「死ね!」等と叫びながら猛進してくる。彼なら容易く回避できたがそれを回避しなかった。詰り……
  「ははっ……ひゃぁっははははっははははははは! 何だよあっけねぇなぁ! 一発で決まっちまったぜ!?」
 リガルドは槍に貫かれたのだ。命中したのは腹部だった。何とか回避しようとして急所の一撃を逸らしたのだろう。モヒカン頭の男は愉快そうに笑う。同族を貫いて笑っている腐った男の性分に彼は笑みを浮かべる。もう付き合う必要も無い。
  「いや、これでいいのさ。馬鹿みたいに近付いてくれてありがとな……お前の手は掴んだからもう離さないぜ?」
  「…………」
 笑みを浮かべる彼を見て男は「ついにイカレたか!?」となおも勝ち誇る。しかしそれは大いなる間違いだった。この瞬間、リガルドの勝利が確定したのだ。男は必死に彼の手を振り解こうと手に力を入れるが元々の自力が違う。傷付いて尚。
  「ひっ!? あぁ、お助け……」
  「俺が……お前を助けたら……ガハッ! お前はあいつ等を襲うだろうがあぁぁぁぁ!?」
 男は情けない悲鳴を上げる。だが、リガルドの意思は揺るがない。ポケットから取り出した左手に握られた釘を勢い良く三毛猫のような瞳の男の頚動脈に突き刺す。血が噴水のように止め処なく流れる。
  「……俺も同族殺しか……」
 一言呟くと彼は目を瞑った。彼の生きた時間は二十年と短かったが思えば色々なことが有ったらしい。そのなかでも一番楽しかったのは間違えなくアンリ達と暮らしたこの三ヶ月だ。満足げな表情で彼は落ちていく。
  
  「…………」
 そして、不意に目を開ける。アンリ達の乗るグングニルが自分へと向かってくるのが分った。
  「……それだけで満足さ」
 自分を助けようとしえいるのだろうか。その情景を最後に彼の記憶は全て鎖されて黒に染まる。

  「リガルドオォ!」
  「そんニャ……リガルドが」
 アンリが雄叫びを上げタピスは助手席で泣きしゃくる。しかし既にリガルドは事切れ反応は無い。その日アンリは始めてタピス以外の人物のために涙を流した。だが復讐心が強まったわけではない。空への怨嗟が生まれたわけでも。
 二人はその日フライトを止めリガルドの遺体を埋めた。そして墓前で彼に約束する。
  「僕達は君のことを忘れない。だから空を飛ぶことを止めない。そして君の種族と打ち解けてみせる!」
 限りなく困難な道が彼らの前には広がっていた。彼等はまだ歩き出す。短い間だったが種族の架け橋であり仲間と呼ぶに相応しかった最高の友の墓前を背にして。決して振り返らず。前へ前へと。
 
                    ∞The story end∞

Re: 第三回SS大会小説投票期間! 2/9~2/23まで! ( No.170 )
日時: 2012/02/20 16:34
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec

~あとがき~

>>164-169と言う相当なレス喰い乙です(汗
でも、私としては結構削ったんですよ……モヒカンの男がなぜあそこに居たのかとか……
臨場感のために省いたり飛行機(飛空挺)の説明とか。
ちなみに短編のキャラクタは皆、ファジーで掲載している白黒円舞曲と言う作品のキャラクタ達です。
読んで下さった方々有難うございました!


Re: 第三回SS大会小説投票期間! 本日十一時締め切り! ( No.171 )
日時: 2012/02/24 20:11
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: きゅぅベェ「僕と契約して魔法少女になってよ?」岡部「だが、ルカ子は男だ!」きゅぅベェ「何だって!?」

第三回SS大会エントリー作品!



No1 ゆかむらさき様作 『アンタに完敗。』 >>122-125
No2 狒牙様作 title:Dream Sky >>126-132
No3 檜原武甲様作 『非日常的な赤毛の不運で不幸な人生生活』 >>133-139
No4 秋原かざや様作 『無限のソラと、タダのカラ箱から』 >>140-142
No5 瑚雲様作 【空からは色々な物が落ちてくるのです。】 >>143
No6 sora様作 【僕に言葉があったなら】 >>147
No7 玖龍様作 【曇天】 >>148
No8 ランスキー様作 【翼】 >>149-155
No9 アビス様作 ~を切り裂く者~ >>156-160
No10 白波様作 ┃ブルーマンと雨と二十の扉┃ >>161-163


No11 猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」 >>164-170
No12 陸上バカ様作 :「浮遊系少女」 >>172



以上、全十二作がエントリーしましたvv
今回は少ないから皆さん賞を授与できる可能性が高そうですね(笑

Re: 第三回SS大会 投票期間! 2/23~3/1まで!! ( No.172 )
日時: 2012/02/24 19:58
名前: 陸上バカ

また参加させていただきます!
ごめんなさい、やっぱりもう遅いですか?
すいません……


タイトル:「浮遊系少女」



 わたしは青空がきらいだ。



 めいちゃんめいちゃんとまとわりついてくるうっとおしい声を無視しながら、わたしは歩いている。足元でざくざく鳴る新雪がハナミの声と対照的で小気味いい。
「ハナミ!」
 十四回目のめいちゃんを遮るようにわたしは叫んだ。後ろを振り向くと、一人分の足跡と不思議顔のハナミがいる。わたしはハナミの存在を確認してから、
「ああ、幻聴じゃないのね……」
 と呟いた。
「ねえ、めいちゃん」
 得意顔でハナミが言う。
「空、飛ばない?」
 肩に積もった雪を振り払ってわたしは一言。
 いいじゃない。

 幼なじみの君川ハナミのせいで、幼い頃から苦労ばかりしている。
 とりあえず「個性豊かな」、素晴らしく「発想性のいい」お嬢様でいらっしゃるハナミさんに付き合うのは並みの精神力では追いつけない。
 そして悲しいことながら、面倒見のいいわたしは、今回こそ放っておこうと決めていても、結局付き合い助けてしまうのだ。
 しかし……
 しかしながら、今回のような事例は初めてである。
「めいちゃん、早く、早くっ」
 先を行くハナミを見て、ため息をつく。いいじゃない、とは言ったものの、飛び方なんてわたしは知らない。
「ねえ、ハナミ、空は飛んでみたいけど、わたしは飛べな――」
「ほら、めいちゃん早く!」
 そのとき、ふわっと身体が浮いた。
 ハナミに引っ張られる形で宙に浮く。
「きゃあっ」
 思わず、叫び声が漏れる。
 考えていた以上に空を飛ぶって怖い。いつもは助けているハナミに逆にすがりつく。だって、ハナミの手を離したら、わたしはまっさかさまなのだ。
 なのにハナミったら、
「高度を上げてみよう!」
 なんて楽しそうに飛行機のまねをする。
「やだやだ、ばっかじゃないの!? わたしは無理っ。ねえ、ハナミ!」
「行くよ、めいちゃんっ」
 きゃあああああああああっ
 わたしの大絶叫が空に響く。
 ちょうど、のびたくんとドラえもんが飛んでいるくらいの高さだ。いつも住んでいる街がミニチュアみたいに見える。
 ここまで来てしまうと腹が据わった。
「ハナミ!」
「なに、めいちゃん?」
「もっと高いところまで行くわよ!」
 らじゃ、と笑顔でハナミが答えた。久しぶりのハナミの笑顔。わたしはうなづいて、ぐんっと高度を上げた。
「めいちゃん、見て! 鳥! 雲!」
「あーもう、騒ぐなって。落ちるでしょーっ」
 ひゅんひゅん、と鳥がわたしたちを見物しながら飛んでいく。
 ハナミは楽しそうに渡り鳥と異国の話をし、わたしは雲の綿菓子を堪能した。
「めいちゃん、あたし、すっごい楽しかった」
 渡り鳥にばいばい、と手を振りながら、ハナミが言う。わたしはうなづかなかった。
「ありがと、めいちゃん」
 ――ハナミはわたしの手を離した。

 地上へ戻ってから、わたしはハナミの家へ行った。
 去年はやつれていたおばさんも、今では少し元に戻り、笑顔でわたしを歓迎してくれた。
 ハナミの部屋を通りすぎて、仏壇の前に座る。
 線香をあげて、改めて「君川花美」という名前の横にある彼女の遺影を見た。さっきと同じような笑顔。もう一年も経っているのに、ハナミは年をとらない。
「もう、一年も経ったなんて、考えられないわ」
 気付くと、隣におばさんが座っていた。
「あの子が自殺してから、もう一年か。芽衣子ちゃんと同じ公立中学に進まず、私立中学なんて行ったから。芽衣子ちゃんと同じ中学校なら、いじめで自殺なんてことにならなかったのに……」
 その先をわたしは「おばさん」と言って遮る。そんな話、もうこりごりだ。
「来年もあの子の命日に来てあげてね」

 ハナミの家を出て、わたしは空を見上げた。
 彼女が死んだのは、こんな日だった。
 だけど彼女は自殺したんじゃない。空を飛ぼうとして、ビルから転落したのだ。空があまりにも青かったから。


 わたしは青空がきらいだ。

Re: 第三回SS大会 投票期間! 2/23~3/1まで!! ( No.173 )
日時: 2012/02/25 12:24
名前: 狒牙◆nadZQ.XKhM

総合部門(キャラ・ストーリー・文章・雰囲気・テーマに沿っているか):ランスキー様作 【翼】
キャラクタ性(キャラクタの評価が極端に高い作品):ゆかむらさき様作 『アンタに完敗。』 
ストーリー性(ストーリーが凄く上手い、または面白いと思った作品):檜原武甲様作 『非日常的な赤毛の不運で不幸な人生生活』
文章力(文章が、上手な作品):ランスキー様作 【翼】
雰囲気(独特の雰囲気のある作品):sora様作 【僕に言葉があったなら】
テーマ(どれだけテーマにそれているか):猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」
題名(どれだけ心に残るか特徴的か):玖龍様作 【曇天】


選んだ理由のコーナー(?)

総合:文章でも選んだ通り文章がしっかりしているのと、神話や偉人が出てきて、続きなどが想像できてしまったのですが面白かったです。

キャラクター:この部門は一番最後の一行ですね。
       『――――星屑のちらばるステージに舞う…………ブーメラン男とランジェリー女。』の部分が
       登場人物が望んでそうなった訳ではないのですが凄い濃いなと思ったのでそうしました。

ストーリー:赤毛というのが何なのか最後まで明かされなかったので続きが気になるというか……そんな感じです。

雰囲気:鳥視点、と言うか人間以外の視点が今回珍しかったので、独特の雰囲気だったと思います。内容も良かったと思います。

テーマ:飛べない者の空への憧れ、空は誰のものでもないって言うのが真理かな、と思いました。
    実際現実でも「宇宙は誰のものでもない」みたいな取り決めがあるようですし。

題名:空と心の様子がかかっていて、ストーリーも心に残ったのでここに選ばせて頂きました。




今回は量は少ないけれど選ぶのが難しかったです。
前回はやはり多かったので何かに突出している、というのがとても決めやすかったので。
やはり数が少ないと選ぶ時が大変なんですね。
では、ありがとうございました。

Re: 第三回SS大会 投票期間! 2/23~3/1まで!! ( No.174 )
日時: 2012/02/25 17:10
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: きゅぅベェ「僕と契約して魔法少女になってよ?」岡部「だが、ルカ子は男だ!」きゅぅベェ「何だって!?」

~コピペ~
総合部門(キャラ・ストーリー・文章・雰囲気・テーマに沿っているか):檜原武甲様作 『非日常的な赤毛の不運で不幸な人生生活』
キャラクタ性(キャラクタの評価が極端に高い作品):ゆかむらさき様作 『アンタに完敗。』 
ストーリー性(ストーリーが凄く上手い、または面白いと思った作品):アビス様作 ~を切り裂く者~ 
文章力(文章が、上手な作品):ランスキー様作 【翼】
雰囲気(独特の雰囲気のある作品): 陸上バカ様作 :「浮遊系少女」
テーマ(どれだけテーマにそれているか):sora様作 【僕に言葉があったなら】
題名(どれだけ心に残るか特徴的か):白波様作 ┃ブルーマンと雨と二十の扉┃
~切り取り~

Re: 第三回SS大会 投票期間! 2/23~3/1まで!! ( No.175 )
日時: 2012/02/26 12:06
名前: 陸上バカ

総合部門(キャラ・ストーリー・文章・雰囲気・テーマに沿っているか):狒牙様「Dream Sky」
キャラクタ性(キャラクタの評価が極端に高い作品):ゆかむらさき様「アンタに完敗。」
ストーリー性(ストーリーが凄く上手い、または面白いと思った作品):狒牙様「Dream Sky」
文章力(文章が、上手な作品):sora様「僕に言葉があったなら」
雰囲気(独特の雰囲気のある作品):檜原武甲様「非日常的な赤毛の不運で不幸な人生生活」
テーマ(どれだけテーマにそれているか):アビス様「を切り裂く者」
題名(どれだけ心に残るか特徴的か):瑚雲様「空からは色々な物が落ちてくるのです。」

Re: 第三回SS大会 投票期間! 2/23~3/1まで!! ( No.176 )
日時: 2012/02/27 22:08
名前: アビス

総合部門(キャラ・ストーリー・文章・雰囲気・テーマに沿っているか):猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」
キャラクタ性(キャラクタの評価が極端に高い作品):ゆかむらさき様作 『アンタに完敗。』
ストーリー性(ストーリーが凄く上手い、または面白いと思った作品):狒牙様作 title:Dream Sky
文章力(文章が、上手な作品):猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」
雰囲気(独特の雰囲気のある作品):猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」
テーマ(どれだけテーマにそれているか):sora様作 【僕に言葉があったなら】
題名(どれだけ心に残るか特徴的か):瑚雲様作 【空からは色々な物が落ちてくるのです。】 
~切り取り~

Re: 第三回SS大会 投票期間! 2/23~3/5まで!! ( No.178 )
日時: 2012/02/29 18:30
名前: 楽朝

気になっていたのですがまだこちらで
書いたことはありませんが初参加をば…よろしくおねがいします。


~コピペ~
総合部門(キャラ・ストーリー・文章・雰囲気・テーマに沿っているか): 猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」
キャラクタ性(キャラクタの評価が極端に高い作品):ランスキー様作 【翼】
ストーリー性(ストーリーが凄く上手い、または面白いと思った作品):狒牙様作 title:Dream Sky
文章力(文章が、上手な作品):狒牙様作 title:Dream Sky
雰囲気(独特の雰囲気のある作品):秋原かざや様作 『無限のソラと、タダのカラ箱から』
テーマ(どれだけテーマにそれているか):猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」
題名(どれだけ心に残るか特徴的か):白波様作 ┃ブルーマンと雨と二十の扉┃
~切り取り~

Re: 第三回SS大会 投票期間! 2/23~3/5まで!! ( No.179 )
日時: 2012/03/01 22:18
名前: 檜原武甲◆gmZ2kt9BDc
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=11691

総合部門(キャラ・ストーリー・文章・雰囲気・テーマに沿っているか):狒牙様作 title:Dream Sky 
キャラクタ性(キャラクタの評価が極端に高い作品):ランスキー様作 【翼】 
ストーリー性(ストーリーが凄く上手い、または面白いと思った作品):ランスキー様作 【翼】
文章力(文章が、上手な作品):狒牙様作 title:Dream Sky 
雰囲気(独特の雰囲気のある作品):狒牙様作 title:Dream Sky
テーマ(どれだけテーマにそれているか):猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」
題名(どれだけ心に残るか特徴的か):瑚雲様作 【空からは色々な物が落ちてくるのです。】 

Re: 第三回SS大会 投票期間延長! 三月九日まで! ( No.181 )
日時: 2012/03/08 20:00
名前: ただの通りすがり

総合部門(キャラ・ストーリー・文章・雰囲気・テーマに沿っているか):陸上バカ様作 :「浮遊系少女」
キャラクタ性(キャラクタの評価が極端に高い作品):秋原かざや様作 『無限のソラと、タダのカラ箱から』 
ストーリー性(ストーリーが凄く上手い、または面白いと思った作品):陸上バカ様作 :「浮遊系少女」
文章力(文章が、上手な作品):ランスキー様作 【翼】
雰囲気(独特の雰囲気のある作品):玖龍様作 【曇天】
テーマ(どれだけテーマにそれているか):白波様作 ┃ブルーマンと雨と二十の扉┃
題名(どれだけ心に残るか特徴的か):sora様作 【僕に言葉があったなら】



一読の印象で決めました
ごめんなさい

Re: 第三回SS大会 投票期間延長! 三月九日まで! ( No.183 )
日時: 2012/03/09 14:03
名前: トレモロ
参照: お前に足りないのはッ!情熱思想理想思考気品優雅さ勤勉さ!そして何より――速さが足りない! 

~コピペ~
総合部門(キャラ・ストーリー・文章・雰囲気・テーマに沿っているか):秋原かざや様作 『無限のソラと、タダのカラ箱から』
キャラクタ性(キャラクタの評価が極端に高い作品):秋原かざや様作 『無限のソラと、タダのカラ箱から』
ストーリー性(ストーリーが凄く上手い、または面白いと思った作品):
文章力(文章が、上手な作品):猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」
雰囲気(独特の雰囲気のある作品):sora様作 【僕に言葉があったなら】
テーマ(どれだけテーマにそれているか):玖龍様作【曇天】
題名(どれだけ心に残るか特徴的か):猫様作 「I arrive in the sky. If I raise a palm」
~切り取り~

はい、第三回間に合わず参加できなくてサーセン(笑) とふまじめに謝りつつ(オイ!)投票だけでもさせていただきました!
今回も甲乙付け難いものばかりでしたね!
個人的に気に入ったモノに投票させていただきました(いやそりゃそうだ
ストーリーの場所だけ空きでございます。
これはいないという訳では無くて、選べないといったほうが正しいですw
それでは、皆様とうこうおつかれさまっした!
第四回も楽しみにしています!俺も頑張るですよw

Re: 第三回SS大会 集計中 ( No.185 )
日時: 2012/03/14 00:57
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: アクセラ「良いね良いね最高だねぇ!」アニューゼ「何ですかコイツは! きめぇですね!」

第三回大会「空」 優秀賞作品一覧 

総合部門 狒牙様 猫 二名が票数同数にて一位
キャラクタ性 ゆかむらさき様
ストーリー性 狒牙様
文章力 ランスキー様
雰囲気 sora様
テーマ 
題名 瑚雲様
最優秀賞 




今回の作品は総じてレベルが高かったのだけど選択肢が少なくて白熱しなかったように思う。
投票数も投稿数ももっとアップして欲しい^^
上手じゃなくても良い。評価が独りよがりでも良い……盛況して欲しいなぁ……
単なる自分の願望ですが……ね(苦笑

第四回もやるから待っててね!

Re: 第三回SS大会 結果発表!!! ( No.186 )
日時: 2012/03/14 14:26
名前: 秋原かざや◆FqvuKYl6F6

各賞の優秀者さん、おめでとうございます!!
そして、私の作品に入れてくれた皆さん、本当にありがとうございますっ!!
次回は、どこかの賞に入るよう、頑張りたいです☆
皆さん、おめでとう&ありがとうっ!!


投票ですか?
今回は、ちょっと仕事が立て込んでたので、見送りしましたが……うーん、やっぱり、タイトルを入れて、投稿するスタイルが、ちょっと面倒なのが、ネックなのかなーと思います。

私も投票するときは、ここではなく、自サイトで、専用のアンケートフォームを作って投票しようかなと思っています(というか、私の小説事態が、別サイトに跨って、投稿しているので)。
フォームだと、クリック一つを選ぶだけでいいので、ラクチンなのですよ。


あるいは、作品を上位3個までにするとか。

とにかく、がんばってくださいっ!!
新しいテーマ等、楽しみに待っていますっ!!

Re: 第三回SS大会 結果発表!!! ( No.187 )
日時: 2012/03/20 21:32
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel2/index.cgi?mode=view&no=18243

上げます。

秋原様、コメント及び助言有難うございました。



お知らせ

第四回大会開催! お題は「夏」 です!

Re: 第四回SS大会 小説投稿期間 3/21~4/8 ( No.188 )
日時: 2012/04/06 17:12
名前: 夜道◆kaIJiHXrg2
参照: 結構来るの久しぶりだな…・・・

 どうも、お久しぶりです。 最近中二病か極めるとスッゲーかっこいいとか気付いたクリスマスさんです。
 クリスマス過ぎたんでHN変えようか検討中。 と、いい加減投下します。



 『夏なんか嫌いだ』 
 
 無意識の内にそんなことを呟いた気がする。 夏休み明け……教室の窓から、照りつける熱光線をその身に浴びていれば自然とこんな言葉も口を突いて出てしまうだろう。 俺は、夏が恐らく四季の中で最も嫌いだ。
 夏と言って、皆は何を連想するのだろう? まぁ、俺みたいなクールなやつだと人気の無い所に歩いていって、日陰でアイス食ってるくらいのモンだ。 ところが、リア充共はやれ海だ、山だ、川だだのと大はしゃぎする。

 「ねえ、夏休み何してた?」

 夏休みが終わって、学校に来ての第一声は決まってこれである。 それは、答えなければいけないのだろうか?
 正直、夏なんか嫌いだ。 別に、海とか山とか川とか、それらを否定するつもりは無い。 だが、暑い中群れて海に、山に、川に。 あとついでに市民プールを占拠するリア充共は一体何が楽しいのだろう?
 集団のなかに居ると、余計人熱で暑い。 元々群れを成して生活する狼だった犬だって、一匹ぐでぐでーっと伸びている有様なのだ。 群れれば余計に暑く、死んでしまうのではないだろうかとまで思わせる。
 猫に至っては、夏場に二匹で居る姿を見ることは稀だ。 猫自体、見ることが稀である。 猫に関しては、恐らく俺のように誰もいない日影を求めて旅をしているのではなかろうかとまで思わせるほどだ。 
 そんな中、集団で大はしゃぎするリア充はどこか違う気がする。 そう、なんか違うのだ。 常に群れるリア充よりも、ぶっちゃけ俺のほうが生き物として正しい気がする。 それをリア充に言おうものなら「なにこいつ、中二病?」というような目で見られるわけだ。 
 それらが余計に、夏の暑さを際立たせている気がする。 あと、忘れてはならないのがセミである。 夏嫌いにとっての地獄は、セミの鳴き声が最も大きいだろう。
 リア充の大は騒ぎを一とするなら、セミは四くらいになるのではないだろうか。 いくら地中に六年七年もぐっていたからと言って、出てきて直ぐに欲情し、大声で求愛する。 ヘッドホンをつけてもまだ聞こえてくるその声量はもはや合唱ではなく騒音である。 求愛以前に彼等の鳴き声の源となるのは、余命が残り少ない故の叫喚阿鼻だろうか。 今際の極みのような鳴きっぷりである。
 ちなみに、叫喚阿鼻と阿鼻叫喚は単語の並びが違うだけで同じ意味である。 みんなの使わない聞きなれてないほうを使ったほうが、かっこいいとか思った奴は中二病予備軍である。 ……超どうでもいい。 暑さに当てられ、頭の回転が鈍っている気がする。 さっきから、全くどうでもいい方向に話が進んでいるような気がしてきた。

 結局、夏というのはセミの大合唱で際立った暑さを身に受けながら、市民プールを集団占拠するリア充を迷惑だと思い横目で見ながら、日影を求めて猫のように旅をしながらすごすのだ。 
 そして、夏休みが終わり「なにしてた?」と聞かれ、答えると哀れんだ目で見られる。 当然ながら、今年も俺は大して何もすることなくグダグダと、日影に引き込んだ扇機の前で、アイスを齧りながら過ごすのだ。 曲がり角でぶつかった美少女との出会いなど無ければ、友人集団とも付き合いが無い。 
 フィクションに何かあっても自分には何も無いのが、現実なのだから。
 八月の数日間を百何年も繰り返すこともなければ、夏休みが永遠に続くわけでもない。 続いたとしても、市民プールを占拠するリア充を横目に、蝉の騒音被害で余計な暑苦しさを感じながら過ごしたのだ。
 あえて今、この場で俺に「夏は好きか?」と聞けば俺は一言こういうだろう。

 「夏なんか嫌いだ」と。


 ……ところで、これは余談だが何故だろうか? アニメや漫画だとすかしたようなクールな奴が好まれる。 しかし、現実に居れば素の性格でもこんな顔で見られるものだ。

 「なに、中二病?」

 やっぱり、夏なんか嫌いだ。
                                         END


……何だこれ
読み返して自分でうわってなった

ハイライト解除

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 全レス