雑談掲示板

第十一回SS大会 お題「無」 結果発表
日時: 2014/02/27 20:57
名前: 死(元猫 ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.info/bbs/index.cgi?mode=view&no=16247

第十一回SS大会 お題「無」
>>523に第十一回大会結果紹介

始めましての方は、初めまして! お久し振りの方達はお久しぶり♪
何番煎じだよとか主が一番分っているので言わないで(汗
余りに批判が強ければ、削除依頼しますので!

題名の通りSSを掲載しあう感じです。
一大会毎にお題を主(猫)が決めますので皆様は御題にそったSSを投稿して下さい♪
基本的に文字数制限などはなしで小説の投稿の期間は、お題発表から大体一ヶ月とさせて貰います♪
そして、それからニ週間位投票期間を設けたいと思います。
なお、SSには夫々、題名を付けて下さい。題名は、他の人のと被らないように注意ください。
 

投票について変更させて貰います。
気に入った作品を三つ選んで題名でも作者名でも良いので書いて下さい♪
それだけでOKです^^

では、沢山の作品待ってます!
宜しくお願いします。

意味がわからないという方は、私にお聞き願います♪
尚、主も時々、投稿すると思います。
最後に、他者の評価に、波を立てたりしないように!



~今迄の質問に対する答え~

・文字数は特に決まっていません。 
三百文字とかの短い文章でも物語の体をなしていればOKです。 
また、二万とか三万位とかの長さの文章でもOKですよ^^
・評価のときは、自分の小説には原則投票しないで下さい。
・一大会で一人がエントリーできるのは一作品だけです。書き直しとか物語を完全に書き直すとかはOKですよ?

――――連絡欄――――

第一回大会 優秀賞作品一覧 >>17に掲載!

第二回SS大会 エントリー作品一覧 >>84に掲載!

第二回大会 優秀賞作品一覧 >>110に掲載!

第三回SS大会 エントリー作品一覧 >>171に掲載!

第三回大会 優秀賞作品一覧 >>185に掲載!

第四回SS大会 エントリー作品一覧 >>224に掲載!

第四回SS大会 結果発表 >>239に掲載!

第五回SS大会 エントリー作品一覧 >>284に掲載!

第五回SS大会 結果発表 >>296に掲載!

第六回SS大会 エントリー作品一覧 >>335に掲載!

第六回SS大会 結果発表 >>340に掲載!

第七回SS大会 エントリー作品一覧 >>377に掲載!

第七回SS大会 結果発表 >>391に掲載!

第八回SS大会 エントリー作品一覧 >>408に掲載!

第八回SS大会 結果発表 >>420に掲載!

第九回SS大会 エントリー作品一覧 >>444に掲載!

第九回SS大会 結果発表 >>453に掲載!

第十回SS大会 エントリー作品一覧 >>481に掲載!

第十回SS大会 結果発表 >>495に掲載!

第十一回SS大会 エントリー作品一覧 >>515に掲載!

第十一回SS大会 結果発表 >>523に掲載!

_____報告
第四回大会より投票の仕方を変えました。改めて宜しくお願いします。

ハイライト解除

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 全レス



Re: 第五回SS大会「夢」 投票期間 5/23~6/7まで ( No.295 )
日時: 2012/06/06 20:20
名前: 夕凪旋◆PQzQy5g.72
参照: とーひょー。

こんばんは、投票させて頂きます。

水色水色様作  『二つと一人』
果世様作 「夢路は遠くにありて」

ギリギリになったのは悩んだからです、ええw
本っ当にどれも良い作品ばかりで読むのがとても楽しかったですw ご馳走様でした←

Re: 第五回SS大会「夢」 統計中 ( No.296 )
日時: 2012/06/10 13:43
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: 吉良「お腹に穴が開いてしまいました」修兵「あれで生きてたら詐欺だな」吉良「松本副隊長は普通に生きてたのに!」修兵「乱菊さんとお前は違う!!」

第五回SS大会「夢」 結果発表

一位:夕凪旋様作 『Nostalgia』
二位:月牙様作 title:Dream that show the dream
三位:遮犬様作 【夢のモーニングコール】瑚雲様作 【夢を、叶える子】果世様作 「夢路は遠くにありて」票数同数

以上、ベスト3でした!
今回入賞しなかった方々も次回頑張って下さいね♪

Re: 第五回SS大会「夢」 結果発表!!! ( No.298 )
日時: 2012/06/10 17:04
名前: 瑚雲◆6leuycUnLw

GYAAAAAAAAAAA!!!(((((((ぇ


ごめんなさい!! ホント御免なさいィィィ!!

投票がぁ…。 今回は本当にしたかったです…((泣

投稿するだけしといてあれですよね、あぁぁぁぁ…。



修学旅行と英検と都大会と試験でごちゃごちゃしてたなんて言えません。
……ホント言い訳ごめんなさい←



次回はできたらやりたいです!! そして投票して下さった人有難う御座いました!!!

Re: 第五回SS大会「夢」 結果発表!!! ( No.299 )
日時: 2012/06/10 22:36
名前: 月牙◆nadZQ.XKhM

ほんっとすいません。自分も投票忘れてました。
文化祭でじたばたしてて、投票期間に入ったのに気付かずに昨日見たら統計中で……。
次回は投票の方もきっちりこなしたいと思います。

次回は作品自体にももう少し力入れたいと思います。
では、次のお題をお待ちしております。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/1まで ( No.300 )
日時: 2012/06/14 18:48
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: 吉良「お腹に穴が開いてしまいました」修兵「あれで生きてたら詐欺だな」吉良「松本副隊長は普通に生きてたのに!」修兵「乱菊さんとお前は違う!!」

瑚雲様&月牙様
次は是非是非投票もして下さいな^^

第六回大会のお題は「魔法」です!
沢山の投稿待ってます!

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/1まで ( No.301 )
日時: 2012/06/11 21:22
名前: 月牙◆nadZQ.XKhM

あ、はい。次こそは……。

魔法ですか、短編では初めての試みとして真剣に闘うシーン書いてみようかなぁ……。
まずは話を考えてみます。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/1まで ( No.302 )
日時: 2012/06/12 09:54
名前: 秋原かざや◆FqvuKYl6F6

おおっ!!
次は魔法ですね!! 面白そうなお題!!
今回もがんばろー☆

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/1まで ( No.303 )
日時: 2012/06/12 14:10
名前: お菓子◆g.dGE4jsB.
参照: http://初めましてーw


一人・・・・・w



誰か来ないかなー

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/1まで ( No.304 )
日時: 2012/06/13 17:14
名前: 瑚雲◆6leuycUnLw

>>猫さん
 
 す、すみません…実は『糊』ではなく『瑚』なんですよね。
 皆さん良く間違えてしまうで注意して下さい;;


 はい、次こそは投票したいなと思っております…っ!
 今回は『魔法』ですねっ、うわぁ~なんか楽しみです!!((笑

 

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/1まで ( No.305 )
日時: 2012/06/13 17:37
名前: 檜原武甲◆gmZ2kt9BDc

お久しぶりです……

今回の「魔法」参加します……


以上~

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/1まで ( No.307 )
日時: 2012/06/18 13:06
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: 吉良「乱菊さんに夢見すぎでは檜佐木先輩?」修兵「何?」吉良「だって乱菊さん人気も何も僕らに負けてますよ!」修兵「乱菊さんの侮辱は許さん」

>>304

HN修正しました! 申し訳ありませんでした!





Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/1まで ( No.308 )
日時: 2012/06/24 11:19
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: 吉良「乱菊さんに夢見すぎでは檜佐木先輩?」修兵「何?」吉良「だって乱菊さん人気も何も僕らに負けてますよ!」修兵「乱菊さんの侮辱は許さん」

上げさせて貰います。
十日以上経っているのに一つも小説が投稿されていなくて焦っています(汗
短い作品でも長い作品でもト書きでも良いので投稿求むです! 

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/1まで ( No.309 )
日時: 2012/06/24 14:04
名前: 杏

 乱入すみません・・・夕凪旋様作 『Nostalgia』読みました!素晴らしかったですっ。

支援あげますっ。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.310 )
日時: 2012/06/25 18:39
名前: 月牙◆nadZQ.XKhM

半分出来たので、もうあと数日で投稿できるようにしたいと思います。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.311 )
日時: 2012/06/30 00:07
名前: 秋原かざや◆FqvuKYl6F6

今、ネタをねりねりしているところです。
出来たらアップしますねー。
支援あげー。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.312 )
日時: 2012/06/30 13:36
名前: 瑚雲◆6leuycUnLw

  【Magic of smile】 1/3


 笑わない少女がいた。
 彼女は見た目良し、頭良しの小学6年生で、
 強いて欠点を述べるならば、“社会性”。

 そもそも本人は笑わない。
 面白い番組を見たって、他人と喋っていたって、
 家族と一緒にいる時でさえ、彼女は笑わないのである。


 「うわ…またお出ましかよ“仮面女”」
 「ホントだ、クラスの空気下がるよなー」

 そんな声が彼女を耳に届く。
 紺色の帽子を被って、鮮やかな赤のランドセルを背負って、 
 地味でもない服装をしていて尚、彼女の顔は感情を示さない。

 それでついたあだ名が、“仮面女”。

 「ちょっと!! そういう事やめよーよ!! 上野さん困ってるじゃん!!」

 然し彼女には見方がいて、元気旺盛なクラスの人気者、夏川笑奈が大声で会話を断ち切る。

 「何だよ夏川、お前こんな仮面女の見方な訳? やってらんねー」
 「どうせ成績の為だろ……、よっ! 優等生!!」
 「そういうのじゃなくて!! 上野さんに謝ってよ!!」

 こんな会話が、毎日毎日、飽きる程繰り返されている。
 上野さん。そう呼ばれた別名“仮面女”は、またも表情を変える事なく席につく。
 そしてじっと座って、本を読んだりするだけ。
 彼女に近づこうだなんて誰も思わない。そう、誰も。
 ただ夏川笑奈だけがそんな彼女の姿をずっと見てきた。
 そして友達になりたいと、そう思っていた。


 「…来週の運動会だけど、皆ちゃんと練習しているみたいで………」

 
 来週の土曜日に控えたのは、運動会。
 小学校生活最後の大イベントで、ここの学校はクラス対抗な為クラスの団結力が鍵となる。
 然し今の状況では、このクラスは負ける一方。
 先生も必死になっているのである。

 「あ、上野さん!! 一緒に帰ろうーっ!」

 ぶんぶん、と勢い良く笑奈は手を振った。
 それを否定するように、上野真希(マキ)…、仮面女は笑顔も作らずふっと背中を向けて歩き出した。
 寂しげになる自分の右手。
 笑奈はぎゅっと右手を握り締めて、他の子と一緒に帰った。


 「おかえり真希ーっ、お前来週運動会なんだってな!!」

 帰るなり自分を迎えたのは演劇部所属の中学生の兄、真人(マナト)だった。
 彼はとても元気な声で妹を迎え、わくわくしたような顔で玄関まで走り寄ってきた。

 「そう…だけど」
 「俺部活もないから応援行くわ!! なんたって真希の小学校最後の運動会だもんなぁ~!」
 「……別に良いのに」
 「そんな顔すんなって!! また仮面女とか言われたのか?」

 どうやら担任の先生から話を聞いていたらしい。
 彼女は少し顔を曇らせると、また何でもなかったかのようにリビングまで歩く。
 
 「……ああロミオ…貴方は何故ロミオなの……?」
 「そんなくさい演技は嫌い」
 「何だよーっ、あ、俺今度学芸で主役やるからっ! 絶対見に来いよなぁー」
 「……今度って、10月じゃないの」

 兄を軽くあしらって、カタンと椅子に腰をかける。
 彼女はまた笑うこともなく夜ご飯を食べ、2階にある自分の部屋に戻った。
 妹想いがちょっと過ぎた中学生の兄はそんな様子を眺め、寂しそうに一人、カレーライスを食べる。

 

 それからの毎日、上野真希は何度学校に行ってもこの間の続きみたいに、笑奈と男子数名が喧嘩しているのを見る。
 別にどうでもいいのに、と彼女は呟いていた。
 どうせ笑い方も知らない自分だもの。夏川さんのような人気者に構ってもらいたいなんて思ってもいない。
 笑いたきゃ笑えば良いと、彼女の無感情な顔はそう言った。

 



 運動会当日の事。
 彼女のクラスは精一杯頑張って、声を出して、協力して、一生懸命だった。
 たった一人を除いて。
 どの競技にも不向きな彼女は、特に運動が得意な訳ではないので活躍の場面もなく、
 そのまま時が経ち、日は傾いていく。
 砂だらけになった皆の顔を見て、自分の顔を見る。
 努力のしていない綺麗な顔。

 嫌だなって、もっとできたのかなって、そう思うようになったのに。


 結果は、ビリから2番目だった。




 「どう考えたって、仮面女のせいだろ!! あいつクラス対抗リレーでこけたんだぜ!?」
 「そうだそうだ!! しかもあいつ障害物競走でもビリだったしっ!」
 「笑わねぇし頑張らねぇーし、ホントなんなの!?」

 教室に戻った途端、真希を責めたてる声が上がった。
 そう、彼女はリレーやなんやで、かなり失敗を重ねていた成績がある。
 鈍くさい訳ではないのだろうが、やはり普段練習でも皆と一線置いていた彼女にとっては無理があったのだ。
 そうして失敗を重ねた彼女のせいで負けたんだと、クラスの男子は言い張っていた。

 「あのねぇ…!! これはクラス対抗なんだよ!? 上野さんだけのせいな訳ないじゃん!!」
 「じゃあ誰だよ!! 俺達は頑張ったんだよ!!」 
 「皆の責任だし、別に上野さんだけを責める理由はないと思うんだけどっ!!」

 いつもよりもヒートアップした喧嘩が始まる。
 しかも、真希側についているのは笑奈だけであって、他は傍観者か反抗的な男子数名だった。
 そんな圧倒的な立場で、笑奈は退かない。
 真希だけのせいではないんだと、そう強く言い張っていた。

 然し本人はもう、限界だった。

 「……やめて、下さい」

 消え入りそうな程小さな声に、皆がぴたりと発言を止めた。
 
 「私を責めるなら…それで良い。でも……夏川さんは悪くないから……責めないで…」

 もう十分です、とでも言うように、真希は言った。
 そしてそのままランドセルを背負って、ゆっくり廊下を歩きだす。

 「…う、えのさん……? 上野さんっ!」

 笑奈の大きな声をも無視するように、仮面を被った少女は振り向きもせず歩き続けた。
 家に帰って、泣くこともなく、ベッドに横たわる。

 「……夏川さんは、悪くないのに」

 自分がもっと笑える子だったら良かったのに。
 初めてそう思った。

 そしたら彼女は、私にもっと笑ってくれるのかな。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.313 )
日時: 2012/06/30 13:29
名前: 瑚雲◆6leuycUnLw

 【Magic of smile】 2/3

 朝。乗らない気持ちのまま笑わない彼女は歩き出した。
 今日は運動会が終わって初めての学校の登校日。
 赤いランドセルを背負って、気持ちの良い朝を迎えて。
 そんな憂鬱な朝、進まない足を交互に動かし。


 そうして、少しの背の高い人とぶつかった。

 「…っ!」

 ドン、と押されて思わず尻餅をつく真希。
 痛いと思っていた最中、にゅっと腕が伸びてきた。
 どうやらぶつかった人が腕を伸ばしてくれているらしい。

 「…どうも」
 
 無愛想にそう言うと、少しお辞儀をして過ぎようとする。
 でも。

 「はーい!! そこのお嬢さん? “笑顔になれる魔法のお薬”はいりませんかー?」

 いきなり呼び止められ、変な仮面をした黒ずくめのお兄さんはにこにこと笑う。
 真希は心底興味がない為、もう一度振り直す。

 「ちょちょ、ちょっとー? 全然怪しくないですよー?」
 「…見た目怪しい人ですが」
 「う…、そんな事言わずにはいはいはいーっ!」

 ぐいぐいっと、変なビンを押し付けられた。
 ビンには“Magic of smile”と表記されている。
 
 「…?、?」
 「その薬はどんなに暗い子でも一瞬で笑顔になれちゃう魔法のお薬なんですよー?」
 「……」

 真希はじっとビンを見つめて、
 それをポケットに押し込んで歩き出した。

 「あ、あれ?」
 「……授業に遅れますので、では」

 変な黒ずくめの男を置いて、さっさと小走りで先を急ぐ。
 学校に着いたらぎりぎりの時間で、誰もが席についていた。
 嫌な視線が届く。あれ程嫌がっていた学校に急いで来てしまった事を心から後悔した。

 「1時間目は先生が遅れるそうなので自習にします。皆さん静かにしてて下さいねー」

 今日は担任の先生がお休みらしい。
 そしてその先生も他のクラスの担任なのでどこかへ消えてしまった。
 まずい、この間の喧嘩の続きをされるかもしれない。
 そう、思った矢先だった。

 「……じゃあこの間の件だけど…」

 いきなり、クラスの中心的存在である男子が立ち上がり、話を始めようとした。

 「……ま、待って…!!」

 そこで仮面の少女は、ガタンと立ち上がる。
 しかしその拍子に、ポケットに突っ込んだ今朝の変なビンが転がり落ちた。

 「…? 何だこれ」

 その男子はひょいと持ち上げる。
 透明な水が入ったそのビンをじっと見つめてから、

 「はっはーん、仮面女、校則違反物だぜ? これ」
 「マジで!? 何何ジュース!?」
 「ちょ、あんた達…っ!!」

 笑奈が立ち上がったところで、男子はきゅぽっ、という音を出してビンの蓋を開けた。
 そして……いきなり飲み出した。

 「あ…っ」

 今朝、変な男から貰った笑顔の薬。
 飲もうとは思っていなかったけれど、何が入っているか検討もつかない代物だ。

 「……ど、どう?」

 クラスの皆がしんとなる。
 そしてその男子は、小刻みに震え出して、

 「…ぎ…ぁ…、ぎゅいえあがばぁーッ!!!!」

 「「「「!!!?」」」」

 変な声を、出した。
 とても地球上の生物とは思えない程の声。
 クラスの皆がその反応に動きを止める。

 「お、おい…」
 「大丈夫、か…?」

 何だ何だと、ぞろぞろその男子の付近へ集まってくるクラスメイト。

 「な、なんつうか……あれ?しょっぱい?…でもほろ甘いような……あーいいや、辛い!! あれ!? 違う苦い!?」
 「「「…つまり?」」」
 「……なんともいえねぇ…」

 恐ろしいものを口にしたと、その男子はぜーはー言いながらビンを持つ。
 一体何が入っていたのだろう。

 「夏川ぁ!!」
 「は、はい!?」
 「お前飲め、地獄を味わえ!!!」
 「意味分かんないし……ってむぐ!?」

 無理やり押し込まれ、笑奈はごきゅん、と呑み込んだ。
 緊張の糸が走る教室。そんな中で笑奈は微妙な顔から打って変わって、

 「あれ? 意外に美味しい?」
 「「「「嘘だろ!!!?」」」」

 笑奈が極度の味覚音痴という事が発覚してしまった。
 そして…クラスは。
 
 「何だよお前びびらんせんなよーっ」
 「夏川…お前絶対地球人じゃねぇ…」
 「う、うそ!? 全然美味しかったってばっ!」
 「なんつうか、仮面女もこういう趣味だったとは…」 
 「いや、飲むより作る派とか!!」
 「…仮面女恐るべし」

 誰かが言ったその言葉を最後に、クラス中に笑顔が満ち溢れた。

 「ははは、こんなん普通作れないってーっ!」
 「無理無理!! つか何味よ!?」

 ついこの間まで、ぴりぴりしていたクラス。
 真希の存在で、いがみ合っていたクラス。
 
 バラバラだった心が、一つになった瞬間だった。

 「その…悪かったな、かめ…じゃなくて、上野」
 「俺もきつかったっていうか…運動会もお前のせいじゃねぇーしっ」
 
 その時初めて、真希の心に感情が流れ出した。
 ああ、そうだ、今なんだ。


 「あ……」

 
 彼女は、優しく微笑んだ。
 無理もせず、唯自然に。

 心の底から、“笑った”。

 
 「わ、らった…?」
 「上野が…」
 「「「「わらったーっ!!」」」」

 もう仮面はないよ、とでもいうように。
 上野真希は微笑んだ。
 そうして笑奈も、そしてクラスの皆も、

 まるで魔法がかかったみたいに……笑い合った。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.314 )
日時: 2012/06/30 13:35
名前: 瑚雲◆6leuycUnLw

 【Magic of smile】 3/3


 「ただいま」

 真希がガチャリと音を鳴らして家に入る。
 リビングからは、またあの元気な声が聞こえた。

 「おっふぁえりーっ…ってあれ? 真希笑ってんじゃん!!」

 ご飯を頬張りながら挨拶を交わす兄に対して、真希はふっと微笑んだ。

 「笑うと案外可愛いなぁー! どうしたんだよ急に!!」
 「ううん…別に」

 ただ、と彼女は付け加えた。
 そうして彼女はもう一度笑って、


 「――――、“どっかの演劇バカ”が、私に“笑顔の魔法”をかけてくれただけだよ」


 と言った。
 それを聞いた兄は、カチャン、と音と立ててスプーンを落とす。


 「え…あ、あれ!? いつ気付いたの!!?」


 意味ありげに微笑んだ彼女は、そんな兄の言葉なんか気にしない。
 朝出会った素敵な男性についてなんて微塵も触れない。
 唯真人は、頭上に沢山の疑問符を浮かべていただけ。
 
 

 
 笑わない少女はもういない。


 だって彼女は、“笑顔の魔法”にかかっているのだから。



*End






 .+゜:;+*あとがき*+;:゜+.

 魔法ってきいて、どっちをやるか悩みました。
 戦闘系かな、それとも不思議系かなーと。
 やっぱりこの際なので、不思議系にしましたけど。
 ちょっと意味不な場面も多く、SSの難しさを改めて知りました((←

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.315 )
日時: 2012/06/30 15:16
名前: 那由汰

ぼくも書いていいですか?

書きますっ!


「魔法の言葉」 第一話

ぼくには、好きな人がいる。
といってもそれが『好き』だということなのか、なんて分からないのだけれど。
唯一分かるのはその人にはそのことが伝わらないということ。
・・・そう、伝わらないのだ。
皆さんにはこんな冒頭で悪いとおもっている。
しかし、それをいわなきゃこの物語は始まらないのだから仕方がない。
まあとにかく、聞いてほしいのだ。

事の発端はタクミだった。
タクミはぼくの好きな人――――サクラの弟だ。
だが、3年前に死んだ。
ぼくの兄のいじめによって。
ぼくの兄――――マサ兄はコーヒーが好きだった。

ぼくはマサ兄のとなりにいた。
マサ兄はコーヒーを飲んでいた。
そこにタクミが通りかかった。
ドンっと大きな音が鳴った。
タクミがマサ兄にぶつかったのだ。
二人ともばたっと倒れた。
「いってえな・・・。」
マサ兄がつぶやく。
タクミはあわてて近づいてくる。
マサ兄とタクミは部活が一緒だったのでお互い知り合いだった。
「すみません!だいじょうぶですか!?」
ふと、マサ兄がコーヒーのカップを見た。
とたんにマサ兄から殺気がただよった。
たくみもそちらを見て・・・真っ青になった。
そう。
コーヒーがこぼれてしまっていたのだ。
マサ兄にとって、コーヒーをこぼすやつ=敵だった。
・・・それにマサ兄は学校内では王様的存在だったのだ。
「・・・いまにみてろよ・・・。」
マサ兄はいった。


いきなりすみません!
とちゅうですね・・・。
またかきにきます。
それってだめですか?

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.316 )
日時: 2012/07/02 18:08
名前: 那由汰

「魔法の言葉」 第二話

その数日後。
ぼくはあたりをぶらぶらあるいていた。
すると。

♪きーらーきーらーひーかーるー
 よーぞーらーのーほーしーよー
 
歌声が聞こえた。
美しい声だった。
ぼくの心に好奇心が芽生えた。
・・・だれだろう。
のぞいて・・・。
後悔した。
そいつは・・・タクミの姉、サクラだった。

「サク・・・ラ・・・さん」
ぼくはつぶやいた。
サクラは振り向いた。
「あ、マコトくん。」
彼女は笑顔で僕の名前を呼んだ。

罪悪感が芽生える。
ごめん、サクラさん。
ぼくの兄が君の弟をいじめてるんだ。
そんな笑顔をぼくに向けないでくれ・・・。
すっごくつらいから・・・。
ぼくは泣き崩れた。


すくないね。
ごめん。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.318 )
日時: 2012/07/07 19:01
名前: 月牙◆nadZQ.XKhM

今日明日に完成すると思うのでしばしお待ちを……。
場違いに魔法使いが闘っちゃいますけどスルーしちゃってください。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.319 )
日時: 2012/07/07 20:38
名前: 檜原武甲◆gmZ2kt9BDc

期末に重なって書く暇がないので今回は出せそうにもないです。SSとちゅまでなので残念です。


 一応、審査はしようかと……

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.320 )
日時: 2012/07/08 16:36
名前: 秋原かざや◆FqvuKYl6F6

『ささやかな魔法』

 泣いている子を見つけた。
 声を殺して泣いているんだと、最初は思っていた。
 彼女は、声が出せなかった。
 出したこともない。
 もともと声が出なかったらしい。
 そんな子が、思わず、一緒にいた母親と喧嘩してしまったそうだ。

 黄昏色に染まる河川敷。
 緩やかに流れる川を二人で眺めながら、言った。
「じゃあ、魔法をかけてあげよう」

 彼女はびっくりした様子で、私を見る。
 私は微笑んでから、彼女に告げた。
 これは大事な大事なお約束。
「ただし、この魔法は数分しか持ちません」

 えーーー!?
 と言わんばかりの彼女に、私は苦笑した。
 だろうなって思った。
「というわけで、君のお母さんのところに行こう」
 いやいやする彼女を無理やり立たせて、私は彼女を母親の元へ連れて行った。
 性格に言うと、私が脅して、彼女の母親のいるところに向かったのだが。

 彼女の母親はすぐに見つかった。
 少し若く見えるが、疲労の様子がみて分かる。
 きっと、苦労しているのだろう。
「彼女から伝えたいことがあるそうですよ。でも、この声はつかの間の声。永遠のものではなりません。それをお忘れなきよう」
 ぺこりと頭を下げて、ぱちんと指を鳴らした。
 ついでに色とりどりの花を舞う様に仕込んだ。
 これはサービス。
 少女と母親は驚き、そして。
『お、かあ、さん……』
「えっ!?」
『け、けんか……ごめ……』
 なかなか言えなくて、少女の口から言えたのは。
『い、つも、あ……りが……と』
 同時に空に舞っていた花が消えた。
 声も消えた。
 そこにあったのは、少女の心。
 零れた涙を拭う前に母親は、少女を強く抱きしめた。
「ごめんね、私も……悪かったわ。ううん、そうじゃなわね」
 ゆっくり腕を解いて、母親は笑う。
「大好きよ。私の大好きな……」
 笑っていたのに、母親の瞳から大粒の涙が溢れていた。

 ふと、二人はあの人を探した。
 ほんの数秒間だけ、力を貸してくれたあの人を。
 けれど、既にその人はいなかった。
 少女はいつもの手話で、母親に告げる。
『あの人、魔法使いだったんだよ』
「ええ、きっとそうね」
 二人は手を握って、夕暮れの小道を家へと向けて歩き出した。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.321 )
日時: 2012/07/08 16:28
名前: 秋原かざや◆FqvuKYl6F6

なんとかギリギリ。
間に合ったと……思いたいです。
遅くなってすみませんでしたーー。

Re: 第六回SS大会「魔法」 投稿期間6/11~7/8までに延長 ( No.322 )
日時: 2012/07/08 17:14
名前: 蟻◆35IUmyKssU

[ 私が欲しがったまじない ]


 幼い頃から、魔法というものが好きだった。
 御伽噺で一番好きなお話は『白雪姫』だった。

 ――でも、そのラストは嫌いだった。
 

 彼氏にキスされる度に、そう感じていた。おはようも生きる勇気も私には要らないの。私が欲しいのは、たったひとつだけ。
 ファンタジーとか御伽噺とか、高校生になっても憧れ、夢を見ている。楽しくないから楽しくしたい。ありえない魔法を使いたい。変なイキモノを見たい。動物と話したい。
  
 ――林檎で眠れる白雪姫、なんてなんて素敵なんだろう。
 眠り姫のように針でぶっささるなんて痛いこともないまま、齧ったらすぐに眠りに堕ちる。美しい白雪姫は、王子が助けてくれたけど、私は美しくないから、キスで目覚めるわけでもない。それでいい。それでいいの。
 照れ臭い想いとか甘い言葉とか、そんなものが欲しいんじゃない。私はこの世界を楽しくする魔法では楽しくなれないから。
 私は、夢の中に溺れ、沈んで、二度と覚めたくないのだ。だから私は、もう一回眠る。

 キッチンに移動して、冷蔵庫の中を見る。
 冷蔵庫に閉まってある、薬漬けにした林檎。
 それに手を伸ばし、包丁でさくさくと切り分ける。お皿に乗せて、口に入れた。飲み込んだ瞬間、突き刺さる激痛。きもちわるい、うああ。勢い余って吐瀉物を吐き散らかす。

「うっはああ……はあっ」

現実はうまくいかないな。綺麗に眠りたいのに、痛くてたまらない。ゲロは吐くし、全身は痛いし。意識が朦朧とする。ああ、強い劇薬って凄いな。もう眠ってしまいそうだ。

 白雪姫も眠り姫もびっくりのエンディング。魔女の魔法はどこまでも中途半端だった。キスなんかでとける魔法? 笑っちゃうな。
 とっても痛いけど、顔が勝手に綻ぶ。

 これこそ私が欲しがった、呪い。



@ end

皆あかるいあったかい魔法だけど私だけ呪い。
のろいじゃないよ! まじないだよ!
これぞありんこクオリティ。

ぎりぎり間に合った…か?



 

ハイライト解除

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 全レス