雑談掲示板

第十一回SS大会 お題「無」 結果発表
日時: 2014/02/27 20:57
名前: 死(元猫 ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.info/bbs/index.cgi?mode=view&no=16247

第十一回SS大会 お題「無」
>>523に第十一回大会結果紹介

始めましての方は、初めまして! お久し振りの方達はお久しぶり♪
何番煎じだよとか主が一番分っているので言わないで(汗
余りに批判が強ければ、削除依頼しますので!

題名の通りSSを掲載しあう感じです。
一大会毎にお題を主(猫)が決めますので皆様は御題にそったSSを投稿して下さい♪
基本的に文字数制限などはなしで小説の投稿の期間は、お題発表から大体一ヶ月とさせて貰います♪
そして、それからニ週間位投票期間を設けたいと思います。
なお、SSには夫々、題名を付けて下さい。題名は、他の人のと被らないように注意ください。
 

投票について変更させて貰います。
気に入った作品を三つ選んで題名でも作者名でも良いので書いて下さい♪
それだけでOKです^^

では、沢山の作品待ってます!
宜しくお願いします。

意味がわからないという方は、私にお聞き願います♪
尚、主も時々、投稿すると思います。
最後に、他者の評価に、波を立てたりしないように!



~今迄の質問に対する答え~

・文字数は特に決まっていません。 
三百文字とかの短い文章でも物語の体をなしていればOKです。 
また、二万とか三万位とかの長さの文章でもOKですよ^^
・評価のときは、自分の小説には原則投票しないで下さい。
・一大会で一人がエントリーできるのは一作品だけです。書き直しとか物語を完全に書き直すとかはOKですよ?

――――連絡欄――――

第一回大会 優秀賞作品一覧 >>17に掲載!

第二回SS大会 エントリー作品一覧 >>84に掲載!

第二回大会 優秀賞作品一覧 >>110に掲載!

第三回SS大会 エントリー作品一覧 >>171に掲載!

第三回大会 優秀賞作品一覧 >>185に掲載!

第四回SS大会 エントリー作品一覧 >>224に掲載!

第四回SS大会 結果発表 >>239に掲載!

第五回SS大会 エントリー作品一覧 >>284に掲載!

第五回SS大会 結果発表 >>296に掲載!

第六回SS大会 エントリー作品一覧 >>335に掲載!

第六回SS大会 結果発表 >>340に掲載!

第七回SS大会 エントリー作品一覧 >>377に掲載!

第七回SS大会 結果発表 >>391に掲載!

第八回SS大会 エントリー作品一覧 >>408に掲載!

第八回SS大会 結果発表 >>420に掲載!

第九回SS大会 エントリー作品一覧 >>444に掲載!

第九回SS大会 結果発表 >>453に掲載!

第十回SS大会 エントリー作品一覧 >>481に掲載!

第十回SS大会 結果発表 >>495に掲載!

第十一回SS大会 エントリー作品一覧 >>515に掲載!

第十一回SS大会 結果発表 >>523に掲載!

_____報告
第四回大会より投票の仕方を変えました。改めて宜しくお願いします。

ハイライト解除

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 全レス



Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.54 )
日時: 2011/12/28 16:59
名前: 遮犬◆ZdfFLHq5Yk

新幹線に乗り、そこからバスへと乗り継いで行けば故郷へと向かうことが出来る。
手軽な荷物を持ち、俺はその道順に従ってバスへと乗り込んだ。このまま2時間揺られたらまあ、着くだろう。このバスともう一つバスがある程度で、その二つしか故郷へ早く帰れる方法がなかった。
バスに乗り込むと、中はこじんまりとしていて、ほとんど無人に近かった。クリスマスだというのに若い人もおらず、ほとんど50代以上の年配さんがほとんどだった。
座席に座ると、そのまま俺は故郷へと向かう道のりごとにある景を見つめていた。
まず、その故郷までの道のりでさえも田舎臭かった。都会での生活が馴染みに馴染んでしまっていることの象徴のようにも見えて、少し嫌気のようなものが差した。昔は、こんな田舎臭いのが嫌だったはずなのに、今は都会の生活に馴染んでしまっていることが嫌になってしまっていた。
かれこれ30分程度乗っていても、コンビニは一つぐらいしかなかった。ゲームセンターなんて代物はなかった。飲み屋とか、そういう部類もない。どこで飯食うんだよ、という思いがまた自分自身を苛立たせた。

(俺は、こんなにも此処の空気を忘れてしまったのか……)

心の中でそう呟きながら、ゆっくりと睡魔が夢の世界へと誘っていった。




「ねえ、悟」
「うん?」

それは、幼少の時だった。毎回、話は由理の方から始まる。由理がはにかみながら話をするのが俺は好きだった。

「もーにんぐぶろーって、知ってる?」
「もーにんぐぶろー? 何それ?」

もーにんぐぶろーとは、きっとモーニングブローのことで、早朝にしか見えない雲のことだ。日が昇っている時のオレンジ色の光が雲と上手い具合にフュージョンし、作り出される空に浮かぶ雲のことだった。
しかし、この時俺はそんなことは知らず、理解できていないような顔で由理へと聞いていた。

「もーにんぐぶろーっていうのはね。早朝にしか見えない、雲のことなの」
「ふーん……それで?」
「えっとね。この浜辺で見えるもーにんぐぶろーは、此処では海の向こう側っていうんだよ」
「海の向こう側?」

ゆっくりと頷き、由理は笑顔を見せた。浜辺では、潮がゆっくりと吹き、俺達はその潮を浴びながら話していた。

「海の向こう側には、お日様があるんだって。そのお日様の光はね、とってもとっても大事なものなんだって」
「大事なの?」
「うん。えとね、もーにんぐぶろーのお日様の光は、海の向こう側にいるお日様の神様のものなんだって」
「本当?」
「本当だよ。だから私、おっきくなったら、いつか海の向こう側を見たいなぁって思ってるの」

その由理の言葉を、俺は特に気に留めた様子も無く聞いて、由理は聞こえるか聞こえないか程度の声量でゆっくりと言った。


「――それが、私の夢なの」


俺には、ちゃんとその言葉が聞こえていた。




「お客さん、着きましたよ」

肩を揺らされ、寝ぼけた様子で目を開けると、そこには運転手さんがわざわざ俺を困ったような顔で起こしてくれていた。

「え? ……あ、すみません」

お詫びを言うと、俺は荷物を持って立ち上がるとお辞儀をし、そのままバスの中から出て行った。
もう夕方だろうか。日が落ちようとしている。懐かしい匂いが周りから放たれている。左右は既に田んぼや畑で覆われていた。バスが止まった場所は、その一本道しかない狭い道路にもなりえていない道だった。
相変わらず、といえば少し嘘になる。あまり覚えてはいなかった。この雰囲気といい、この様子といい。
ただド田舎だ、という認識だけがあって、いつも憂鬱に都会で過ごしていた俺にとってはこんな感じだったな、といううろ覚えに似たようなものしかなかった。

「……とりあえず、歩くか」

ゆっくりとその草だらけの道を歩んだ。
それにしても田んぼと畑ぐらいしかないもので、木々も所々にはあるのだが、家が今の所あまり見かけない。
ぽつぽつとどこかに一点一点あるだけで、並んで家はできていなかった。

「どれだけ田舎なんだよ……」

呟きながら、コートを脱いだ。冬なのに、何故か少し暖かい。それも都会と比べているからだろう。都会よりもこっちの方が暖かかった。
そのまま道を進んで行くと、ようやく畑や田んぼから逸れて海沿いに出た。ここの辺りはやっぱり寒い。けれど、懐かしい寒さだった。
都会じゃ、この海の寒さは体感できなかっただろう。潮が懐かしい。俺の故郷はここなのだと、目の前の海が教えてくれる。
地平線が見える。周りには一切邪魔なものはない。ただ海が広がっている。素晴らしい光景のように思えた。

「綺麗だな……」

どうして俺はこんな光景さえも忘れてしまっていたのか。不思議でならなかった。
今こんなにも感動しているのに、俺は――。
そんなことを考えていると、心がまた嫌になる。海から目を逸らして、また歩こうと目線の先を変えたその時、

「――悟?」

目の前には、一人の女性が立っていた。その女性は、どこか懐かしいようで、懐かしさを取り払うかのようにとても美しい女性へと変貌していた。

「悟……だよね?」

真っ直ぐに俺が見つめているのに対して、半信半疑のような目で女性が俺へと声を投げかけていた。
そして、俺も自然に言葉が零れていた。

「由理……」

目の前にいた美しい女性は、由理だった。3年ぶりに見る姿で、こんなにも違うのかというぐらい、由理は大人に成長していた。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.55 )
日時: 2011/12/28 17:02
名前: 遮犬◆ZdfFLHq5Yk

「はははッ! 久しぶりだなぁっ! 悟!」

騒がしい中、一際大きな声が俺の耳に届く。肩へと豪快に腕を回されて、俺は左右に揺らされる。

「痛い痛いっ。洋輔(ようすけ)、久しぶりなのもそうだけど、とりあえず乾杯ぐらいはしようぜ」
「おっと、そうだったな! なんだぁ、お前、都会行って成長しすぎなんじゃねぇのか? 大人っていうのか? もう立派だなぁ、おい!」
「洋輔ももう20歳超えてるじゃんか……。お前も立派な大人だよ」
「はははッ! ま、二人の再会を祝って……乾杯ッ!」

ビールの入ったジョッキをぶつけ合う音が響く。洋輔は、由理と同様に俺の幼馴染でもある。こいつとはとても仲が良くて、俺が大学に行くと決めた時に、親しい中で一番応援してくれていた奴かもしれない。
場所は居酒屋で、何でも俺が去ってからこの三年間の間色々と出来たらしい。コンビニもあるし、居酒屋も出来た。俺がバスで来た道のりには居酒屋はなかったと言ったら、別の場所で結構あるという情報がすぐに伝わってきた。
変わっているんだ。此処も。そう思うと、どうしてだか酷く残念な気がしてならなかった。

「悟ぅー! 都会はどうよぉっ!? 楽しんでやってるのか?」
「あぁ、まあな」

他の友達も俺の元に来て色々と聞いてくる。そのたびに俺は言葉を返した。居酒屋で昔の友達が集まって騒いでいるのだが、どれもこれも大人になった気しかしない。
考えも変わっていたりして、親の家業を継いで職人になる為の修行を積むものもいれば、俺のようにどこかへと場所を移して活躍する奴もいる。皆此処に戻ってきていた。
そして、由理はその中でも此処に残っている組に入っていた。果樹園を経営しており、それの手伝いか何かをしているみたいだった。
俺を此処に連れてきたその由理は、他の友達と飲んだりしている。俺は何故か由理を目で追い、その姿を魅入っていた。

「あぁ、由理、すっげぇ美人に変貌してんだろ? 元から綺麗だったけどな、より増して美人になってんぜ。もうこの町の人気アイドル的存在だな」
「へぇ……」

洋輔が横から言うことを多少耳に入れながら、由理を目で追いかけた。
由理が俺の視線に気付いて俺の方へと向こうとすると、俺は目を背けた。何故だろう、この感じ。どこか懐かしい感じがする。こんなこと、前にあったような……?

「ほらほら! 悟、飲めやぁっ!」
「あぁ、ありがとう……って、入れすぎ入れすぎ!」

友達が入れてくれたビールは、ジョッキからはみ出してしまい、溢れてテーブルの上に零れることになってしまった。




友達らはそれぞれに飲み、それぞれに楽しんだ後、それぞれ場所を変えたり実家に戻ったりをする為に別れた。
俺は自然と由理が一人になるのを待っていた。由理の周りにはいつも人がいて、意気揚々と話しているのだ。声をかけ辛くて当然だった。

「じゃ、またね、由理」
「うん。ありがとね」

笑顔で友達とさよならを告げた所を俺は近づき、

「随分と人気者だな」
「あぁ、うん。まあねー」

由理は昔とほとんど変わらないような……いや、この笑顔は……? 何故だろうか。思い出せない。由理の笑顔はこんなものだっただろうか。
少し考えて、思い出した後に、この笑顔は愛想笑顔だと知った時は、俺も由理も成長してしまったという思いが募っていった。
何を話せばいいのか分からず、二人きりになった所で、俺も話す内容を考えていなかった。でも、気まずい雰囲気が流れるにつれて、何か話さなければならないという思いから、俺は言葉を発していた。

「あの! ……さ。えーと……ほら、浜辺に行かないか?」
「……え?」

その時、適当に思いついた言葉だったのに、何故か由理の表情は驚いたような表情に変わっていた。俺は「どうかな?」と声を漏らして、その場で立ち尽くしていると、由理は少しの間呆然とした後、笑顔で「いいよ」と答えてくれた。
この笑顔は、多分、昔の笑顔だと思う。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.56 )
日時: 2012/01/23 01:41
名前: 遮犬◆ZdfFLHq5Yk

浜辺に着くと、潮の匂いが漂い、ざざーという波の音がした。もう暗い海は、とても危険だと昔父親から聞かされたことがあるけれど、そんなことは分かっていた。でも、此処に来たかったんだ。
丁度満月で、月の光が海を照らし、反射して綺麗に見えた。これならこんなに暗くても大丈夫だろう。そう思えた。
隣に歩く由理は、昔とちっとも変わらない雰囲気なようで、どこか独特の俺の知らない由理がいるようで、どうにも違和感があった。
時間なんて忘れて、俺と由理は浜辺で二人、歩いていた。

「……もう四年だよ」
「え?」
「四年。再会するのに四年」

由理は俺の方へ振り向かずに、呟いた。この声色は、やっぱり昔の由理のものだと俺は確信した。良かった、由理はまだいたんだという矛盾したような思いが胸の奥に芽生えた。

「いや、三年だろ? 俺が大学行ったのって、三年前だから……」
「ううん。四年だよ」

由理はゆっくりと俺の方へと振り向いた。綺麗だ。本当にそう思えた。

「あのさ、悟。約束とかって、覚えてる?」
「約束?」
「そうだよ。久しぶりに話して、忘れちゃった?」
「いや……」

忘れたとか、言えるはずがない。けれど、思い出させないのは事実だった。約束とか、そういう部類のものは子供だったから。そう、子供だったから別に叶うわけないんだとばかり思って、適当に誤魔化していたんだ。

「ま、悟のことだし? 忘れてるよね」
「何だよ、それ」
「だって本当じゃん」
「それならあれだろ。由理だって昔、お菓子の取り合いして、もう俺のお菓子は食わないって言ったのに、何度も食っただろ。あれも約束忘れてるだろ」
「わー、細かっ! 私はそんな細かい人間じゃないし」
「細かくねぇよ! あの時のお菓子は俺にとっては生きるか死ぬかの瀬戸際だったんだからな!」
「あははっ、何それ! 普通に生きてるじゃん!」

由理は俺の必死な言葉に笑顔で返した。あの時は笑い事でもなかったんだ。勝手にお菓子が消えるものだと思って、幽霊だって騒いでバカにされたという記憶があるからな。あれは結構な汚点になったな。

「すっごくビビってたもんね」
「ビビってねぇよ!」
「嘘だー。私にトイレまでついて来てって言ってたクセに。悟の反応が面白かったから一回でやめようと思ったのに、やめれなかったんだよ」
「俺のせいかよ!」
「そうそう、悟のせいだよ」

言い合うと、俺と由理は二人で笑った。そうだ、これが昔の俺たち。やっぱり傷は癒えたんだろうか。そう思った。
けれど、それはどこか違うような気がした。違う。俺が求めているのは、こんなのじゃない。友達としての、俺の思い出じゃないんだ。
その時、ふと思い出した。あの、この町で、この浜辺でしか見れない、あの"魔法"を。

「なぁ、由理。頼みごとがある」
「何?」

笑い終えた後なので、笑顔で由理は返した。その由理に向けて、俺は言った。

「一緒に、海の向こう側を見ないか?」
「……え?」

その瞬間、呆然としたような表情になった。この表情、俺は見たことがあった。この町を離れると言った、あの時に。
どうしてこの言葉が出たのかは分からないけれど、ふと思い浮かんだことだった。幼少の頃、海の向こう側を見たいといった。それは、大人になってから。
一つ一つ、バラバラになったピースが埋まるような気がしていた。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.57 )
日時: 2012/01/11 21:01
名前: 遮犬◆ZdfFLHq5Yk

「……遅いよ」

由理は小さく呟いた。そして、またゆっくりと続ける。

「もう、魔法は切れちゃったんだよ。遅すぎるよ」

泣きそうな顔だった。由理は、やはりあの時――。
俺は、全てが分かったような気がした。

「そうでもないんじゃないか?」
「……え?」

言おう。今度は、俺に魔法がかけられるだろう。
あの時、由理は、俺に見せたかったものがあった。それは、モーニングブロウでもない。あの時、俺は――由理が落としたものを拾っていた。
俺の隣を通り過ぎて行ってしまったあの時、由理が落としたものは――海の絵だった。それは、俺が描いた海の絵。由理に渡した、俺の絵だった。それを、俺に渡そうとした。プレゼントしたものをまた返すなんて、失礼だろうとその時は思ってしまったけれど、でも、今は違う。時がたった今は違う。この海の絵には、天から光り輝くようにして降り注ぐ一筋の光があった。そこに俺は、サンタクロースを書いている。舞い降りた先にあるものは、海。
それは、あの海の向こう側について聞いた時、描いたものだった。


「ほら、この絵。由理にあげるよ」
「本当?」
「うん。由理の言うことが本当なら、クリスマスにサンタクロースがプレゼントをくれるよ」
「え? サンタさん、海に来るの?」
「そう、海だ。俺たちの住んでいる所には、煙突なんて無いから海に来るんだ」
「何をくれるの?」
「そうだなぁ……あぁ、そうだ。魔法とかかけてくれるんじゃない?」
「魔法? どんな?」
「色々だよ。いっぱいいっぱい。お願いごとをすれば、きっと叶うんだよ」


子供にありがちな夢だった。けれど、その夢をあの時、由理はずっと抱き続けていた。
二十歳になるまでサンタクロースは来る。今はもう二十歳を過ぎてしまった。そう、海の向こう側より現れるサンタクロースは、もう来ない。魔法は、かけてくれないのだ。
一筋の光より現れるサンタクロース。そのサンタクロースは、モーニングブロウの光で現れることを示している。
随分と洒落た絵だった。でも俺は、その絵を此処に持ってきていた。今、この場に。

「その絵……!」

驚いたような声を出して、由理は呟いた。俺は、その絵を由理に返して、言った。

「ごめん、由理。俺は、この絵の通りに願い叶えられなかったけれど、でもな、この絵は何もサンタが来なくても、海の向こう側のお日様ぐらいは力貸してくれるんじゃないのかって俺は思うんだよ」
「……都合よすぎでしょ」

由理は少し震えたような声で言う。少し寒いな。去年よりも寒いし、更に海にいるわけだしな。でも、今日は此処にいなければならない。幼い頃からの大切な約束を果たすまでは。

「サンタじゃなくて、由理に頼む。俺と海の向こう側を見てくれ」
「魔法も何も無いのに、いいの?」
「いいんだよ、別に。サンタは二十歳には来ないとか、横暴だし。少しぐらい横暴してやっても」

そういうと、由理はゆっくりと頷いた。砂浜に座り、一息吐く。白い息が眼の前に映る。
由理が四年といったのは、あのクリスマスの時から出会っていないということなのだろう。そんなこと、もう気付いていた。
ただ、確かめたかった。由理は変わってしまったのかを。そして、俺が変わってしまったのかを。
けど、全く変わっちゃいなかった。見た目は変わったかもしれないけれど、思いは変わってなかった。
あぁ、明日は親父たちに怒られるんだろうな。

学校で由理に目を背けていた時、由理は俺の方を向いていた。話しかけようともした。けれど、俺が拒絶していた。
俺がバスで向こうに行こうとしていた時、皆と一緒のところにいなかったけれど、別の所で由理は俺を見守っていた。

ごめん。全部気付いていたんだ。俺は、全部気付いてて、苦しかった。俺も、夢だったんだ。凄いものを見つけたいんだって、頑張って勉強して。
でも、一番に思ったのは、向こうに行っても――由理のことだったんだ。だから、後悔したんだ。後悔しても、しきれなかったぐらいに。




朝。綺麗な夕焼けに似た色を見せた空が俺の頭上には浮かんでいる。初めて見るモーニングブロウであり、海の向こう側だった。
一筋の光に似た、日が昇るにつれて見えた日の光が照らしていく。

「由理。――ずっと、好きだった。それは、今も」

由理は既に目を瞑ってしまっていたけれど、構わない。何度でも言ってあげればいいんだ。魔法なんて無くても、また取り戻せる。変わるものはあるかもしれない。失うものもあるかもしれないけど、きっと取り戻せる。
自分の着ているコートを由理にかけて、その海の向こう側を見た。青く輝くエメラルドブルーは、とても綺麗に映った。

きっと明日からは、憂鬱じゃなくなるだろう。この"お日様"がいる限りは。
海の波が揺れ、まるで祝福してくれているように日の光を反射させていた。


【END】


~あとがき~
……本当にすみません;
SSなのに、何で♯6も続いたのかというと、3000文字制限が修正の力によって突破できなかったからです。当初の予定は♯2までで終わりのつもりでしたが……描写とか書いてたら、普通にこうなってしまったという残念さ。
他にも書きたいことはあったんですが、最後は早く終わらせようという気であんな終わり方になってしまいました。本当なら、その後色々と書きたかったんですけどね……。一応、これだけで1万1000文字いってます;
他SSにしたらとんでもなく長い作品になってしまっているので、読まれる方は少ないと思いますが、自分の満足感はあるので結果オーライですw
田舎、上京物語を書きたくて、無理矢理海に繋げた感満載で本当に申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
まずはさん、そしてこれを見る方々や他投稿をする方々に多大な迷惑をおかけしまして、まことに申し訳ございませんでした;
以上、遮犬でしたっ。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.58 )
日時: 2011/12/28 23:09
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel2/index.cgi?mode=view&no=17023

「海は、全てを流してくれますか?」


  ザァ…… 
  ザザァ……ザザザァ……
  並が、押し寄せては引く。波の流れる音は意外なほどに不規則なのだなと彼女は思う。
  海は、久し振りだ。長い間、彼女は海に来る余裕などなかったから。
  儚げな表情を浮かべた双眸は、唯でさえ儚げで可憐な容貌の彼女が、消えてしまいそうに感じさせるには充分だった。
  彼女の華奢さもそれを助長する。
  薄紅色の綺麗な長髪が、潮にたゆたう。 青の大き目の瞳には少なからず涙が浮んでいて。
  彼女の目元は、赤く腫れていた。
  彼女の名は、セリス・グランヴェスト。
  遠い昔、有名な資産家の一人娘として何不自由なく暮らしていた彼女は、十年近く前に突然平穏の全てを失った。
  誇る財産は全て不法で手に入れた物と非難の対象とされ搾取され父が自殺。多くのメイドや使用人たちが一目散に逃げ出した。
  金の無い資産家は惨めなものだ。金しか信用される物が無いのなら金が無いのなら唯の屑。
  世間の当たりは厳しく。彼女は、何度も自殺を図ろうとしながらもそれを出来なかった。

  この身に宿るアクセルと言う力。その力を与える人格“エンジェルビーツ”にそれを許して貰えなかったのだ。
  それと同時に彼女自身、自らを地獄の底辺へと追い遣った輩を粛清したいと願っていた。
  矛盾するようだが、二つの感情は確実に有って。結局は行きたいという本能が勝ったのだ。
  それから、彼女は、世間から逃れながら乞食のような生活を送る。幼少期と比べたらひもじい生活。
  泥水を飲み犬の死体を解体して食べた。眩暈がするほどの地獄でも彼女は耐えた。
  耐えて耐えて耐え抜き何時しか心も感受性を失う。それでも笑いたいと言う感情は湧き上がる。
  そんな好機が、訪れたのはつい三ヶ月程度前。酷暑甚だしいコンクリートジャングルの路傍の中。
  いつものようにアクセルの発動を維持するために必要なエネルギー源、エンジンを充填しようとして居たとき。
  彼女のエンジン条件である左目をくりぬき食すと言う行為が終了した瞬間。
  倒れこんだ男の胸ポケットに有った携帯が鳴り響く。
  定時連絡が来なくて心配した仲間が電話でも掛けてきたのか。そろそろ逃げるかと歩き出そうとした時。
  声が聞こえた。それは、能力者組織イグライアスへの勧誘だった。
  彼女は、それを間には受けなかったが深く渇望した平穏への入り口と考えその携帯から発される待ち合わせ場所へと向う。
  
  磨耗して磨り減った意思。彼女は、とうに平穏を望んでいた。もう、世界に糾弾されるのも卑しい生活も懲り懲りだ。
  唯、それだけ。自分のお気に召さなければ逃げる事も出来るだろう。彼女は、自らの能力に相当の自信を持っていた。
  当然だ。レベル一からレベル八まであるランクの中で彼女は、上位に位置するレベル五なのだから。
  しかし、彼女は、組織とコンタクトして気軽さを感じた。
  そして、思う。同じ能力を持つことで忌避されてきた彼らとなら良好な関係を築いていけると。
  それは、長い苦悩の中で身につけた諦めの様なもの。それまでの状況と比べれば余程気楽だと言う程度の差。
  それで満足できた。これから先、イグライアスから逃げて、また苦悩の日々を送るのは彼女には出来なかったのだ。

  しかし、イグライアスは、世界政府に喧嘩を売る反乱分子だった。
  組織の活動は、基本的に排斥される同族の救出。政府の能力者に対する蛮行に介入し政府の軍隊を制圧する事。
  つまり、戦闘が主。死や負傷は、付き物だ。
  最も、どこに敵が居るのか分らなかった路傍生活よりは遥かにマシだと彼女には、思えた。
  しかし彼女は、最初の任務で早速大きな傷を負う。
  会って直ぐに信頼できた仲間の呆気ない死と身内だった存在を自らの手で殺めたと言うこと。
  死と言う自分にとっては見慣れた現象に戦慄いたのはなぜだろう。あの日以来、彼女は時々考える。
  安堵と言う久し振りに感じる感情が胸中に強く存在して居たからだろうか。
  それとも、久し振りに親しくなった人間だったから。親しい者を殺めたのは始めてだったからだろうか。
  彼女には答えは出ない。

「寒い……リコイルさんは、きっとこんな寒い海に落ちたんだろうな」

  三ヶ月前のあの日。明確に今でも思い出す。
  あの時の任務は、政府の者達に人質を取られ、無理矢理重労働させられていると言うエージェント達を救出すること。
  その時、最強の能力者レベル八の一角である政府公認の能力者集団の中核インテルの一人、ワルキューレが立ちはだかった。
  彼からの逃走は、絶望的でリコイルは、自らの能力を使い自分ごと彼をトランスポートする事によりセリスたちを救う。
  なぜ、海に落ちたとされているのか。それは、簡単な事だ。
  イグライアスの長であり組織に所属する全エージェントの所在を把握しているリーブロが公言したのだから。
  高度によっては、海に叩き付けられた衝撃で死んでいるだろう。
  しかし、高度が、低ければ見渡す限りの大海原で溺れ死んだ事になる。或いは、鮫などに肉食魚に捕食されたのかもしれない。
  何れにしろ無残な末路だ。 
  彼女の仇であるワルキューレは、無傷で生きているのが最初の任務の後すぐに報告された。
  理不尽だと嘆いたものだ。

「……彷徨える御霊よ。どうか安らかに」

  頬撫でるが寒い。鋭い痛みが頬を貫く。
  セリスは、静かに瞑目し十字を切る。それは、この世界に広く浸透するアルクェトラ教の動作だ。
  彼女の家は、それなりに宗教に深い家系だった。
  逃亡生活の最中は、何度も神頼みし全く助けて貰えない事実を知り神を憎みさえしたが。
  今は、分る。唯、祈るしか出来ない状況もあると。
  だからこそ、寒波襲う冬の海になど来たのだ。アルクェトラ教によれば、冬の海は、罪や憎しみを流す象徴とされている。
  一頻り彼女は、黙祷を捧げ一筋の涙を流し毒づく。

「何を今更、敬虔なる聖職者気取ってるのかしらね? 少々感傷的になってしまったかしら?」
  
Part2へ

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.59 )
日時: 2011/12/29 19:39
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel2/index.cgi?mode=view&no=17023

Part2

  涙を拭う。無神論者であり宗教から排斥された存在が祈りを捧げて誰が答える。
  だが、そうせずには居られなかった。直接、神に捧げているのではない。
  今は亡き大事な人々へと捧げているのだ。唯、彼女には他に祈り方を知らなかっただけの話。
  小さく“自己満足ね”と、自傷し踵を返す。
  そこには、見慣れた影。スーツ姿の長身の女性。彼女のパートナー、ファンベルンだ。
  彼女の表情は、何時も通り人を食った様な笑み。心配してきた訳ではないようだ。

「気がすみましたかお嬢?」
「……全然。自己満足って意外と難しいわね?」

  返答が分っている質問をファンベルンは、わざと聞く。
  それに対して毅然とした表情をしてセリスは、忌憚無く言う。
  ファンベルンは、彼女を見詰め小さく笑った。

「そりゃぁ、ね。何回経験しても良い物じゃないですよね。身内や深く知った存在が居なくなるってのは。
俺も何時もね。すぐに信じられないんですよ。あれ? リコイルさんどこ? みたいにさ……痛くて溜らなくてさ」

  笑みを浮かべながらもファンベルンは涙を流す。
  感極まったと言う感じだ。波の音が彼女の泣き声を飲み込む。
  それを見てセリスは、優しく彼女を抱く。
  暖かい。こうやって体を寄せ合う幸せ。それが、彼女がイグライアスに入って手に入れた安らぎ。
  非合法で理想を手に入れようとする辛くて汚い組織だが、人は温かい。
  思えば、リコイルも暖かかった。母親のような日溜りのような温もり。

「私さファンベルン。何でリコイルさんが死んだことがこんな悲しいのか分った気がするわ」
「――――彗は?」

  自分よりも頭一つ近く大きいファンベルンの背中をさすりながらセリスは、語りかけた。
  彼女が、リコイルの死を深く悔やんだ理由。それは、唯関係を持ったから。
  彗も恐らくは同じ。あの時は、状況が状況だったからそれを口にする余裕は無かったが。
  彗の命を奪った事。深く後悔して居た。彼女と仲間になって語り合いたかった。
  セリスは、まだお嬢様と言って差し支えの無かった頃、彼女と仲が良かったのだ。
  他のメイドの誰よりも彼女になついていたから。

「彼女は……私の背負った罪よ。あの日以来私の手は、紅く染まっている」

  あの日以来、いつも見る。リコイルの死。自らの手が体が、彗の血で染まっていく姿。
  あれは全て、彼女の心の中に根ざした喪失感と罪悪感。実家が、崩壊して以来、彼女は殺戮を繰り返してきた。
  仕方なかったのだ。彼女のエンジン条件は、他人を傷つけなければいけないものだったから。
  しかし、後悔したことは無かった。同情の余地も無いと思った奴ばかりを狙っていたから。
  しかし、組織に入って思う。一長一短なのだと。
  組織では、殺す相手を選り好み出来ない。組織では、大事な仲間を失う事が往々にある。
  しかし、それでもあの喧騒と比べれば彼女には、気楽だった。地獄から普通に至った感覚が有るのだろう。  

「お嬢……この体勢!」

  無き止んだファンベルンが、突然頓狂な声を上げる。
  感傷に浸っていたセリスは、ハッとなり背筋を伝う氷塊のような寒々とした感覚に突然襲われた。
  かくしてその危惧は、実現する。
  ファンベルンは、その体躯を生かして細身のセリスを押し倒す。
  ザパァン! 音を立てて二人は、冬の海にダイブした。
  体中に、針を刺すような 激痛が走る。凍っていないのだからゼロ度以下ではないのだが。相当寒いのは当たり前だ。
  下手をすれば突然の寒さに心肺停止も有り得ただろう。
  押し倒されたセリスは、寒いと大声を上げて喚いて立ち上がりファンベルンを殴った。

「ったく、アンタって奴は! アンタだけは死んでも悲しまなくてすみそうだわ!」
「そんなこと言っちゃってちゃんと泣いてくれるんでしょうお嬢は?」

  ずぶ濡れで水が滴る二人。
  砂塗れの顔を見合わせ二人は、笑い合った。
  笑いながらセリスは、ファンベルンの言葉を肯定する。
  いかにこんなことを言っていてもきっと泣くだろう。きっと、号泣するだろうな。
  だから、今の内にやりたいことをやっておこう。そう、心に刻む。
  それと同時に彼女の中には大きな目的が生まれた。
  リコイルの敵であるワルキューレを倒すこと。
  そして、こんな血みどろの戦いをしないでエージェントが暮らせる世界を創造することだ。
  二人は、冷え切った体を温めようと海から少し離れた駐車場にとめてある車の中に駆け寄る。
  そして、急いで着替えて海を後にした。


「久し振りの海はどうでしたお嬢?」
「…………そうね。青くて綺麗だったわ。お陰で敵討ちとか偽善者みたいなことを考えちゃった」

  暖房を全力にして、悴む手をハァハァさせながらファンベルは問う。
  それに対してセリスは、吹っ切れたような表情で思いもよらないことを考えてしまった事をカミングアウトする。
  それに対して、彼女が情に厚いことを知っているファンベルンは、お嬢らしいですよと微笑む。
  そして、寒々しい何も無い静かな海を見詰めながら彼女は呟く。

「偽善者ですか……何もしない善人よりよっぽどマシじゃないですか?」

  静寂に包まれていながらも荒々しい冬の海は、そんな偽善者達を祝福しているようにファンベルンには見えた。ようやく感覚が戻ってきた両手の指を一度二度動かして彼女は車を発信させる。
  バックミラーで見たセリスの顔は、心なしか満足げだった。
  ファンベルンは、それだけで陽気な気分になりいつもの調子で彼女に問う。

「お嬢、帰りの音楽は何が良いですか?」
「そうね。元気の出るアップテンポの奴を頼むわ!」

  ぶっきら棒にファンベルンの質問にセリスは答え、彼女はセリスの注文に答えるように数あるシーディーから本命を選ぶ。車内には、アップテンポで格好良い乗りながらこの空虚で荒々しい大自然に相応しい壮大な歌詞の歌が流れるのだった。彼女達の物語は続く。
  長く長く険しい道程が続いている――――……

 

The end

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.60 )
日時: 2011/12/28 23:26
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel2/index.cgi?mode=view&no=17023

あとがき――――

上の小説は、シリアス・ダークで掲載している無限∞エンジンの短編です。
興味のある方は、見てやってください。
上の参照にURLを貼りました♪
何と言うかあやふやな表現の多い駄作ですな。海関係ないし(涙


>>50


麻衣様へ。
無論、書いて良いのです!



>>52-57


遮犬様へ


お久し振りです! 貴方のSSとは、有り難い限りです!
何と……修正の力が通じぬとは!!

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.61 )
日時: 2011/12/30 15:01
名前: 秋原かざや◆FqvuKYl6F6
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=11596

あ、あのー、ちゃん。
もう一本、案が浮かんじゃったのですが、海テーマでもう一本、書いたらだめですよね?
ダメなら、次回に回せたら、次回に回しますし、OKなら、さくっと書き込みにきますので、よろしくです。

……あ、今提出してるストーリーを撤回して、新たな小説で、っていうのもOKです。
よろしくです。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.62 )
日時: 2011/12/30 21:55
名前: 猫(元: ◆GaDW7qeIec
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel2/index.cgi?mode=view&no=17023

秋原かざや様へ


うーむ、原則一つの大会で一作品としていただきたいのです。注意書きに書いていない私が悪いですな(汗
あぁ、後者ならOKですよ!

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.63 )
日時: 2011/12/31 17:14
名前: 秋原かざや◆FqvuKYl6F6
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=11596

というわけで、お言葉に甘えて、入れ替えました。
ちょっと後で修正いれるかもですが、よろしくお願いします!!

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.65 )
日時: 2012/01/01 08:32
名前: 白波 ◆cOg4HY4At.

       ~泳げない僕なりの海の楽しみ方~壱
 突然だが、僕は泳げない。
 別にスポーツが出来ないという訳ではない。むしろ人並み以上というか、何をやらせても最低限そこそこなレベルまでは到達する。しかし、水泳という分野に関しては話が別で、どうしてもこの生きている十八年間、上達する気配も無く、全くと言って良いほど泳げない、いわゆるカナヅチなのだ。
 しかし、だからといってこの砂浜が在る港町に住んでいる僕が、海から目を背けると言うのはなんだか負けた気がしてならない。ようするに、僕は負けず嫌いなのだ。
 ここら辺りで読者の方々には『じゃあ、何をするのか』という疑問符が頭の上に浮かんでいることなのだろう。
 しかし、海は砂浜だけでも十分楽しめるのだ。
 例えば、ビーチバレー、スイカ割り……。少し幼稚だが、砂でお城を作るなんてことも出来る。ならば、泳げない僕は、それらを他人より極めるしかないだろう。
 これは、少しポジティブは敗者の思考のようにも感じるのだが、十年間泳ぎの練習をし続け、それでも全く泳げるようにならなかった僕なりの結論だった。
 ……泳ぎを捨てて、僕の海での全てをこの三つにかけていたからこそ、絶対の自信を持っていた……のだが。
 一人の男を見て、僕は「負けた……」そう言ってしまった。
 初期や、最近でも、そう思うことなら多々あった。しかし、明確に口に出して言うのはこれが初めてだった。
 その彼はサーフィンをしていた。これは偶々目に入っただけなので、これと言って気にすることではない。
 しかし、サーフィンを終え、砂浜に上がってきた彼がビーチバレーに入ると――不覚にも僕は魅せられてしまった。
 見たのは一瞬だった。しかし、彼の砂浜とは思えないフットワークや、跳躍力に、不覚にも、僕は魅せられてしまったのだ。
 だから、それを認めたくなかった僕は、家に帰って猛特訓を始めた。腕立てや、腹筋、背筋などの筋トレは勿論のこと、スポーツに関する理論、身体の動かし方、柔軟性や、体幹の強化を、それこそ血が滲むような、吐血するような練習を半年間続けてきた。
 そして、僕はとある老人と運命と呼べる出会いをした。
 日課のロードワーク中。古臭い屋敷のような家から、とてつもない音が聞こえ、僕は思わず足を止め、その家の中を覗く。
 そして、僕の目に飛び込んできたもの――それは、後に僕が老師と呼ぶことになる老人が、形が崩れることもなくそこにあったスイカを真っ二つに割っているところだった。
 老人がやっていることは、あくまでも“スイカ割り”でしかない。だが、僕はその老人の人間離れした、まさしく神業と呼ぶのに相応しいスイカ割りに魅せられ、気が付けば門をくぐり、老人の元へと歩み寄っていた。
 そして、僕に気付いた老人が「何か用か?」と、あくまでもスイカの汁で赤く染まった木刀を、こちらに向けながら酷く面倒そうに言った。
「はい。僕に泳ぎ以外の海での楽しみ方を教えて欲しいんです。そのスイカの割り方、尋常じゃない。だから、僕はとある男に勝つために、あなたに教えてを被りたいんです」
「海で泳がないでどうする? お前かて、あの青い水に飛び込みたいのだろう?」
「しかし、僕はお恥ずかしい限り、全く泳げないのです。ですから、他の海での楽しみ方を極めようとしました。しかし、男に完璧に負けたのです」
「だが、その体つき、それを持ちながら全く泳げないと言うことはないだろう。それでも、泳げないと証明し、私に教えを受けたいと言うのなら、この冬の海に飛び込んでみよ。さすれば、お前の心意気を認めてやらんこともない」
 その言葉を聞き、僕は覚悟を決めて「分かりました。では、そうすれば僕にあなたの技術を教えていただけるのですね?」そう、期待を込めた言い方で、沈むにも関わらず極寒の冬の海に飛び込む覚悟を決めた。
 そして、そのまま海へと歩き、砂浜に立つ。大きく深呼吸をした後……流氷すら流れて来そうな程冷たい冬場の海へと躊躇うことなく飛び込み、泳ごうとした。
 寒さで足をつったわけではない。足が動かなかったわけでもなない。だが、僕の身体は海の青黒い底に、重力に掴まれ引きずり下ろされるように勢いよく沈んでいった。
 その後、老人に投げてもらった浮き輪によって、なんとか一命こそ取り留めた僕だったが……。結論、死ぬかと思った。という残念な結果に終わってしまった。
 しかし、そんな僕のどこを気に入ったのかはわからないが「入門を認める。私が教えるからには、その男とやらには絶対に勝たせてやるから、お前も覚悟を決めなさい」と、案外あっさりと入門を許可された。
 大学受験という最大の問題があったようにも思えたが、よくよく考えれば、水泳以外ならどうにでもなるということを思い出し、適当なスポーツ特待を獲られる記録を出し、その問題を解決した。
 そして、肝心の修行が始まった。
 基礎的な身体は十分に出来ている。とのことだったので、僕はいきなり修行へと入ることになった。
 老人改めて、老師によれば、スイカ割りが一番上達が難しく、また、その成果が分かり易いということだったので、僕は言われるがままにスイカ割りの基礎練を始めた。
 まずは、数十キロの重さがある、鉄パイプのような棒で素振りを開始。なんでも、スイカを割る棒と一体化するために、重さを感じなくするための筋力が必要だとか。
 そう言われると、老師の腕は老人とはとても思えないような筋肉で、芸術品と呼べるような出来方をしているようにすら見えた。
 そして、一ヶ月が過ぎ、僕の特訓は次の段階へと入った。それは……『見極めること』スイカを美しく、そして、目が見えていない状態で確実に割るには、それが確実に必要らしい。
 更に一ヶ月。入門から二ヶ月が過ぎ、試しにスイカ割りをしてみると、驚くほど見違えた結果が出た。
 今までの僕の成功率は八十五パーセント程でしかなかった。しかし、それが、たった二ヶ月の特訓で、九十九パーセントを超える数字へと変化したのだ。
 無論、それだけではない。今までは、割るというより、叩き潰すと言えるような印象があった僕の人並みのスイカ割りをした後のスイカが、包丁を入れたように滑らかに、なおかつ、形も崩れず、綺麗な断面が窺える、木刀を使ったとは思えないような半分サイズのスイカへと、なり、技術の向上も目に見えて分かった。
 さらに、再び夏が来るまで、スイカ割りに対する心構え、足捌きなど、スイカ割りを始めとする全ての技術を叩き込み……男を見て、二度目の夏を迎える。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.66 )
日時: 2012/01/02 14:13
名前: 白波 ◆cOg4HY4At.

 波が騒いでいる。
 僕はそう感じ、ほとんど条件反射と言って良いまでに、一際騒ぐ音が聞こえる方へと頭を向けた。
 ――――――彼だ。彼が再びこの海へ、この戦場へとやってきたのだ。
 そして、彼はボードと波と共にこの戦場へと降り立ち、前のようにビーチバレーを始めた。
 当然圧勝。そして、息一つ乱れていないどころか、この猛暑で汗一つかいていない彼に僕は話しかける。
「こんにちは。あなた、かなり強いですね。よろしかったら、僕と城作り、ビーチバレー、スイカ割りの三本勝負をしてはくれませんか?」と、彼にダメ元でお願いした。
 すると、思いの外彼は快く「良いよ。アンタはそこら辺のヤツとは違うみたいだし。砂の城は勝てる気しないから、ビーチバレーとスイカ割りだけやろうよ。ビーチバレーを二本勝負、スイカ割りを三本勝負にすれば、決着はつくだろ?」
「そうですね。では、ビーチバレー行きましょうか。試合では真価は見られないので、威力と精密度。この2つで勝負しましょうか」
「…………了解」と、彼は数瞬驚いたような表情を浮かべてから、それに同意し、僕にボールを投げ渡し「じゃあ、まずはパワーから行ってみろよ」と、サーブをするように腕を振って見せた。
「距離を競うんですか?」と聞くと「まあ、そういうこと」と言われたので、早速僕はサーブを打つために精神を落ち着かせた。
 そして、ビーチバレーの球を、雲一つ無い虚空に向かい投げ、平均的なバレー選手の二倍弱の高さを跳び、身体をヨガや、フィギュアスケートのように大幅に反らしながら――全体重、力、勢いを乗せたサーブを飛ばす。
 手から離れた瞬間。それは物理法則に逆らうように、基地から離陸した戦闘機のように、重力を振り切ろうというように、勢いを落とすこともなく、その弾丸と呼ぶに相応しい球は……永い時を経て、地面へと落ちた。
 そして、一瞬彼は驚いたような表情をするも「じゃあ、今度は俺の番だな」と、僕がした動きと同じように、跳躍、反り、一瞬での力の解放のステップを踏み、僕のような弾丸のような一直線の軌道とは違い、エベレスト。その軌道はそれをイメージさせるような軌道を描き、高々と上がり、まるで流れ星のように、もの凄い速度で、まるで空力加熱で燃え尽きんばかりのスピードを出しながら、砂へと落ちる。
 そして、彼の放った衛星と呼べるような球が砂浜に落ちた瞬間……大量の砂を巻き上げ、まるで、ゲリラ豪雨が砂となって降り注いだように、砂の雨が上空から振ってきた。
 数秒間の砂の雨が降り終わり、僕と彼は自分達が放ったボールの在処を見に行く。
 すると、タッチの差で、僕に軍配が上がった。恐らく、によって少し流されたのだろう。彼のボールの焦げ具合を見るに、によっては僕が負けていたかもしれない。
「負けたか……。じゃあ、次は精密さな?」そう言うと、彼はドミノを並べ始めた。
「まあ、そうなりますが……。何をしているんですか?」
「あ? ドミノ並べてんだよ。見りゃあわかんだろか」と、そのドミノ一つ一つを正確に、丁寧に並べ、約一時間後にその二百×二、計四百ものドミノを不安定な砂浜に並べ終えた。
「で、何をするんですか?」
「決まってんだろ。あのドミノを倒すんだよ。打ち方は何でも良い。より多くのドミノを倒せた方の勝ちってことだ」
「ふむ……分かりました。では、先手は貰います」
「構わない」
 そう言われると、僕は時間の流れを僕の周りだけ遅くしたかのようにゆっくりと呼吸を整える。
 そして、自分でボールを高く上げ、跳躍。
 最高地点から、まるで砂浜の中の小さな貝のような小さいドミノを目掛け、僕は自分が想定していたルートと寸分違わないように、ボールをインパクトする。
 そして、僕の手を離れ、自由になったボールはおおよそバレーとは言えないような速度を保ち、そのドミノへと一直線に向かっていった。
 空気抵抗により何とか他のドミノを巻き上げないようにした僕のボールがそのドミノの始めの一つに当たる。
 そして、それは勢い良くパタパタと倒れていき、二百のドミノ中百八十ものドミノが倒れる好記録となった。――が「俺の勝ちだ」と、彼が“ポン”という音と共にそう笑い、僕の渾身の一発をあざ笑うかのように球がゆるゆると宙を舞う。
 そして、重力に従い彼の始めのドミノに落ち、当たった瞬間――――まるで、最初からそのドミノが倒れていたかのように、置かれていたドミノが全て倒れた。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.67 )
日時: 2012/01/02 14:44
名前: 白波

 完全敗北し、その場に膝を衝いていた僕に、彼は手を差し伸べ「じゃあ、次はスイカ割り三本な。負けねぇぜ?」と、ニッコリと笑い、僕にスイカと木刀を渡した。
「最初は技だ。試技は一度きり。確実にスイカにその剣を入れ、芸術的に割った方の勝ち。審査員はここにいる方々にしてもらおう。良いな?」と、周りのギャラリーを巻き込んだスイカ割り“技”によって、引き分けで迎えたこの第二ラウンド、スイカ割りが始まった。
 スイカ割りの先手は交代して彼。無駄と力の無いフォームから、目隠しによる周りの見えない孤独感と、不安感。この二つを全く恐れることもなく、実際は数メートルなのだが、果てしなく遠く感じるそのスイカへと確実に、力強く歩み寄っていく。
 そして、スイカ割りの基本となる木刀でスイカを上空へ飛ばす、スカイを綺麗に決め、それを空中で十文字に、更にもう一段十文字に斬る。
 そして、サンドインするスイカの速さや向きを調節し、その正確に八等分されたスイカは、その赤く瑞々しい内部を汚すことなく、更に、スイカ割りにおいては仕方ないとされてきた、スイカを斬った時に付いてしまう返り血すら付けていなかった。
「……流石です。では、次は僕が……」と、僕は目隠しを付ける。しかし、こんな物は今の僕には意味を成さない。目隠しをしたところで、僕の視界にはしっかりとスイカが見えている。いや、スイカしか見えていないと言うべきだろうか。僕と、僕が斬るべき相手。この二人は何もない、誰もいない空間で、ただただ向かい合っているだけだった。
 そして、僕はその静寂を壊すかのように、この暗い世界を駆け出す。
 何かに脚を取られるような気がする。僕が走るということを何かに阻害されているような気もするが、そんなことは些細な問題でしかない。
 僕は相手の元へと辿り着き、スカイよりも、一段低い位置に上げる掬い。更に、僕の一番の大技とも呼べる、相手その物を木刀の先端で止めるオリジナル技“時止まらずとも世界は凍る(コールド・ウォーター)”によって止め、一瞬上げては弱い部分に木刀を入れ、その赤い血を出さないように、正確に皮のみを貫通させ、それを回すように一回転させる。そして、横一回転から、縦一回転に方向を変え、キレイな斬り込みを十文字に付けた。
 そして、その迷彩服で隠されたその赤い身体を、四等分された皮の迷彩服を引っ剥がすことによって、引きずり出す!
 そして、あらかじめ配置された皮の上に、その宝石のような赤い身体が落ち、砂という不純物を当然付けることもなく、四枚の花弁に実を付けたような形の真ん丸いスイカがここに咲いた。
 そして、二人だけの世界は壊れ、大観衆の叫び声のような歓喜の声がこの砂浜に響き渡った。そして、その後の投票の結果――僕が二勝目を勝ち取った。
 二戦目はやはり精密さ。
 スイカを割る程度ではもはやそれは量れない。ならばもっと小さなものを割ろう。
 パイナップル、当然成功。林檎、成功。キウイ、成功。苺、成功。
 ――そして、次に来たものは……“ラッキョウ”だった。
 もはや、このレベルではその剣術自体のレベルを問われる。僅かな乱れ、僅かなズレだけでラッキョウには当たらない。精神的にも喰う側のラッキョウに喰われていく、この競技の恐ろしさを実感したような気がした。
 ――――それでも彼は成功させた。
 ――――そして、僕はそのプレッシャーと難しさに呑まれ、失敗した。ラッキョウに喰われてしまったのだ。
「じゃあ、これでまたイーブンだな。最終対決は――早さだ」
 『早さ』これは老師にも聞いたことがある。
 確か……二人で一つのスイカを使い、どちらが早く割れるかを競う競技……。まさに、最後には相応しいってわけだ。彼も粋な人だ。こんな形でなければ、最高の盟友となっていただろうに。
 そして、そんな物思いに耽っている暇も無く、僕と彼。そしてあの宝玉。これら三つの綺麗な三角形が描かれ、ギャラリーの一人に仕切りを頼み、その人が「始め!」と言った瞬間に、僕と彼は走り出した。
 これはただ割るだけでは勝ちにはならず、キチンと食べれるように割らなければ相手の勝ちとなる、極めて難しい競技だ。
 彼に先手を取られ、多分だがスカイをかけられる。ならば、先程の軌道と同じ。僕の木刀はそれを割らないようにくすね、空中にキープする。先程のように僕はコールド・ウォーターを使っているような時間も無い。一気に……と、斬りかかろうとした所に彼の体当たりが僕に炸裂する。
 そして、軌道を逸らされ、空振り。今度は彼にチャンスを与えてしまう結果となる。
 そして、彼はその手に持った聖剣を今にもスイカに振るうだろう。
 だから、僕は最後の賭に出る。スイカの弱点など、僕には目隠しをしていても容易に分かる。だから、その弱点を的確に狙った突き。これをスイカに放った。
 手応えは合った。しかし、同時に彼の一太刀も放たれたような気がする。
 なら、後は結果を待つのみ。やるべきことはやってきた。これで負けるなら、それはそれで――。
「勝者、左側!」と、僕の勝ちを主審が告げるのと同時に、場をつんざくような、飛行機が離陸するような大歓声があがった。
「はぁ……負けたのか。でも、不思議と悪い気はしない」
「僕もですよ。負けたなら、それはそれで良いと思いました」
 と、僕らはそう笑い合いながら目隠しを外した。
「今度、一緒に泳ぎに行こうぜ!」
「ごめん。僕、泳げないんだ」
 この熱く照りつける真夏の昼の太陽とは対照的に、僕は彼の誘いを冷たくあしらった。
      ~泳げない僕なりの海の楽しみ方、終了~
 
後語りー。
 と、化物語に始めさせていただきますが、とりあえず始めにすいませんでした。なんか、投稿がかなり遅れてしまったもので、他の方々の投稿に支障をきたしてしまったようで。重ね重ねすいません。
 で、今回の作品ですが、オチを始めに思い付いて、なんかそれっぽい話を作ったらこうなった。どうしてこうなったという作品です。まあ、海要素を入れながらも、あれ? バトルSSじゃね? どうしてこうなった。という作品に仕上げてしまいました。
 まあ、毎度の如く明らかに他の方々と作が違うのは僕ということでスルーしてください。
 では、どうしてこうなった作品『泳げない僕なりの海の楽しみ方』作者、白波でした。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.68 )
日時: 2012/01/03 13:53
名前: ハネウマ◆HqztFszTIQ
参照: http://soysauce2010.blog82.fc2.com/

【おさかな天国】1/2





 海の上を半魚人が走ってきた。

 そう言った時の他人の反応は二種類に大別される。一つは「バッカじゃねぇの」と冗談として処理される場合だ。こちらは至って真面目に話しているのに酷いじゃないか。何が「そんなことより見ろよあの雲、あれお前のアヘ顔じゃね?」だ。体の七割が水分だからって大気中に浮かぶ水滴と一緒にしないで欲しい。僕のアヘ顔の写真見せられても困る。
 もう一つの反応としては、「大丈夫? 熱でもあるの?」と真剣に僕の脳内が異常をきたしていることを危惧されることが挙げられる。僕が普段から嘘や冗談を言わない真面目な性格であることから、あのような突飛な言動をすればそれなりに心配されるのだろう。しかし実際に、半魚人が突如として現れたのだから仕方がない。

 あれは、僕が高校生活という奔流の中で必死に舵を切り様々な社会勉強を始めた頃のことだった。
 僕は家族で千葉県の九十九里浜に向かっていた。目的は海水浴。季節は真夏である。
 行きの車の中で、既に僕は絶望していた。僕だけではない。自らの感情に忠実な母は勿論のこと、家族の大黒柱として決して弱音を吐かなかった父でさえもその表情には諦めの色が浮かんでいた。

《えー、ただいま入りました情報によりますと、九十九里浜の降水確率は79442698133%です》

 ラジオの男はそう告げた。笑いを堪えているようで、たまに声が裏返る。僕はラジオを破壊したいという衝動を抑え、弟を殴ることで怒りを発散させていた。弟は死んだ。
 滝のような雨は九十九里浜のホテルに着いても止むことはなく、母は遂に発狂して部屋の畳の上でクロールを始めた。余程泳ぎたかったのだろう。畳の海は決して気持ちよさそうではなかったのを覚えている。
 僕はラップ調で「さかなさかなさかなァッ! さかなァをォ食べェるとォ! あたまあたまあたまァッ! あたまァがァボンバヘッ!」と唱えながら想像上の海を泳ぐ母を残してホテルのロビーに行き、傘を借りて外へ出た。

 折角弟の犠牲を乗り越えて海まで来たのだ。海はそれほど荒れていないようだったし、暇な僕は海を少しでも楽しもうと浜辺へ歩いた。
 物凄い雨だった。バケツをひっくり返したような、という表現が生ぬるいほどに強い雨が傘を揺らしていた。まるでホースからほとばしるような強い水流が周囲を叩きつけている。雨以外の音は聞こえない。傘の重みが僕の気を滅入らせた。
 内陸住まいの僕に何度も感動をもたらしてくれる水平線は見えなかった。まったく、僕は何をしにここまで来たのだろう。ため息をついて、踵を返し去ろうと思った。その時。

 マグロの体の背びれ付近から二本の人間の足が生えている生物が、こちらに向かって全力疾走してきたのだ。海の、上を。

 初めは僕の目がおかしくなったのかと思った。次に脳を疑った。そして頬を思いっきりつねってみた。にきびが潰れて、後悔した。
 近づいてくる半魚人に僕は恐怖し、逃げようとした。だが、待てよ、と思った。外は土砂降りの雨。ホテルに行っても暇なだけ。この出来事はそんなつまらない一日を劇的に変化させてくれるのではないかと僕は期待した。
 警戒心は解かなかったが、僕は黙って半魚人を見つめる。湧き出る疑問。あなたは……あなたは、刺身にしたら美味しいのですか?
 水しぶきを上げて小波がさざめく浜に立った半魚人は、つぶらな瞳で僕をみつめた後、こう言った。

「Hey! あんちゃん! いいコト教えてやるぜ! 3×6は86だ!」

 意味が分からなかった。何故人語を解せるのか。何故間違った乗法の答えを提示したのか。しかし、半魚人などというおよそ自然に存在しそうにないファンタジーな生物が、自然の法則――掛け算の本当の答えを無視するのは至極当然のことのようにも思えた。
 降り続く雨の音は僕の耳には入ってこなかった。超現実が目の前にいるという事実と、刺激される空腹感に僕の意識は集約される。
 気づいたことを口にした。

「あの……美脚、ですね」

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.69 )
日時: 2012/01/03 13:54
名前: ハネウマ◆HqztFszTIQ
参照: http://soysauce2010.blog82.fc2.com/

【おさかな天国】2/2





 半魚人が震えた。それは水に濡れた犬が体を振って水滴を撒き散らす仕草に似ていた。犬と決定的に違ったのは、どうやら半魚人――まぐろクンと呼ぼう、まぐろクンは、感動して震えたらしいということだ。
 雨に濡れていてわからないが、まぐろクンの鮮度が保たれた美味しそうなくりっとした目からは涙が流れている、気がした。

「ギョギョーッ!? そんなこと言われたの初めてで……嬉しいギョ……」

 話を聞くと、まぐろクンはこんな姿だから普通の魚に差別されているらしい。好きだったマグ子さんにもフられ、友達もできず、捕食の対象であるカタクチイワシにさえも姿を愚弄されたという。彼らは一様にこう言った。「ポニョの世界に帰れ」と……。
 そしてまぐろクンは決心した。陸地に上がって人間になる、と……。食物連鎖の頂点に立ち、自分を馬鹿にした奴らを水族館送りにして水槽を指差して笑ってやる、と……。

 嗚咽を漏らしながら自身の境遇を語るまぐろクンに、僕はいつの間にか食欲をそそられていた。間違えた。親しみを感じていた。
 彼は魚よりも人間に近かった。自然の摂理に何の疑問も持たず生きる魚とは違い、人間的な感性を持ち合わせていた。言うなれば、傲慢だった。それだけに、魚の世界で生きてゆくのには苦労もしたのだろう。海の暮らしはどういうものなのか分からないが、僕は同情を禁じ得なかった。

「あんちゃんが初めて出会った人間だギョ。頼む! あんちゃんの群れに加えてくれ! ギョ!」 群れというのは、家族とかそういうものだと解釈した。

 実は人間というのはそんなに偉いものじゃないのだ、と言おうと思ったがやめた。彼の決意は揺らぎそうになかったし、なにより面白いことになりそうだったからだ。
 僕はまぐろクンの頼みを受け入れた。まぐろクンは僕の胸の中で嬉しさにおいおいと泣いた。辛かったね、と言いながら、僕は魚特有の生臭さが鼻の中に立ち込めるのを感じていた。それが若い女性の香水の匂いではないのが残念でならなかったが、生魚萌えに目覚めそうでもあった。

 そしてホテルに連れ帰り、興味津々といった様子で調理場の設備を眺め回すまぐろクンにスタンガンを食らわし、腕利きの職人にさばいてもらい、今日の晩御飯としていただいた。
 海の幸に感謝の涙を流しながら、脂の乗った絶品のマグロを堪能した。それを食べた途端、母がコサックダンスしながら「8×4は66だァ!」と叫び始めたが、警察沙汰になるだけで済んだことにほっと胸を撫で下ろしたのを記憶している。

 今でも時々思い出す。バラされたまぐろクンの脂が照り返す眩い光、口に運んだ時のとろけそうになるほどの至福。それはまさに荘厳なる竜宮城を連想させ、僕はそれを想起するたびに感涙せずにはいられない。
 刺身といえば誰もが思い浮かべるマグロは、堂々たる刺身の王だ。魚雷の如きスピードで大海を旅するマグロは、海を駆ける疾だ。

 ひとりの神秘的な生物を失ってしまったが、悲しくはない。
 まぐろクンは僕の血肉となり、生き続けるのだから――。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.70 )
日時: 2012/01/04 23:53
名前: 友桃◆NsLg9LxcnY
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1/index.cgi?mode=view&no=24099

【鈍色の海】


 眼前に広がるのは、鈍色(にびいろ)の海。じっと見つめていても、小声で声をかけても、ちっとも答えてくれない……ちらりとも目を向けてくれない冷たい海。冬も目前の乾いたが水面を打ち、わずかに波打ちはするが、それだけ。こうしてひとりぽっちで砂浜に座るさびしい女の子のことなんて、気にかけてくれないのだ。
 砂も冷たい。海と同じ。立てた両膝に腕を回し、膝小僧にあごをのせて、懲りもせずに暗い海を見つめる。それでもやっぱり心は満たされなくて、ふと目を伏せた。足先の砂を軽く蹴って、辺りに散った砂の一粒一粒を意味もなく見つめてみる。この子達は寂しくなんてないだろう。周りにこんなにもたくさんの仲間がいるのだから。そう思ったらなんだか憎らしくなって、もう一度、今度はもっと強く足元の砂を蹴っていた。……虚しさに、胸がえぐられそうだ。
 再び目をあげて、どこまでも遠く広がる海を見る。どこまでも、どこまでも際限なく広がるそれは、ただだだっ広いだけで包容力なんて何も感じない。逆に広すぎて自分だけ置いてきぼりをくらった気分だ。すねた気持ちで唇を尖らせる。膝小僧に右の頬をつけ、無感情を装ってぼんやりと眼前の景を瞳に映す。鈍色の、海を。

 ――……気持ち次第で、変わることだってあるかもね

 いつだったか誰かが言っていた言葉が頭に浮かび、弾かれたように顔をあげた。同時に、波が浜に打ち寄せる力強い音が耳に響き、胸の内に反響する。今まで聞こえていなかった音だ。響いて、いたのに。
 小さく息を吸い込む。冷たい空気が体中にしみわたった瞬間、改めて海一帯を見渡してみた。そして目に映ったものに、思わず背筋をぴんと伸ばしてしまった。自然と笑みがこぼれる。

「……鈍色なんかじゃなかったね」

 目を細めて水面の一点を見つめてみる。水面にはオレンジ色の細かい光が美しく散っていた。ほぅ、と吐息を漏らして視線をあげると、金色の光を放つ夕日が今にも海に沈もうとするところだった。こんな神々しい景すら、ついさっきまでは視界から弾かれていたのかと思うと、身ぶるいさえしそうになる。

 あたたかい光に頬を照らされ、まぶしくて手でひさしをつくった時、足音が近付いて来ることに気が付いた。ゆっくりと、静かに。まるでこの美しい景を壊さぬよう意識を張り詰めているかのように。その足音が背後で止まる。人の気配はしない。手でひさしをつくったまま後ろを振り仰ぐと、予想通りの人物が包み込むような笑みを浮かべて佇んでいた。大好きな、お母さん。それこそ海のように広い心を持った、大好きな、……ここにいるはずのないお母さん。怖くはなかった。お母さんは前と変わらぬ優しい笑みを浮かべていたから。
 あたしは口を開きかけて、何も言わないままゆっくりと閉じた。代わりに手を伸ばすと、お母さんは静かにその手をとってくれた。顔を見合わせて微笑みあう。

「連れてって?」

 甘えるような声でそう言うと、お母さんはうなずいてあたしの手を引き立ち上がらせてくれた。同時に砂を踏む足の感覚が、空気に、服に触れる肌の感覚が、波が引くように薄れていった。



 冷たい海。足首を濡らす鈍色の水。
 幸せそうに微笑む、ひとりぽっちの女の子――……。


――――――――――――――――――――――――――

はじめまして。突然ですが投稿させていただきました。
とりあえず、意味わかんない話すみません^^;

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.71 )
日時: 2012/01/05 13:29
名前: 雷燕◆bizc.dLEtA




 季節はずれの海に、勿論人気はない。秋もだいぶ深まってきて、海にうたれると肌寒く感じる。
 そんな中そいつは、金色の髪から水を滴らせ、水着姿の上半身だけを海から出し、また下半身では鱗を綺麗に光らせながら、俺の方を見据えていた。
「……どちら様?」
 俺は尋ねた。
「見りゃ分かるでしょ」
 そいつは、気が強そうな喋り方で答えた。
「……半魚人」
「人魚って言いなさい!」

 この海岸は道路沿いの浜辺からは少し外れていて、まず地元の人しか知らなくて、したがって人があまり来ない。だからこいつも来てたのかも知らないけど。
「こんな時期に海って寒くないん?」
「あんた馬鹿? 水は温まりにくくて冷めにくいの。このくらいの時期だったらずっと水の中にいたほうが暖かいわよ」
「それを知らない人を馬鹿と呼ぶなら俺は馬鹿やな」
「はっ馬鹿が」
 高飛車な半漁人……もとい人魚だなあ。
「なあ」
「何よ」
「水中で息できるん?」
「できるわよ。当たり前じゃない水中で暮らしてるんだから」
「えらはどこに付いとるん」
「ここ」
 そいつは腰のちょうど下辺り、人間の肌から人間のものでない鱗に変わった所を指差した。
「ふーん……。変な所にあるのな」
「あんたが人魚をよく知らないだけでしょ」
「何食べよんの?」
「魚とか、貝とか、海草とか。海の中は高級食料の宝庫よ。おかげでいくつになっても肌はぴちぴちだし。触ってみる?」
「遠慮します」
「遠慮して断った言い方じゃないわよ。ま、結構食べ物は人間に近いから出てくるものも近いわよ。魚の肛門ってね――」
「ストーップ! これ以上聞いたら俺の中の大事な何かが崩壊する気がする」
「常識に縛られて生きてんのねえ」
 そいつが笑ったその時、少し強いが吹いた。俺は肩をすくませる。そいつは身震いをした。
「……寒いんじゃねえの?」
「空気中に体を出してると気化熱で寒いの! 気化熱って分かるお馬鹿さん?」
「ああそれは分かる。別に潜ってていいのに」
「あんたがここにいるからでしょうが! そもそも! 夏の間は我慢してもう人はいないだろうなと思って来たのに、何でこんな時期にこんな浜辺に来てたのよ!?」
「今日ここに来たら誰かに会える気がしたから」
「はい?」
「俺の勘は外れたことがないんだ」

 俺の勘は当たる。最早超能力を言って良いレベルに。こっちの道を通ったら何かある、と思えば知り合いのおばちゃんに会ってアイスを貰った。ちょっと危険を感じで立ち止まると目の前に鳥のフンが落ちた。その他諸々。
 本当にどうでもいいくらい小さな事なんだけれども。それでも、そうなる気がしてならなかったことは無かった。
「何それ嘘臭いわね」
「別に信じてもらえなかったら大変なレベルのことは分からない」
「下らない能力ね」
「俺もそう思う」
 数秒、沈黙に包まれた。上空では太陽が傾き始め、地上と海面を照らしている。ぽかぽかして暖かい。
 俺は沈黙を破った。
「何で浜辺に来とったん」
 そいつは暫く答えなかった。応答なのか独り言なのかよく分からないような頃、ぼそっと呟きが聞こえた。
「……人に会いたかったのよ」
「…………へぇ」
「ええ矛盾してるわよ! さっき『もう人はいないだろうなと思って』って言ったものねっ」
 そいつは突然饒舌になった。「だってもし人間に会ったら取材とかいっぱい来るでしょ? 捕獲しようとか考える大馬鹿連中が現れるかもしれないでしょ? でもやっぱり憧れってあるのよ! みんないっぱい友達がいて、いっぱい恋愛して、いっぱいお洒落して、いっぱいいっぱい人生を楽しんで……! 夢見たって良いじゃない、あたしだって人間だったら女子高生だもの! あたしだってもっとたくさん友達がほしい、もっとたくさん恋したい、もっとたくさんの服が着たいの!!」
 そして、彼女の叫びは唐突に終わった。最後の方は声がちょっとかすれていた。顔を隠しているので、どんな表情をしているのかは分からない。
「色々あるんだな」
「だって人魚って絶対的に数が少ないもの」
「――だから人間を引きずり込むんだ?」
 そいつは声もなく顔を上げてこちらを向いた。見開かれた目からは、涙が流れていた。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.72 )
日時: 2012/01/05 12:21
名前: 雷燕◆bizc.dLEtA

「ど……どういうこと?」
 そいつの唇は震えながら動いた。
「夏とか海岸に人が集まる時期に浅瀬へ来て、気に入った人間を海に引きずり込んで殺してたんだろ? 一人目は7月5日に大学生川口栄太。二人目は7月18日、高校生上田陸斗。そして三人目が、8月26日高校生の加藤美沙。殺して何になるのか俺には分からないけどさ」
「な、何でそんなところまで」
 青い顔をしながらも、そいつは否定をしてこなかった。……少しだけ期待してたんだけどな。
「そんな気がしたんだ」
「気がした、って……」
「言ったろ? 俺の勘は外れない」
「……そうだったわね。――でもあたし、あなたのことも結構気に入っちゃったのよね」
 そいつの顔つきが変わった。「そういうそっけない態度も良いし、よく見りゃ顔も整ってるじゃない」
 そいつは驚くべき速さで俺の足首を掴んで海へ飛び込んだ。しまった。もっと早く海から遠ざかってないと悪かった。
 大きく息を吸い込む暇も無い。人魚の尾ビレが水をかく力は凄まじく、とても俺なんかが太刀打ちできるものではなかった。息が苦しい。このままでは死んでしまう。でも、何故か助かる気がした。俺の人生はこんなところで終わらない気がする。
 俺の勘は外れない。
『あんた何また馬鹿なことやってんの!』
 女性の声がした。それと同時に細い日焼けした足が見えて、その足が俺を引っ張る腕を蹴る。手は足首から外れた。
 今度は手首をぐいと掴まれて、海岸の方へと引っ張られる。勢いよく海面に顔を出して、空気を肺へ送りこんだ。
「早く海から離れて!」
 その声に急かされて砂浜を走る。声は、海の中で聞こえてきた声と同じだった。
 波打ち際から離れて海を振り向くと、一人の女性が立っていた。
「えっと……」
「こんにちは。私、加藤美沙。大丈夫だった?」

 加藤美沙は、自分を殺した相手のことを笑顔で語る。多少無理がある笑い方ではあったけど。
「あの子、寂しがり屋なんよ。人間は海の中までは一緒にいられんけど、幽霊やったら別やろ?」
「そんな自分勝手な」
「うん。やけんあの子は私が見張っとるけん。今日はもう帰っていいよ」
 兄の元クラスメートである彼女は、自分は殺されたにもかかわらず他人のことを考えている。
「助けてくれてありがとう。でもごめん、まだ用があるんだ」
 俺は自ら海へ飛び込んだ。後ろで加藤美沙の声がする。
 少し泳ぐと、眼の周りを赤くしたそいつが驚いた顔をして俺を見ていた。俺はそいつへ近づいて、右手をそいつの右の頬、左手をそいつの左の頬に添えた。そしてそいつの口に俺の口を近づけて、同時に目を閉じる。目は閉じていたし海の中だったけれど、そいつがまた泣いているのが分かった。
 右手と左手とそして唇の感触は、だんだん無くなっていった。

 浜辺へ上がると、加藤美沙が待っていた。
「わお。大胆やなあ」
「あいつ、多分恋愛ができないまま死んだのが一番の後悔やけん、キスのひとつでもすれば成仏するやろうって斑猫婆さんも言ってた」
「だからって中学生ができるか普通。顔もやけど、その淡々とした性格まで兄ちゃんに似てんのね」
 分かってたのか。彼女の笑顔は、さっきと違って明るい。
「……あんたは成仏せんの? あいつを止めるために幽霊になったんやないん?」
「うーん、だってあの子成仏したわけじゃないけんな」
「嘘っ。死にかけた上あそこまでしたのに」
 心臓がドキッとした。これで終わったと一安心したところなのに。
「だって別にあんたあの子が好きなわけじゃなかろ? どこか遠くに行ったみたいやし大分効果あったと思うけど、完全には多分無理だよ」
「マジか……。やけんまだ残るん?」
「うーん、それもあるけど彼氏からのプレゼント貰いそびれたからかも」
「なんだそのリア充な理由」
「あ、笑った」
 俺も彼女の笑顔につられたのだと思う。魅力的な女子高生だな。友達も多かったことだろう。だからこそあいつのターゲットにされてしまったのかも知れない。
「じゃあ俺は帰るよ。助けてくれて本当にありがとう」
「いいって。こっちも楽になったし。邪引くなよ!」
「おう」
 加藤美沙に手を振って、家に帰った。早くシャワーを浴びて着替えよう。


「おお、竜也か」
 住宅街の外れにある古い平屋。60歳くらいの女性に中学1年の少女と、そして老いた斑猫が住んでいる。俺がそこを訪ねると、縁側にいて日向ぼっこをしていた斑猫婆さんにまず気づかれた。その横に腰掛ける。この家の縁側は勝手に使っても咎められない。
「浜辺の幽霊人魚、会って来ましたよ」
「ありがとよ。何日も通ってもらってすまんね」
「いえ、部活も引退して暇ですし。毎日あの浜辺に現れるって分かってましたから、時間帯をあわせるだけでそう大変じゃありませんでしたよ」
「そうかい。これ以上人を殺されても困るんでの。助かったわい」
 斑猫ばあさんはいつも目を細めているので、笑っているのか眩しいのかよく分からない。怒ったようなところは見たことがない。
「……あの」
「なんじゃ?」
「実際、人魚っているんですか?」
「どうじゃろうなあ。いるかも知れんし、いないかも知れん。海を探し回れば見つかるかも知れんぞ」
 知ってるくせに。斑猫婆さんは何でも知ってるんだ。
「あ、竜也先パイ」
 後ろから、斑猫婆さんよりずっと若い声がした。ここに住む少女だ。
「来てるんなら言って下さいよぉ。今お茶用意しますね」
「あ、いやいいよ。すぐ帰るから」
「えー帰っちゃうんですかぁ」
「特に用もないのに長居するのも悪いし。じゃあね真理ちゃん。さようなら、斑猫婆さん」
 俺は平屋を後にした。
 そういえばあいつの名前も聞きそびれたまんまだったな。……うん、多分『エリナ』。漢字は分からないけどエリナだな、あいつは。そして多分明日も明後日もその先も、あの浜辺に行っても彼女には会えないなと根拠のない確信が持てた。
 俺の勘は、外れない。


****************************************

何だこの会話文だらけ。特に前半。グダグダ失礼しました←

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.73 )
日時: 2012/01/06 12:30
名前: 書き述べる◆KJOLUYwg82

こんばんは~
大会も終わり、ちょっと気分転換に、でも全力ですよ。
『水のいのち』という合唱組曲がありますが、そんな雰囲気が出せたらなぁと思いながら書きました。
……わけわかんないですねぇ。。。。

失礼しました~

【億万年の光明】


 息が詰まるほど空には重たく雲が垂れ込めている。波頭をギロチンで切断するように突が水面(みなも)を駆け抜ける。いたずら好きなの精が金色の粉を派手に巻き上げようとしたが、夜明け前からしたたかに波に打ちのめされていた砂浜はさびた鉄のように穢れ、重たく固まっていた。

 うめき声が聞こえる。沖のほうから下っ腹にめり込むような重たいのが何度も何度もにのって響いてくる。

 今日も海は喘いでいた。


 彼らは自らの身を削り、周りに与えてばかりで見返りを求めようとしない。

 約5億年前、無数の命が大地に上がった。それらの多くは長きに亘り海に養ってもらっていた恩を忘れ、淡水でしか生きようとしなくなった。そして使い古した淡水を川を使って彼らの横っ腹に突き刺すように垂れ流すのだ。


 彼らは誰かに頼れれるとその者たちを身ごもって守ろうとする。

 体の中で噴火する海底火山。群れを為して勝手気ままに蠢く無数の魚たち。身ごもられた者たちは、彼らの肉体を内から痛めつけるためだけに動いているのだ。


 彼らは健気に太陽から放たれる灼熱の光線を跳ね返している。

 銀河の片田舎にある自ら光ることのできない岩石の塊をを歓楽街のネオンサイン顔負けに華やかに彩り周りの星々を愉しませようとしている。母なる惑星から見れば彼らは卵の殻よりも薄いと軽んじられることはままあるにも拘らず。


 彼らは疲弊しきっていた。約46億年という歴史の中で、幾度となく怒りを大地に星にぶつけてきた。それでも彼らの体は蝕まれる一方であった。


  湿気を含んだ生ぬるいが一層強くなり、港の桟橋付近に舫われた九百人乗りの大型客船が湯船に浮かぶおもちゃの船のように激しく揺さぶられている。海鳥たちはとうの昔に山の向こうまで吹き飛ばされていた。水平線の近くでは神罰を落とさんとばかりに漆黒の積乱雲の底辺が漏斗の形を為して海面に届こうとしている。波状的に上陸する突が岸壁の道路のガードレールを貫き、悲痛な叫び声をあげさせた。


 壊してしまえ、何もかも――。


 昼間でも日光の届いた試しのない大洋の底で魚類の骸骨と共に淀んでいた陰鬱な塊が巨大な泡沫となって浮かび上がってくる。もはや空と海の区別のつかなくなった暗闇で弾けるたびに、彼らの怒りを焚きつけようと静かに囁きかける。


 遂に波浪は港で一番大きな船舶のブリッジよりも高く聳え立ち、桟橋はいとも簡単にへし折れてしまった。遥か彼方で光が明滅し、刹那雲の輪郭が強烈な陰影と共に浮かび上がった。暫くして雷鳴が 海底を打ち震わし、陸に突進してきた。


壊すんだ。壊せ、壊せ――。


防波ブロックが浮き輪のように流され、水の壁が岸壁に打ち付ける轟音が周囲から全ての音を奪った。陸が波打ったように見えた。


「できない。我々にはできない」


 彼らは慟哭した。憎悪をぶつけようとすればするほど何かがそれを遮ろうとする。海が海であるために、陸は必ずしもいらない。胎内で蠢く魚たちもいらない。熱傷を負わせる海底火山もいらない。なのに何かが、感じたことのない感情が彼らを抑えつける。

 陸と星と真黒に染まった我が体躯を改めて見つめる。


――与えるばかりであったのか、守るばかりであったのか、本当に。


大気が一気に凪いだ。

渦巻ている雷雲はまだ解ける気配を見せていない。ふと、水平線の向こうでは一条の真紅の光芒が虚空を真っ直ぐつらぬているのが微かに見えた。


吹き飛ばされていた海鳥たちがいつものお気楽でやかましい鳴き声をあげ、隊列を為して戻ってくるのが見えた。


Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.74 )
日時: 2012/01/05 19:36
名前: ランスキー◆RtaaCjFysY

【SS―①】

鉛色の空は実に心を薄暗くする、だから天気が曇りばかりという地域の人達は、皮肉屋で性根が曲がっている。そんなことを誰かが言った。馬鹿馬鹿しいと一蹴する人もいるだろう。僕もその一人だ。太陽を拝めない時期が少し続いたからと言ってそれが何だというのだ。
年代物の自動車、その後部座席から見る天候は重々しい曇天だった。この周辺では特に珍しくも無いらしい。僕はそう教えてくれた運転手に視線を移す。
「曇り空は好きかい?」
軽く前に問いかけてみると、温雅な声が返ってきた。
「好きではないですね。だけど、お天道様が決めることですから。しょうがないですよ」
くたびれたコートにハンチング帽といった出で立ちの運転手。彼はこんなご時世では珍しいほど純朴で親切だった。なんたって町の駅からこんな郊外まで、不満の一つも漏らすことなく、キチンと乗せてきてくれたのだから。
彼の何処が性根が曲がった皮肉屋だというのか。僕は件の誰かを問い詰めてやりたい気分だった。
「旦那、この先は今は軍用地ですがね。何か御用でも……?」
運転手の男性は肩を竦めながら、そろそろとした声で僕にあそこでどうするのかと訊いてきた。スパイだったら大変だ、なんて思ってるのかも知れない。
「いやなに。ちょっと外から見るだけさ。廃棄された町があったろ、僕はそこの出身なんだよ」
落ち着いた口調で言葉を返すと、彼は納得したに頷いて息を吐き出した。そして「あんまり近づかないでくださいね。撃たれたら大変ですから」と言った。
彼の気遣いがズッと心に圧し掛かってくる。今からしようとすることを思うと、心に少しの罪悪感を感じた。僕はそれを振り払うように声を出す。
「……昔、この辺りに、ほら、向かいの国がちょっかいを掛けてきたのは知ってるかい?」
「空爆のことですかね? なら良く来ましたね、ええ。もっと南の方にもバカスカ落とされたみたいですけど」
「いや、そっちじゃない。銃を持った兵隊がボートに乗ってやってきたという奴だよ」
一旦、そこで会話が止まった。僕はトレンチコートの胸ポケットから紙タバコを取り出して、口に咥える。ライターで火を付けようとした時、彼がやっと返答した。
「与太話とばかり思ってましたが、本当なんですか?」
不安と興味が入り混じった声調だった。なるほど、良く隠匿されていたようだが、地元の人間に隠すのは難しい。
「どうだろうね。列車で隣に座った客が、話してくれたんだけど」
「旦那はあの町にいた事があるんでしょう?」
「何分、子供の頃だから。でもボートに乗った兵隊、なんてのは記憶に無いなぁ……」
運転手が「なら与太話に決まってますよ」と静かに笑った。僕も笑った。胸に、細い針が突き刺さった感じを味わいながらも、笑った。
やがて自動車はある木看板の前で停車する。半ば腐った木看板には「この先、アズフォード」という案内が書かれていた。胸の中で何かがざわめく。
「この先です」と運転手が呟いた。彼は僕に些か興味を惹かれているようだった。
「ありがとう。感謝するよ」
「気を付けてくださいね」
コートの襟を整えながら、僕は後部座席の扉を開けて外へ出た。鼻孔に懐かしい“臭い”を感じる。
運転席に回ると、ポケットからチップを取り出して、運転手へ渡そうとしたが、彼は首を縦に振らなかった。僕は無理やり中へとチップを押し込むと、困った表情の彼を労う。
「これで子供に菓子でも買ってやってくれ」
そう言って微笑みながら、フロントを軽く叩く。運転手が礼をすると、年代物の自動車は来た道を戻っていった。
僕はため息を吐く。あそこまでしてくれた彼に嘘を付いてしまった。もうこれで後戻りはできない。おもむろにコートの内ポケットを探る。硬い感触がした。
その感触をしっかりと刻み込みながら、後ろを振り返る。背丈の低い雑草の間に野良道が通っていた。自動車の轍が幾つもある。それなりに行き来はあるのだろう。
ふと、空を仰ぐ。相変わらず機嫌が悪そうな日和だった。今に、雨でも降り出しそうな感じだ。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.75 )
日時: 2012/01/05 19:38
名前: ランスキー◆RtaaCjFysY

【SS―②】

「濡れ狐……か」
そんな言葉が脳裏に浮かんできて、思わず口元が緩んでしまう。惨めなさまは僕にお似合いかも知れない。
一度、紙タバコを噛み締め、僕は野良道に足を向ける。一歩、二歩。踏んだ勢いのまま、ズコズコと先に進んだ。
左手の繁みから、右手の雑草から、生の臭いがする――。
それは僕自身が生きている感覚というのを半ば忘却しているからこそ、鼻孔に届いた臭いだった。
気づけば、段々と胸の内に不快感が溜まってくる。
何故、僕はこんなにも哀れで気薄なのだ。ただの藪や草からも、僕は生きている証を受け取っている。何故ならば僕自身にそれがないからだ。それがないから、周りから感じられるのだ。こんなふうに激しくも、悲しく。
嫌になるような感情が、精神を貫く。
振り払うかのようにかぶりを振って、更に一歩二歩と歩むと、不意にやるせない感覚が身体に沈んでくる。もう帰ろう、家に帰ってベッドへ倒れ、麦酒でも口に入れれば、また日常が帰ってくる。
――そして過去に苦しめられるのか。
斜面に差し掛かろうかというところで、僕の足は止まった。道先に張り巡らされたフェンスと、間に存在する検問所を見つけたからだった。
コマを、イメージする。黒くて、強靭なコマだ。それが頭部の中でグルグルと回転し始める。そして、それを徐々に首、胸部、腹部、そして下腹部へと降ろしていった。
コマがいよいよ峻烈に回り始める。身体が一種の気迫に包まれていくのが感じられた。すべきことをしよう。今しかない。
堂々とした態度を保ち、僕は一軒の小さな小屋と古ぼけた開閉棒がある検問所に向かった。小屋の外で立ち竦んでいた分厚いコート姿の衛兵が、肩に掛けていた自動小銃を両手に持ち替える。彼は小屋の中に何事か呼び掛けると、その場で、向かってくる僕に言い放った。
「止まってください! ここから先は軍用地です」
撃たれては適わないので、僕は素直に立ち止まった。衛兵が近づいてくる。顔を見る限り、僕よりも数歳か年下だ。そして一等兵。階級章がそう告げている。
「民間人の方は原則立ち入り禁止です」
彼が言った。僕は肩を竦めた。
「お勤めご苦労。兵隊手帳を出してもいいか?」
「……軍関係者?」
「中尉だ」
若い一等兵が瞳をパチクリさせる間に僕は両手を広げる。そして手振りでコートの内ポケットを示す。
「もう一度言うぞ。身分証明をさせてもらっていいだろうか?」
一等兵が何か答える前に、背後からもう一人が近寄ってきていた。締まりの無い口をした伍長だった。
「許可しますよ、中尉。さっさと出してください」
伍長が代わりに返答し、僕はゆっくりとコートの内ポケットから兵隊手帳を出した。開いて、一等兵に渡す。彼はすぐに開くと、数秒もしない内に伍長へと回した。
今度は伍長がそれを開いて、じっくりと中を見る。一分ぐらい経ってやっと彼は敬礼した。一等兵がそれを見て、同じようにする。
「ご苦労様です。中尉。何か当軍用地に御用でしょうか?」
「今度、軍測量部の部長補佐がこちらに来られる。再測量の下見だ。自分は先に状況確認を任された」
適当な嘘だ。大抵の兵と下士はこれで騙せる。要は士官クラスの人間が言った、ということが重要なのだ。発言内容にさして彼らは興味を持たない。
しかし……この伍長は例外のようだった。
「私服で、しかも供を連れずに、ですか?」
怪訝そうな視線を僕に纏わせてくる。僕は内心うんざりしながらも、まるで侮辱を受けたように自身の肩を怒らせ、声調に怒気を混ぜた。
「伍長……貴様の氏名と所属連隊、兵籍番号を言え! 士官の言動を疑うとは、ただでは済まさんからな!」
「あっ、いえ。失礼しました!」
咄嗟の所作で助かったようだ。眼前の彼は一瞬怯えたように眉を顰めると、すぐにそれを戻して、こちらの顔色を伺うように直立不動になる。
僕は内心の笑みをグッと堪えながら、仏頂面を湛えて言った。
「では開閉棒を開けてくれたまえ?」
伍長が頷くと、一等兵が慌てて開閉棒の下まで走っていき、それを両手で掴んで持ち上げ始めた。僕は一度ふっきらぼうに敬礼すると、そのまま歩いていく。
そして、抜けた。邪魔をされずにこの検問所を。
もうこれで障害はないはずだった。背後で開閉棒が閉まる音がして、固い地面を踏み込む感触が足の裏から伝わってくる。
こういう時にだけ、生を実感する。スリルから解放されたこの瞬間の、何とも言えない充実感。生き残ったぞ、やってやったぞという理性と本能の合唱曲。
あの兵隊たちは後でとばっちりを喰らうだろうし、僕は罪に問われるだろう。だがそれが何だって言うのだ。今、しなければならないことがあるのだ。
僕は何十回も足を持ち上げて、降ろす、この一連の動作を繰り返す。まるで昔のマスケット銃兵のようで、少し滑稽さを感じた。だけれど、これは有史以前から人類と共に付き添ってきた偉大なる伴侶だ。そう、それは『歩く』という名の行い。僕らを僕らたらしめてくれ、世界を広げられる行為。残酷さと慈悲深さが足には詰まっている。
気分が高揚してきた。一度目を瞑って、もう一度開く。右手には小高い丘、左手には浅い林。前方には道が広がっていて、丘の縁を回るように伸びている。その先には、あった。『それ』が。悪夢の源。幼少期からの因縁。美しき想い出。全てが詰まった『それ』がそこにはあった。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.76 )
日時: 2012/01/05 19:38
名前: ランスキー◆RtaaCjFysY

【SS―③】

アズフォード。僕の故郷。
海沿いの……白塗りの民家が町に一種の清廉さを与えていた町。
今は、そんな景は微塵も残っていない。瓦礫と崩れかかった建物があるだけの、人っ子1人いやしない孤独なゴーストタウンだ。
町の向こう側には海が見える――海。全ての元凶。僕にはアズフォードという乙女を無理やり押し倒して強姦しようとする、悪党に見えた。何とも憎々しげに波の満ち引きを繰り返し、暗い蒼は奥を見通すことすら許そうとはしない。不寛容の塊。今でも人を海底に引きずり込んでしまいたくて、うずうずしている。
ふと視線を移動させれば、地平線では雲と海が一つになっていた。それが何だか無性に気に入らなかった。子供の頃はそこに世界の真理を見たような気分になっていたが、まったく馬鹿げている。海は何処まで行っても海だ。空は何処まで行っても空だ。
そう、正直に白状しよう。僕は海が嫌いだ、いや、憎んでいる。憎悪している。だからマリーンどもも大嫌いだ。潮の臭いは地獄の腐臭だった。
そしてこの事実に怨嗟の声をあげたくなるが、僕の幼少期には地獄の腐臭が滲み込んでいた。
道沿いに丘を回って、町に入る。潮と灰と、忘れ去られた死の臭いが漂っていた。視線をあげてみれば何処にでも想い出の痕跡が残っている。
優しかったケントの雑貨店、オーブリー爺さんの釣具屋、フィンチさんの銃砲店、幼馴染だったバカラのパン屋。
僕は横断した。それら全てに、今は背を向けるしかなかった――何も見ようとしなければ、辛さもまた襲ってくることは無いのだから。
必要以上に町に留まりたくなかったので、さっさと横断した。町の外れには斜面を登っていく道がある。その先に僕の目的地があった。
斜面を登り、切り立った、屹立する崖へと着く。
上に生え茂った草地を足で踏み倒し、崖先まで歩くと、僕は崖下を覗き込んだ。
まるで炎のように揺らめく波が、崖へとぶち当たり、雄叫びをあげている。見ている内に段々と吸い込まれそうになってきたので、すぐに数歩退いた。
身体が震えているのを感じる。僕は心底、海を憎悪しているとともに、恐れてもいた。
あの時、海の向こうから偵察にやってきた、敵の特殊部隊員が放った流れ弾が、母の頭蓋と西瓜のように砕いてから。
精気を失った父がやっとのことで立ち直った矢先に、乗った釣り船が転覆してから。
いつか、僕自身もあの蒼の中に引き込まれてしまいそうで――。
僕はため息を付いた。もう疲れたのだ。いや、本当はずっと昔から嫌になっていたのかも知れない。“生きる”ということに。
母も父もいない。天涯孤独だ。親戚や親友も空爆で死んでしまった。そして復讐というには希薄すぎるどうしようもない静かな怒りと、それ以上に恐怖が残った。
分かっていたのだ。しょうがないことなのだと。
世間にはただの人間にはどうしようもないことや、不条理なことが沢山あって、それに立ち向かおうとしても無駄なのだということは。
だけれど、そうでもしないと。僕の空っぽの心は痩せ細って餓死してしまいそうだったから。だから、僕は海に憎悪を向けた。半ば強制的に。
僕の本能が、生存欲求がそうさせた。でももう、お終いだ。それも。
僕は海の音を聴きながら、そこに数分ほど佇んだ。海よ、君に仮初めの厭悪を抱くのは止めにする。この十数年間、良く付き合ってくれたね。
崩れ落ちるように膝を付く。そして地平線を見つめた。子供の頃の感覚を思い浮かべる。しかし、そこに無限の彼方を想像することは出来なかった。
右手をコートに押し込んで、中をまさぐる。ショルダー・ホルスターに鉄の鈍い触感を覚えた。ボタン留めを外し、それを引き出す。
良く手入れをされたリボルバー。シリンダーには一発だけ銃弾が装弾されている。
僕は銃口を自身に向けると、思い切って腔内へと突っ込んだ。吐き出してしまいたい、そんなことを一瞬思ったが、もう戻るつもりはなかった。
躊躇いがどんどんと大きくなる。これ以上肥大化しない内にケリを付けるべきだ。
ありったけの勇気で引き金を絞る。額から汗が流れ落ちているのが分かった。このリボルバーは撃鉄が上がる際に、チッチッと二回音を鳴らす。
チッ。まず一回目。この次で……僕は脳幹を吹っ飛ばされて死ぬ。ああ、駄目だ。
「ふう!」
大きな息とともにリボルバーの銃口を腔内から荒々しく出す。腋や首筋、額が汗でびっしょりだった。なんという臆病者だ。
僕は更に抵抗が強まってきたのを感じた。これ以上躊躇えば、このお芝居を終わらせることはできなくなるだろう。そうなれば、もはや僕にとってこの世は生き地獄に等しい。
全身が強張る。やれ、やるんだ。ここで終わらせろ。
痛いぐらいグリップを握りしめて、僕は絶叫した。同時に口に銃口を入れて、そして引き金を絞る。
耳元に反響する破裂音が、まるで僕の成功を祝っているようだった――。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.77 )
日時: 2012/01/05 19:42
名前: ランスキー◆RtaaCjFysY

【SS―アトガキ】

良く分からんもんになったなあ、というのが率直な感想です。自分でもあまり納得がいっていない作品になりました。
海、といったら怖いもの、と連想して、はてまた執筆中に考えを変えてそれが『僕』にも反映された感じです。何もかも失って生きる、ということがきっと恐ろしく見えたのかも知れません。
では参加させていただいてありがとうございました。また次回などありましたら……。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.78 )
日時: 2012/01/07 13:10
名前: 狒牙◆nadZQ.XKhM

今回のレベル高いですね……作品数も多いですし
二回に分かれます


title:Regend Treasure




 誰かが言った。世界は、海は広いと。遥か彼方遠い遠い海の向こう、そこには何にも換えがたい大切な宝が置いてあるという話だ。どのような宝が置いてあるのか、そう訊かれた時にはこう答えた。とにかく、行けば分かると。誰もが素晴らしい財宝を夢見て『其処』を目指した。北極、かつてそう呼ばれた場所を。
 現在、その始まりの日から十年の月日が経とうとしていた。財宝を見つけた者は未だ居ないという話だ。

 ここにも、その宝を探した者が一人――。



「おい、ボケ船長。港が見えたぞ」
「てめ、良い度胸じゃねーか。俺に対してボケたぁ高性能の口してやがんな」
「うるせぇ、いつも誰のせいで漂流してんだよ」

 貨物船のように大きな船が海上に浮かんでいた。そしてその甲板の上に二人の男が立っている。両者共にあまり上品な口調とは言えず、出来の悪いチンピラの低俗な口喧嘩としか言い様が無い。舵を取ったり慌ただしく働くその他もろもろの部下たちはいつもの事だと嘆息している。一々仲裁に入ろうものならば、邪魔にしかならないことも、重々承知。

「お前への悪口言わねぇ口のがよっぽど高性能だ。後お前話聞いてたか? 港が見えたぞ」
「あぁ? それがどうした……ってマジか!」

 要するに上陸できる所に着いたという訳だ。それならばその港に立ち寄って物資の供給を行わないといけない。さっきから散々ボケと罵られている船長は舵を取る部下にそこに向かうように指示する。
 正直物資、中でも飲み水と食糧は底を突きかけていた。以前に立ち寄った港では充分すぎるほどに買ったはずなのに、だ。それでいて、充分すぎるほどに買って、それが足りなくなった原因は先ほど一人の部下が述べた通りだ。
 彼らの船長にはとある性癖がある。陸の上ならば何も無いが、水の上では方向音痴になる。それもかなりのもので、本来なら真東に一日進むだけの航海が、最低でも一週間はかかるというクオリティだ。
 そのせいで今や誰もがその船長には舵を握らせるつもりは無い。一度握らせたら最後、軽く五日間は漂流する。

「てめえら久々の陸だぞ! いやー、何日ぶりだ? 一ヶ月かな?」
「三十五日、一ヶ月よりちょっと多いな」
「そうか! 良かった良かった」
「良くねぇよバカ、本当バカ。本来なら1週間で着いてんだよ」

 勝手に浮かれて能天気にはしゃぐ船長に苛ついた男は罵声を浴びせた。長年共にしてきた絆や愛着と言えば聞こえは良いが、実質ただの腐れ縁である。もう生まれてこの方十八年も一緒だ。唯一の救いは互いに女性は苦手だから男同士で気は緩められるという事だけだ。
 しかしながら窮地に陥った時は、この二人は誰よりも落ち着き、的確な判断を下す。さらに、その窮地に立った中では二人のコンビネーションは庭球と呼ばれる球技のダブルスのコンビも、顔面蒼白になるぐらいに。

「野郎共ぉっ!! 上陸だぁ!! 今夜は船で宴だぞ!!」

 店長のその掛け声に呼応するように数百人のクルーが大気を揺らすような大声で返事をした。その喚声にも似た鳴動を正面から受け止めながら船長の彼は愉悦感に浸った。自分にはこんなにも多くの仲間がいるのだと。それが旅をしていて一番嬉しい。一人じゃないんだと、胸の中で噛み締める。
 そのはしゃぎっぷりを横から眺めながら、先程から船の長たる青年に反発している船医の青年も微笑を漏らす。これほど慕われる頭領も珍しいだろうなと、常々思う。以前から確かにこうだったが、昨年のあの日、数百人の乗組員全ての絆はより堅くなり、結束はより強固になったと船医の彼は思い返した。
 過去に思いを馳せているといきなり肩を叩かれた。しばらくぼうっとしていたから気付いていなかったがどうやら港に着いたらしい。この港が一団の旅が一段落する島の港。長い間帰っていなかった自分達の故郷。温暖な南の方に位置する自然豊かな小島である。

「着いたのか……」
「まあな。旅立ってもう五年以上……覚えてくれてる奴がいるかは、分からねぇけどな」
「村長んとこのバカ孫なら、覚えてんじゃねーの?」
「確かにな。まだ五歳だってのに一緒に行くって叫んでこっちの言うこと聞かなかったからな」

 ひょっとしたら恨まれてるかもよと、船長の男は笑う。そうに違いないと話を振られた船医の彼は冗談混じりに頷いた。恨まれないように土産話たっぷり聞かしてやろーぜ、そのように提案すると船長は大賛成で肯定する。勿論自慢気に言い放つつもりだ。
 そうやって談笑しながら二人が大勢の部下を引きつれて歩いていると、一人の老人が出てきた。

「誰だよじいさ……って村長じゃね!? 変わってねーな!」
「どこから客が来たかと思うとお前達か……たかだか齢十三にして船旅など始めおって……村の恥は曝してないだろうな」
「もっちろーん。面倒なのは全部、夜襲かけてうやむやにしたからね」
「充分恥じゃ、阿呆共が!」

 子供を叱る親が喝を入れるように村長の老人は二人に対して叫ぶ。その顔には五年経っても全く成長していないことに対する小さな苛立ちが浮かんでいる。なんとかそれをなだめようと船医の方の男が、変わらないのも良いんじゃねぇの、と呼び掛けてみたが不変よりも成長の方が重要だと一蹴される。船長の方はというと、他人面して笑っている。
 こんな状況でよく笑えるなと、仲間の船医は呆れ、向かっている老人が明らかに怒りを強くすると、少々真剣さを取り戻したのか笑いを止めた。

「そういや、親父居るか?」
「居るぞ」
「見つけたと、伝えてくれ」

 見つけたという言葉に、村長の目も猟奇的な色を示した。

Re: 第二回SS大会 小説投稿期間 12/25~1/8まで ( No.79 )
日時: 2012/01/07 13:10
名前: 狒牙◆nadZQ.XKhM

「ほう。あの悪ふざけにも等しい財宝宣言……見た感想は?」
「何だよじいさん、知ってたのかよ」

 当然だとでも言うように老人はニヤリと笑う。必死に捜し出してその正体が何なのか教えて驚かせようとしていたのに、これでは面白くない。

「フム、で、見た感想は?」
「感動した。まさかあの親父があんなメッセージ残すなんてな」
「乗組員数百人、満場一致で宝だと認めたさ」

 そしてその時、物陰から一人の少年が飛び出してきた。さっきからずっと聞き耳立てていて、好奇心に負けて話に加わろうとやってきたのだ。その顔には、村長は当然として帰ってきたばかりの二人にも見覚えがあった。
 つい先のタイミングで、『村長んとこのバカ孫』と言ってやった相手だ。背も伸びてすっかり大人びてきているが、未だに十一、二といったところだ。まだまだ幼さそうな空気だし、何より十八歳の彼らと比べるとそれほど背も高くない。だが年齢以上の格は出ているように思えた。

「うぉい、ようやく帰ってきやがったか不届き者共。さあて、土産話でも聞かしてもらうよ」

 自分達のしているようなチンピラ口調を真似されて、帰省した二人は鬱陶しげに眉を潜めた。航海をいくつも乗り越えただけあって、眼光には鋭いものがある。あるのだが、その村長の孫は怯まなかった。二人が自分に手をかける訳が無いと、分かっているから。

「おうよ、たっぷり聞かせてやろうじゃねーか」
「てめぇが羨ましくて堪らなくなるぐらいにな」

 そう言って二人はさも得意げにニタニタと笑う。

「ふーん。ま、見ものだね」
「言ったな。羨ましすぎて涙が出てくるぜ」
「今すぐ旅立ちたくなるぐらいになぁ」
「そんなあんたらみたいな事にゃあならねぇよ」

 またしても口調を真似されて二人は何とも言い難い顔つきになる。はっきりと答えると一番強い感情は苛立ちだ。こいつ散々人をおちょくりやがってと、目を細めて不快の意を示した。そのしかめっ面に気付いていないのかスルーしているのか、少年はヘラヘラと笑っている。彼が全く変わっていないことから二人は脱力した。ああ、この村は何も変わってはいないのだと安堵する彼らを見て、少年は二人を自分の家に向かって連れて行った。土産話を聞かせてもらうために。村長が少し待てと引き止めようとしたが、孫の押しの方が強く、結局船長達は連れて行かれた。
 連れて行かれた村長の家も、外観はほとんど変わっていなかった。所々剥げていた塗料が塗り直され、壊れたのか知らないが花瓶の形が変わっていた。そんな些細な事まで覚えていたのは、きっと五年も幼い自分たちが白い壁に下らない落書きをしたり、花瓶の形を見て変だ変だと笑って囃し立てたからだろう。特に落書きに意味は無く、大して変な形ではないと言うのに。

「やっべーなぁ、ほっとんどそのまんまじゃねぇか」
「てめえも同じ事考えてたのかよ。……でも、確かにそうだな」
「ハイハイ、兄さんたちはこっちに座って座って」

 一旦奥の方に姿を隠した村長の孫はその姿を現した。両手に折り畳み式の椅子を持って。その椅子を受け取り、畳まれた状態から開いて組み立て、床に置いて座った。サイズから察するに子供用なのだろう、極めて大人に近い青年が座るとギシギシという嫌な音がほんの少しだけした。
 木の椅子が音を立てて軋むことに不安げな表情になったが、もう一度よく屋内を観察することで気を紛らわした。昔と同じく何らかの植物を焚いた匂いがする。すっと鼻腔に入ってきて心地よい清涼感を与えるそのお香の原料の植物を船の上の一団は知らなかった。
 目を泳がせてみると次は本棚に目が行った。隣の島、更に隣の島、そして又は遥か遠くの島から取り寄せた本が一面にズラリと並んでいる。昔から思っていたのだがどのような内容なのだろうか。旅の途中で立ち寄った場で漢字を覚えていた二人は楽々と読むことができた。“植物の育て方”を初めとする農業関係の本が最上段を埋め、二段目を“自然の猛威”という台や洪水について記されたシリーズものが置いてあった。三段目には“羅生門”などの小説があった。

「旅の話も聞きたいんだけど、実は宝についてが一番知りたいんだ。最初にその事を教えてよ」

 じろじろと眺めている二人を見て、このままではいつ話が始まるか分からないぞと察した少年は自分から切り出した。よそ見ばかりしていたことを申し訳なく思った彼らは謝る代わりに話を始めた。

「そうだな、俺たちもお前に何よりもそれを話したい」
「で、どんな財宝があったのさ」

 すると船長は一瞬だけ沈黙した。そしてすぐに彼は声を荒げた。

「財宝なんて存在しない!」

 すると隣の船医の彼は、ゲラゲラと大きな声で笑いだした。

「ちょっ、おまっ……あのオッサンそっくりじゃねぇか! やっべ面白ぇ」

 事情を知らない少年はなぜそんなに可笑しそうにしているのかさっぱり分からなかった。だが、自分一人だけが話を知らずにのけ者にされている気がしたので、ほんの少し嫌な気分になった少年は早く続きを言えと切実にせがんだ。二人で勝手に盛り上がるな、と。

「悪ぃ悪ぃ。実はな、宝のある島の直前の島で俺たちはやたらと酒臭いオッサンに会った」
「財宝への憧憬が強かったんだろうな。絶望してたよ」
「そこのオッサンが言ったのさ、財宝なんてなかった、ってな」
「そしてその1週間後かな、俺らはその島に着いた」
「そうして見つけたんだ。“この世で一番の宝”を」

 そして少年は彼らに頼んだ。何があったのか教えてほしいと。二人は自分で見た方が感動が強いだろうと思い、決して言わなかった。
 彼らの率いる一行が見たのは一枚の写真だった。写真にはそれを眺める若き船長の父親、宝を残した張本人と、笑顔の仲間がたくさん映っていた。宝とは、その写真。いや、そこに映る者全てだ。



――――さて、もうこれで宝の正体が分かったのではないだろうか?



                    fin

ハイライト解除

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 全レス